雰囲気の良い人になる3つのコツ


Way of Life 美しさに身悶えし
日々の習慣、行動を愛に変えればあなたの雰囲気も愛そのものになります

世の中不思議なもので、その人の持つ雰囲気で周囲に好かれる人もいれば、雰囲気だけで嫌われてしまう人もいます。
生きていく上で、人は必ず人と繋がりますよね。
その上で雰囲気も大切な要素だと思います。
今までなんとなく雰囲気で損してきた方、雰囲気をアップさせたい方におすすめの記事です。

【雰囲気】の意味

雰囲気(ふんいき)、英: ambience、ムード、mood)は、ある特定の場所や事物、人物を取り巻いて、感じられる光や音、匂い、気配などを総体として捉えて語ったもの。

(wikipediaより引用)

 

「あの人はオーラがある」とか「雰囲気のある人」なんて言ったりもしますよね。

実際にはそれらは目に見えないけど、そこから何かを感じる能力を人は持っているように思います。

雰囲気美人、雰囲気イケメンなんて言葉も今はあるようですね。
TVでも「美人でさえあれば良い」みたいな時代は終わったように思います。

というよりすでに飽和状態にあるのだと思います。
美人でもムスっとしている人より、ニコニコして雰囲気がふわっとしている人の方がやはり見ていて癒されたり明るい気持ちになりますよね。

顔だけ綺麗にしても、日々の習慣や雰囲気で台無しにするなんてことが世間のニュースでもよくあります。
これからは内面も必要とされる時代となります。

内面とは必ず外見に表れる

内面とは自分が思っている以上に外に表れてしまうものです。

内面こそが表情や雰囲気を左右します。

内面の良し悪しは日々の言葉、行動として表現されてしまうからです。
思考は言葉と行動に繋がっているわけですね。

それでは具体的に雰囲気を良くするための方法に移りたいと思います。

 

コツ①雰囲気は日々の習慣で変わる

雰囲気とは、その人の日々の習慣があらわれます。

習慣こそがその人の雰囲気を創るといっても過言ではありません。

しかし思考を変えようと思ってもどう変えてよいのかがわからないと思います。

思い切って自分自身を変えたい場合、行動から変えていけば、思考と言葉も変わっていくことができます。

その行動は大きければ大きいほど良いです。

この記事の最後にその行動のきっかけになれるリンクを紹介します。

 

コツ②愛を知り、笑いになる

周りの人がなんとなく冷たいなと思ったことはありませんか。

もしそうだとしたら、自分にも原因があるのかもしれません。

周りの人はあなた自身の鏡になります。

自分が笑えば、多少の時間差はあるかもしれませんが、周囲の人も次第に笑いで返してくれるようになります。
日々、あなたから溢れるものが愛ならば人はその雰囲気に引き寄せられます。

付け焼刃的方法ではなかなか持って生まれた雰囲気までは変わりませんが、その点愛について知ることに勝るものはありません。

愛とは本当の自分だからです。

本当の自分になるだけで、何の努力をしなくても素敵な雰囲気を醸し出すようになるのですね。

愛を知ることではじめてその人の持つ、本当の素敵な個性が輝くようになります。
本当の自分の輝きは他の人にも「自分が何者であったか」を思い出させてくれます。
多くの人を癒す存在となります。
愛の光を生命は無意識に求めているのです。

「愛ってなんだろう??愛を知ってみたいな~」と思ったら、このBLOGの記事を色々読んでみるのもおすすめですよ(*’▽’)

 

コツ③大きな夢を持つ

夢を持っている人とあきらめている人とでは目の輝きが違います。

坂本龍馬とか過去の偉人達は事実、外見関係なく多くの人を惹きつけました。

夢を持つとはすなわち目的を持つことです。

夢を持つとは人生をあきらめないことです。

夢を持つとは未来に希望を持つことです。

しかし、今の世の中を見て、「夢も希望も持てない」と思うのも無理はないと思います。

そこで、おすすめしたい記事があります。

「この世界で私は何をやったらいいのか」「大きな夢を持ってみたい」と思う方にこの記事をおすすめいたします。

こちらのHPもどうぞ☆彡

SP世界をひとつに

 


