親離れ 一人暮らしを始める前に理解しておきたいこと


Oyabanare
柔らかく温かい日差しにも、親の愛(おもい)が溢れています。

親から離れたい。だから一人暮らしをしたい、と思っていませんか? 一人暮らしをすれば物理的には親から離れることができますが、それだけでは本当の親離れができず、苦しみが繰り返されてしまいます。心から笑える未来にするには、親について正しく理解することがポイントです。

親から離れて一人暮らしをしたい。

親が嫌い、親と関わりたくない、親の世話にはなりたくない、、、等々、それぞれの理由があると思います。

私も、中学・高校時代は、既成概念や固定観念で狭められた小さな世界にいるのが嫌で、広くて新しい未知の世界を体験したくて、とにかく早く家を出たくて仕方なかったので、飛び出したい気持ちはよく分かります。

実際に親元から離れて暮らしてみると、最初こそ解放感と自由を感じて初めての体験の数々を楽しめるものの、お金のことや家事、近所付き合いや地域活動など、気にかけることや、やるべきことが何かと多いことに気づくでしょう。

自分のことは自分でやる。

基本的な躾(しつけ)かもしれませんが、この「自分のこと」の中に、自分以外の人や地域社会のことが含まれるようになり、協力し合い楽しめるようになるのが、自立した大人といえます。

そして、自立できている人とは、親離れができている人でもあります。

親離れができるようになるポイントは 「親を理解すること」 です。

理解するということは、相手を否定せず、受け入れるということです。

それは愛するということでもあります。

親離れができている人は、親の愛を理解し、愛を与え、教えることができる人です。

親を理解することを諦めたら、親を愛せず、親離れできないままの状態が続きます。

親離れできず親への不平不満を言い続ける人生より、さっさと親離れをして笑って前を向いている人生の方が楽しいにきまっています(^^)

親を理解するのは少しでも早い方が良い! 戦うにはまず敵を知れ、ともいいますね。(笑)

親を理解するには、親を知るところから始めます。

あなたの親は、生まれた時から親だったわけではありません。

親にはその親がいます。あなたの祖父母です。祖父母にも親がいます。

そうやって、親の親、さらにその親・・・と遡り、もうこれ以上遡れないというところに辿り着く。

親の大本です。

私たち人間はみな、その大本という親から生まれてきました。

誰もが大本である親から生まれ、愛を分け合ってここに存在しています。

いわばひとつの家族です。

大本である親は、私たち子供が健康でいつも楽しく笑っている姿を見たくて、そのための環境を用意しました。

子供たちに幸せであってほしい

それが親としてのたったひとつの願いであり、です。

きょうだいみんなで仲良く助け合い、笑い合い、楽しんでいる姿を見て、親は心から喜ぶことができます。

親が喜ぶ姿を見て、子供たちも喜ぶ。

こうして、親の喜びと子供たちの喜びがひとつの環になっているのが、本来の家庭です。

私たちが大本の親の愛や願いを知らず、本来の家庭をつくれずにいるのと同じように、親たちもそれを知らずに生きてきました。
その過程では満たされない思いや理解できないことも沢山あったことでしょう。
しかし、前に進むため、生きていくために、諦めたり我慢したりしてきたのだと思います。

大本の親という大きな愛を思い出せば、今の親のことも理解できるようになります。

今の親に完璧な親を求めなくなり、不平不満が感謝へと変化してゆきます。

親への感謝とは人に言われてやれるようなものではなく、
親の愛に気づき、深く大きな愛を感じて親を理解できた時に
自然と溢れてくる 
ものです。

私たちが大本の親を思い出し、そこへ意識を向けさえすれば、
あらゆる時、あらゆる場所にその温かな愛を見つけ、感じることができます。

親の温かな愛がいつもあると分かり、大本の親を理解できるようになることで、自らが愛を与える人、つまり親になって、親離れができるのです。

一人暮らしや独立、経済的な自立を考える前に、まずはこちらで、親という大きな愛を理解するところから始めてみませんか?

