コミュニケーションが苦手な理由~苦手意識を解消する3つのステップ


富士山からの日の出
コミュニケーションが上手くとれた時の気持ちは、日の出を目にした時のようです。

コミュニケーションが苦手という人が多いですね。私自身もコミュニケーションでは数々の失敗を繰り 返してきたので良く分かります。

実は、コミュニケーションが失敗してしまう原因はただひとつ、コミュニケーションの原点に心を合わせていないことにあります。

コミュニケーショ ン能力は、その原点に心を合わせれば飛躍的に向上します。

次に紹介する3つの簡単なステップで、無理をせず、自分らしい自然なコミュニケーションを楽しみ ましょう。

【ステップ1】コミュニケーションの本来の姿をイメージする

コミュニケーションとは「伝え合う」ことです。

「自分から相手へ」という一方的なものではなく、「相手から自分へ伝えられたものを受け取る」という往復をひとつとして捉えます。

私たち人間は、生まれながらにしてコミュニケーションへの欲求をもっています。

その理由は、「繋がっている(離れていない)ことを体験したい」からです。

コミュニケーションが成り立つと、私たちは「繋がり」を実感できます。

「繋がり」は私たちに安心をもたらします。

安心できている状態だと人の感覚や思考は正常に働き、自然に、ありのままに物事を受け取り、自らを表現することが可能になります。

ありのままの自分を表現し合えることは、楽しく喜びいっぱいの体験です。

これがコミュニケーションの本来の姿です。

コミュニケーションが円滑に進まなくなったと感じた時は、少し立ち止まり、コミュニケーションの本来の姿である、「安心」や「繋がり」といったイメージをしてみましょう。

【ステップ2】コミュニケーションの原点を思い出す

コミュニケーションの原点。

それは愛です。

愛とは、この宇宙のことです。

目に見えるもの、見えないもの、全てを包括するこの宇宙は、愛そのものです。

ありとあらゆる存在を許せるのは宇宙くらいでしょう(笑)。

このように宇宙を愛として見ると、私たちはみな、宇宙というひとつの愛の中に存在していると言えます。

目に見えるもの、感じるもの全てが愛で繋がっています。

この宇宙がある限り、私たちが存在し続ける限り、

私たちはいつでも繋がっている(離れてなどいない)

のです。

それが愛であり、コミュニケーションの原点です。

愛は、私たち人間はもちろん、この宇宙の存在全てに共通する内容です。

心で愛を選択し、愛が表現されれば、心を通い合わせることができます。

【ステップ3】笑顔になる

コミュニケーションの本来の姿をイメージし、コミュニケーションの原点を思い出せたら、最後は「笑顔になる」、これで完成です。

適切なタイミングで、適切な言葉や表現を用いて伝える。

コミュニケーションの理想形ですが、これを完璧にできるのは全知全能の神くらいです。(笑)

しかし、コミュニケーションが苦手な人でも、笑顔になることはできます。

笑顔、というのは、コミュニケーションの結果(喜び)を体現するものです。

「笑い(笑顔)」には、それと同じくらいの効果があります。

本来のコミュニケーションでは、「繋がっている喜び」の結果として笑顔が生まれますが、それができない時は先に笑顔になってしまうのです。

素直に表現できない焦りやもどかしさ。

これでいいのか、という戸惑いや不安。

相手から受け取った内容への怒りや悲しみ。

思わず表情が曇ってしまうそんな時こそ、先に笑顔をつくりましょう。

笑顔になれたら、少し時間をおいて、ゆっくりと心を愛に合わせ、コミュニケーションの原点に心を合わせてみてください。

そうすれば、できない自分を責めて嫌いになったり、「もう人付き合いはいや!」と心を閉ざしたりすることはなるはずです。

まとめ

コミュニケーションの苦手意識を克服し、コミュニケーション能力をアップさせるステップはたった3つです。

  1. コミュニケーションの本来の姿をイメージする
  2. コミュニケーションの原点を思い出す
  3. 笑顔になる

コミュニケーションの原点に心を合わせる方法は、こちらでご紹介しています。

SP世界をひとつに https://hitotsu3.jp/

 


聖弥 について

歌う喜びを、ひとつの音楽を、より多くの方と体験したいという願いとともに、聖楽教室(せいがくミュージック)を主宰しております♪

8 thoughts on “コミュニケーションが苦手な理由~苦手意識を解消する3つのステップ

  1. >適切なタイミングで、適切な言葉や表現を用いて伝える。

    これは、永遠のテーマですね(笑) 3つのステップ参考にし原点(愛)に還ります。

    1. みのるさん

      心を愛という原点に合わせることで、不安からコミュニケーションを始めることはなくなっていくので、自然と、本来のコミュニケーションになりますね(*^_^*) そんなコミュニケーションを沢山の人と楽しめたらいいな、と思います♪

  2. なるほど、言葉を尽くして、饒舌に語ったとしても、
    それで伝わるということばかりでもないですね。
    共通の愛を意識して、心を合わせそこから表現できるように
    していきたいです☆彡

    1. 弘美さん

      共通の愛で繋がっている。それを分かり表現するのが本来のコミュニケーションなのですよね。私もそれを意識しながら表現していこうと思います(^o^)

  3. コミュニケーションの原点が愛で
    そこを踏まえ、具体的に実践できる方法があるから
    楽しい生き方も自然に体験できるのは
    ほんと とてもラッキーですね☆(^^)

    1. 美和子さん

      「愛」といわれても、人によって捉え方が異なるので表現も様々ですが、この方法で誰もに共通して分かち合える軸を創れるので、カオス(混沌)ではなくコスモス(秩序)が自然と表現されるようになりますね。それが同時に楽しい生き方になるなんて、まさにハッピーライフです♪

  4. コミュニケーションというと、その相手のことを思って
    悩んだり喜んだりと考えがちですが
    大切なのは愛に心を合わせることとは☆
    なるほど。やっぱりここですか(^^)

    1. あやこさん

      一人ひとり、かけがえのない「たったひとつ」の個性をもって生まれてきて、その個性だからこそ感じて(受け取り)、表現できる(発信する)コミュニケーションですが、千差万別な個性に合わせようとしても不信や不安ばかり募り、「繋がれるポイント(軸)」は創られないまま。。。個人でやれることには限界があり、それ以上は「愛の領域」。だからこそ、原点に心を合わせて表現し、「あとはよろしく」と委ねれば、塩梅よく整うのがこの世界なんですよね(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です