ミラクル について

世界をひとつにするため 真実の「愛」を表現するため 【SP世界をひとつに】プロデュースの元、 【夢 ひとつ】という漫画を描いています。

雰囲気の良い人になる3つのコツ」への12件のフィードバック

  1. ミラクルさん
    若いのに雰囲気大分出来上がって来てますね。(皮肉ではない!ですよ)
    自分の若い時とは山と麓か雲泥の差ぐらいですね(笑)
    やはり若い時に「愛」について考えて行動している人は「上達」が早い!(笑)
    みなさんもここのリンクは辿った方が良いですよ。

    1. みのるさん>
      ありがとうございます。
      そこもSPのお陰なんだろうなぁと思いますので、みのるさんには到底及ばないですね(笑)

  2. >愛を知ることではじめてその人の持つ、本当の素敵な個性が輝くようになります。

    愛とは本当の自分。
    本当の自分になれば、その人が持つ素晴らしさが顕れそうですよね。
    写真を拝見しながら、花や自然に漂うすてきな雰囲気?空気感?みたいなものも改めて感じました(^^)

    1. 弘美さん>
      そうですね♪
      自然の放つ本来の雰囲気も素敵ですよね。
      万物も、自分が愛になれば全て愛だったのだとわかるようになりそうですね。

  3. 雰囲気の善し悪しって、仕事でもプライベートでも大きな影響を及ぼしますよね。好プレー(笑顔)で救われることも、BADプレー(強張り)でダメにすることも・・・自分自身、そして周りを見てメチャ納得です(笑)。どんなに頑張っても好プレーできない時はある。そんなとき、「コツ③大きな夢を持つ」に救われる。何もかも、そういう根源的なところで生かされるし、愛に気付けるんですよね。クリックは早い者勝ちですね☆彡

    1. 聖弥さん>
      そうですね♪
      雰囲気って色々なところに表れますよね。
      一番根本的な愛に繋がれば早いし雰囲気も一気に変わりますよね(*^^)v

  4. 雰囲気とはいい言葉ですね。内面というのは本質なんだなと思いました。生き方がでるんでしょうね。愛と夢と行動で決まると(笑)それなら平等にチャンスがありそうですね。

    1. 天大さん>
      はい。雰囲気を創るうえでも生き方って大事だなって思います。
      平等にチャンスがあるっていうのは良いことですよね☆彡

  5. 夢を持つとは、目的を持つこと。人生を諦めないこと。希望を持つこと。ほんとそうだな~。と思います。最近…ナルトというアニメにはまっていて(笑)。SPと重なるな~と。神様は、色んな形でメッセージを届けてくれますね(*^^*)

    雰囲気ってとても大切ですよね。blogを読み続けているだけでも、本当に優しい気持ちになったりして、自然と微笑みになって表れて来るように感じます。
    愛を知ってみたいな~と思ったら、このblogの記事を色々読んでみて欲しいですね。

  6. みさこさん>
    確かに神様のメッセージは色んなところに表れますよね。
    みんなひとつの証拠でもあるのかも♪

    そう言っていただけてありがたいですね。
    これからも愛として役立つblogを描き続けたいですね(*´ω`)

  7. 雰囲気って今まで漠然としか分かりませんでしたが
    面白く深いものだなと分かり
    これから雰囲気という言葉を遣うときに
    意味深く遣えるようになりました
    「雰囲気がある人」として夢を続け叶えてゆこうと思います(*^_^*)

    1. あやこさん>
      ありがとうございます。
      大きな夢を叶え続けていくと、世界やその人の持つ愛の雰囲気がより具体的になりそうですね☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です