SP世界をひとつに http://hitotsu3.jp/

 


聖弥 について

歌う喜びを、ひとつの音楽を、より多くの方と体験したいという願いとともに、聖楽教室(せいがくミュージック)を主宰しております♪

親離れ 一人暮らしを始める前に理解しておきたいこと」への12件のフィードバック

  1. 僕も家を出て親と別居していますが
    一人暮らしをしても、心のどこかで困った時は親に頼ろう(^^)
    そんな気持ちがあると、
    なかなか親離れが出来ないものだなと感じます(汗)
    親の愛を理解して、立派な大人になりたいです☆彡

    1. * TORUさん *
      親としては、子供に頼ってもらえるのも嬉しいのだと思います(^^)
      何かあったら頼ってほしい。いつもあなたの傍にいるよ。
      そういう親の存在を心にいつも感じて安心して楽しんでいれば、自然と親離れができるのが愛という世界かなと思います(^^)☆
      私が存在していること。それは親(愛)の存在を証明していることでもありますしね♪

  2. 私達は共通の大本の親(愛)が存在する、そんな風に感じると、あたたかい気持ちになりますね(^^)
    大きなひとつの家庭ですね♪
    共通の大本の親(愛)を見つめ生きていると、実際の親との関係性というのも、また本来のものに近づいているのかもしれないなと感じることもありますね。
    ゆっくりと、じっくりと、そこに還ることを味わうように☆

    1. * 弘美さん *
      「大きなひとつの家庭」
      大本の愛や宇宙の始まりの視点に立つと、そのイメージや感覚が得られますね(^^)
      言葉では、親から離れると書いて親離れですが、物理的に離れる(分かれる)のは生まれた時だけで、実際は一時たりとも離れてはいない、そんな変わらない愛との繋がりを実感することが親離れなんじゃないかと思います。
      大きなひとつの家庭に還る、それを現実にしたいですね☆

  3. とても感動しました。聖弥さんは、凄いな~って思いました。迷いがないと言うか。
    本物感を感じます.。o○
    色んな事を経験しながら、たどり着く道なのかなと思いますが、このblogを見つけた人は、親の愛に早く気づける様になると思います。愛がいっぱいの内容に感謝です。

    1. * みさこさん *
      コメントいただきありがとうございます(^^)
      感動されたと伺い、私の方こそ驚きと感動をいただきました☆
      愛で繋がることができる、分かり合えるのって、やっぱり嬉しいものですね。

      > このblogを見つけた人は、親の愛に早く気づける様になると思います。

      そうなると親も喜びますし、私たちも嬉しいですね(^^)
      本当は苦しまなくていい。思いきり楽しんでいい。笑いを選べばいい。
      大本の親の愛を理解して、安心して笑い合える未来(世界)が実現することを、そして、過去の苦しみが繰り返されないことを心から祈り、これからも楽しんで表現していこうと思います☆

  4. 親から離れて分かる親の愛。
    親もまた遠きにありて思うもの更に分かる親の愛。
    更に更に大本の親を分かるにはここのリンクをどんどん辿れば良いですね。

    1. * みのるさん *
      > 親から離れて分かる親の愛。
      > 親もまた遠きにありて思うもの更に分かる親の愛

      簡潔に素晴らしいまとめをありがとうございます☆
      ここのリンクを辿るごとに、その温かさ、優しさ、奥深さを感じ、分かるようになりますね(^^)

  5. >親の温かな愛がいつもあると分かり
    >大本の親を理解できるようになることで、自らが愛を与える人、
    >つまり親になって、親離れができるのです。

    温かくて深~い大本の親の愛を感じ
    本来の温かな家庭に繋がる大きな愛の世界が
    心地よくイメージできました(^-^)
    温かな春と共に輝くひとつの愛の中で♬

    1. * 美和子さん *
      > 本来の温かな家庭に繋がる大きな愛の世界

      これは「笑いがありチャット」で体験できるようになっていますね☆
      チャットでの美和子さんの感想も思い出しながら、心地よさが自分にも感じられてきました♪
      春が来ましたねぇ(^o^)

  6. 大本の愛を理解すること
    それが本当の意味での親になる
    ということのように思いました。
    大きく深い愛について本筋をついた内容ですね。
    ためになりました(^_^)/

    1. * あやこさん *
      「大きく深い愛」 は大きく深いからこそ、楽しめる内容ですよね(^^) 宇宙の始まりや出産というのも感じながら書いていたのですが、その深さと素晴らしさはほんとうにAmazing!です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です