世界の真実はひとつであると気づく6つの教え


世界の真実について。私たちはひとつ。世界はひとつ。心という魂の部分では霊的な世界と地上は繋がっているのです。
心地よい愛の波動に包まれる世界

始めに世界はひとつだというのがこの世界の真実です。
スピリチュアルで言われる霊的な世界や地上の物質的な世界も
本来はひとつになっています。
では、どうしたらその真実を分かることができるのでしょうか?
悟りを開いた人や臨死体験をした人であれば分かるのでしょうか?
そんな難しいことは無理だと考えてしまいそうですが
実は誰でも簡単に分かることができるのです。
それは、体験してしまえばいいことなのです。
自分と世界はひとつであること、
自分と他者もひとつであることに気づけば
世界はひとつであることが分かります。

 

①信じるものが違うと世界も違う

私たちはそれぞれに信じる世界を生きています。
例えば、ゴミのように見えるものを
宝のように大事に持っている人が居たとします。
その人からすればそれは宝物ですが
また違う人からすれば、それはただのゴミなのです。
全く同じものを見ているのに
信じるものが違うだけで
宝物にもゴミにもなってしまいます。
このように信じるものが違うと世界は別々だなと感じるのです。
本来、信じるものが同じであれば世界は分離ではなく
ひとつだと感じることができます。
信じるものが違うことで
あれは正しいとかこれは間違っているという対立が起こり、
喧嘩になったり戦争になったりしているのです。
領土問題なども国が違えば信じるものが違って
これは自分達のものだとかそうじゃないということで対立しています。
宗教も神という存在を別々に信じているので
信じる神が違えば争いになります。
すべてはひとつなので本来は同じ神であるはずなのです。

世界を分離してしまっているのは
ただの観念にすぎません。
私たちはもっと心の中へと入って行くべきです。
心の中ではひとつであるということが感じられます。
それは愛です。
喜びや笑いでもあります。
世界が別々だなと感じているのであれば
それは、観念が創り出した幻想です。
心の中では愛を感じられるようになっています。
それは世界がひとつであるからです。
神や愛は自分の中に在るからです。

 

②信じればひとつの世界が始まる

信じるものが違えば、世界は別々になってしまいますが
私たちはひとつであるということを信じることで
世界はひとつになります。
なぜなら、ひとつであることを信じれば
分離という幻想は消えてしまうからです。
私たちはひとつだと気づけば
そのような人が自分の周りにも現われるでしょう。
私たちが世界はひとつだということに気がつかなくては
いつまでも分離という幻想を引き寄せ続けることになるのです。
平和な世界や幸せな暮らしを実現したいのであれば
世界はひとつだと信じてみることです。
自分が変われば世界も変わります。

 

③世界は自分である

世界は自分が信じているものや考えているものを創造します。
例えば怒っている人が自分の目の前に居て
どうして怒っているのだろう?
なぜ自分がこの人に怒られているのだろうというという状況になった時、
相手が怒っているのは、本当は自分が怒っていたりするからなのです。
自分の中にある怒りの感情がそういう出来事を引き寄せているのです。

 

④世界は対象で自分が主体

世界は大きな存在に見えますが
世界にとっては私たちが主体です。
どうして私の世界はこんな世界なのだろうと
嘆き悲しんでいる方もいるかもしれませんが
嘆いているのは世界のほうかもしれません。
愛されたいのは世界のほうかもしれません。
自分が主体的になってこの世界を愛するのです。
受け身でいては世界は変わりません。
世界を愛で満たせるのは
私たちだけなのです。
世界が愛を感じていれば、私たちも愛の世界を感じられます。
世界は私たちと繋がっているのです。

 

⑤霊的な世界と地上は繋がっている

心という魂の部分では霊的な世界と繋がっています。
自分が今、苦しいと感じていても
魂に苦しみはありません。
自分の感情と魂が感じていることは必ずしも同じではないのです。
魂は苦しみを知っていてもそれを体験できません。
だから、肉体を持って体験することでそれを分かるのです。
それが魂にとっての学びになります。
自分の魂が望んでいることを体験することが
自分にとっての喜びに繋がります。
魂は愛や喜びを体験したがっています。
魂の感じることとと、自分の感じることがひとつになれば
世界はひとつになります。
それは、愛や喜びの中で生きる世界です。

 

⑥自分の感じていることが現実になる

魂は現在、過去、未来、すべてを知っています。
未来を感じられれば、そのように現実世界も変化してきます。
自分が感じていることは波動としてエネルギーが放出されます。
それはネガティブなものもポジティブなものも含めてです。
そうやって目に見えない波動の世界が
物質的な現実世界である地上にも顕れて来ます。
ポジティブ思考などでいくら頑張っても
エネルギー的に変化していなければ
結局は何も変わりません。
自分の感じていることというのは
誤魔化したり嘘をつくことは決してできないのです。

世界を変えるには私たちが同じように愛を感じられるかどうかです。
世界はひとつだと愛はひとつだと感じられれば、
地上は天国と同じように愛の世界になるでしょう。
そんな時を体験できる日が近づいています。

「SP世界をひとつに」http://hitotsu3.jp/


世界の真実はひとつであると気づく6つの教え」への10件のフィードバック

  1. >世界を分離してしまっているのは
    >ただの観念にすぎません。
    >私たちはもっと心の中へと入って行くべきです。

    信じるものが違うと世界が違うということが
    とても分かりやすく伝わってきました。
    そして、もっとひとつである心を大切に感じたいと思いました(^^)

  2. >私たちはひとつであるということを信じることで
    世界はひとつになります。

    いいですね(^^) シンプルなのが一番ですね。

    1. 天大さん

      そうですね。シンプルなのがいいですね。
      複雑にしてしまった世界をひとつにして
      愛が分かり易くなるといいです。

  3. >世界は自分が信じているものや考えているものを創造します。

    怒りと同じくらい、それ以上に「ひとつ」を信じれば人がそうしようと集まってくるでしょうね。120人中先ず10人に届けば良いですね。

  4. >自分が感じていることが現実になる

    じ~んときますね(^^)
    世界の中にわたしという自分が居て
    いつも愛を感じられる様な世界であると
    それを楽しんでゆける人生がひとつの世界(^^)

    心にどれだけ正直でいられるか
    感じやすくなってきた分
    それが試されている時代でもあるのかな(^^)
    正直者が未来を築く(笑)

    1. あやこさん

      生きることへの喜びや目的など
      すべて心というものと向き合わなければ
      前に進めなくなってきているのかもしれませんね。

  5. 改めて愛や喜びの中で生きる素晴らしさを感じ
    ひとつの世界を創る喜びが心地よく広がっています(*^^*)

    1. 美和子さん

      自分の魂からやりたいことをやれるように
      愛の世界を感じながら前に進んで行きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です