言霊の意味 幸せになるコツは心からの言葉にあった


言霊 意味
言葉は心

言霊というと、神秘的な響きがしますね。言葉には魂が宿っています。そういうと、うそくさく聞こえますが、逆に、魂が宿っていないものを探す方が難しいでしょう。

言葉には心が宿る

心からの接客を受けると、うれしい気持ちになります。心無い言葉には、棘がありますね。そのどちらでもない時、心が死んでいるのかもしれません。

命とは響き

良い音楽や歌声は、感動を呼びます。心が伝わってくるからです。命とは鼓動であり、振動であり、波動です。言霊も同じです。

言霊の使い方

頭からではなく、心から言葉を発することで、相手や世界に気持ちが伝わります。

言霊とは
きれいで、丁寧な言葉使いも大切です。
表現者として、言葉を磨きましょう。

世界が、それに応えてくれます。これが、言霊の力です。

良いメッセージを

言葉には真心や愛を込め、良いメッセージを発することが大事です。明るく、優しく、美しい。そういう言霊を発しているうちに、自然とそんな人間になっています。


言葉は意志をあらわすこと

心に思う → 言葉にする → 実行する

言葉にすることは、意志をあらわすことです。愛や心を形にする、創造の最初のステップです。繰り返しやることで、どんどん形になっていきます。だから、大きな愛を考え、言葉にする習慣をつけると、素晴らしい人生を生きることができます。

大きな愛を分かるプロジェクトです。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


8 thoughts on “言霊の意味 幸せになるコツは心からの言葉にあった

  1. 確かに言葉にも命が乗る瞬間というものがありますよね( ^^)
    しかも様々な形に変化できるまさに「表現」なのかなと記事を見て思いました。

    言葉の大切さを改めて学んだ気持ちです。
    私もより、言葉を磨きたくなりました(*^^)v

    1. ミラクルさん

      何を言うかで、その人の大半が決まるとすれば、
      言葉は大切なものなんですね。
      自分を表現して生きたいですね。

  2. 言葉を大切に扱うこと、心を込めて発することは
    人と人とのコミュニケーションにおいても
    基本的な内容ですよね。

    そんな言葉を受け取る側としても
    愛として素直な心を持っていたいと思いました(^^)

  3. いつも思ってはいる事、言葉は創造している。
    でも、改めてこうして記事を見る事ができると
    また大切さも深く残ります。
    そしてまだまだ創造者として半人前なのかなと思います。

    気付いた事をもう1つ。
    心に思ったことを素直に言葉として表現する事が大切で
    相手にどう受け止められるかという心配は
    必要ないのかなとと思いました。
    やっぱり自らの心との一体化で
    自信をもって発する事が楽しくなりそうです。
    ついつい、言葉を遣う時、
    相手を気にする習慣のようなものがありますが
    やっぱり相手より自分の気持ち、心を表現する。
    それが理にかなっているのだなと
    思いました。

    1. あやこさん

      心と言葉が一致できればいいですね。
      でも、現状、心とは逆の言葉を
      言わなければならないこともありますね。
      状況に合わせて自分の気持ちを抑えられるのが大人だと思います。
      コミュニケーションに不自由するのが、生きている人間なのでしょう。
      だから、繋がっている実感が得られたときが楽しいのかなと思いました。

  4. 心からの笑顔。心からの感謝。たくさんして生きたいです。
    言葉も私と共に生きてる。愛してあげたいです。
    言霊さん。ありがとう(^∇^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です