なりたい職業 愛として生き方を選択する


なりたい職業
どう生きていくかだけじゃなくて、どう生きたいかを考えよう

どの職業に憧れるかは、自分自身が出ますね。

毎年、なりたい職業のランキングが発表されています。最近だと、ユーチューバー等も含まれていますね。スポーツ選手みたいに華のある仕事もあれば、縁の下の力持ちのような仕事もあります。

今、新型コロナウイルスが流行していますが、医療従事者になりたいと思う人が増えるかもしれません。あるいは、スーパーの店員さんや自治体の首長でも、頑張っている人はみんな輝いて見えますよね。

親は堅実な職業を勧めますが、やっぱり誰かのためにつくせる仕事がいいですね。それが、人によってお笑い芸人だったり、音楽家だったり、サラリーマンだったりします。

なりたい職業というのは、なりたい自分の姿です。「輝きたい」という素直な思いもあれば、生きていく事への不安もありますね。

最終的につく仕事は、最初に思っていた仕事とは違うかもしれません。同じ職業でも、最初と最後では別物になっているかもしれません。でも、子供の頃に夢見ていた何かが、わりと本当の自分だったりします。

いろんな事を思っていても、みんな自分の行きたい方向に導かれます。そこは不安に思う必要がありません。

人は、生まれてくるときに目的を持って降りてきます。意味も無く生まれてくる命なんてありません。なりたい職業が決まってる人もいれば、方向性だけは決まっているという人もいるでしょう。

自分が何をやりたいのか分からないという時には、二つの状態が考えられます。

ひとつめは、素直になれない時。前に進もうとできない時。
ふたつめは、一生懸命な人が、愛を求める途中で先が見えない時があります。

大きな愛によって生かされている事が分からないと、自分の天命も天職も分かりません。

適職につけたとしても、花開くためには大きな愛が必要です。

なりたい職業につければいいというものではなくて、愛をもって仕事をする事が大事ですね。それが出来れば、最初は好きじゃなかった仕事でも、天職に変わる事があります。

お金や生活の事も大事ですが、愛や夢はそれ以上に大切ですね。国語や数学だけじゃなくて、愛も磨いておかないと良い仕事はできません。

愛を形にするのが、自己実現であり、将来の姿です。まず、愛から深めてみましょう。

大きな愛について知りたい方は、こちらをどうぞ。

ひとつの世界を創っちゃおう!


10 thoughts on “なりたい職業 愛として生き方を選択する

  1. >大きな愛によって生かされている事が分からないと、自分の天命も天職も分かりません。

    それが分かるのがここのブログでありHPですね。
    生まれる前に決めて来たこと それは天命であり天職でしょうね。

  2. 生かされているって
    とても大きな自信にもなったりしますよね
    自信が持てると楽しくなってきて
    本当の喜びで生きれるようになる
    生かされている
    そこから天職を見つめてゆきたいと思いました(^^)

    1. あやこさん

      生かされているという言葉から、花も根っこがあって茎があってというイメージが湧きました。単体で落とされたわけじゃないんですよね(^^)

  3. >愛を形にするのが、自己実現であり、将来の姿です。

    なるほど、愛を形にするということは、全てに通じる大事なことですね(^^)
    愛に焦点を当てて進めば良さそうです。

  4. >なりたい職業につければいいというものではなくて、愛をもって仕事をする事が大事ですね。それが出来れば、最初は好きじゃなかった仕事でも、天職に変わる事があります。

    これほんとその通りだなと思います。
    為に だったり 愛という目的があるからこそ 本当の自分らしさが花開く部分はありますよね。

    自分らしく輝くことはどんな職業でもはじめることができると前向きな気持ちになれました(*^^)

    1. ミラクルさん

      回り道も意味があったりしますよね。そして、いつでも前を向けばいいだけなんですよね(^^)

  5. 愛が分かっていると自然に天職へと辿り着きそうですね。
    そう考えると先の事を考えるよりも
    今、愛を考えることが大切だなと思えてきました。

    1. TORUさん

      今の一歩一歩が未来なんですね(^^) 未来とは明るい今。そんな言葉を聞いたような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です