なんとなくのその面白さを考える


なんとなく見た空 なんとなく感じたそれを知ってみる
なんとなく見上げたその空に ワクワクを感じる時がある なんとなくから始まる面白いことを考えた

放っておくと消えてゆく言葉ですが、ちゃんと辿ってゆくと
心という根源に目を向けることになります。

「んん、なんとなく」

問われても 説明するのが面倒なときに使える 便利な言葉です

意味もこんな感じです

どうしてだかわからないが。
どこと(取り
立てていうこと)なく。「―様子がおかしい」

 

なんとなくの使い方

人は常に考えているといいます
しかし直ぐに答えが出ないようなこともしばしばありますよね

でも、答えをもとめてくる他人がいる場合
これを使って 今の心の状況を伝えておけるわけです。

例えば こんな感じです

相手「ねね、何で笑ってるの?」

私 「ええ~ なんとなくね」

相手 「ふ~ん」

相手 「ねえねえ、なんでチューリップが好きなの?」

私 「なんとなくよ(笑)」

相手 「私もなんとなくかな(笑)」

そう、なんとなく面白い会話が成立します。

 

なんとなくの訳

答えがなんとなくになる訳って考えられたことありますか?

なんとなくを使う現状をみてみると
理由が分からないけれど そうだと結論がすでに、そこに在るわけです。

先ほどの例ですと

チューリップを好きになった理由が分からない

でも「好き」なんですね これがチューリップに対する結果もしくは結論です。

原因がなく結果が出ることはありえないので
(自分が好きになった)原因はあるんです。

とすると 理由(原因)を忘れている?☆
そう 分からないのではなく、正確には忘れているんですね。

遠い昔か つい最近かどちらか知れなくても
過去にちゃんとなんとなくの理由はあります

 

なんとなくのその先で

このように日常で意識をせずに使っている言葉には
おもしろい発見が意外と隠れているものです。

今回の発見を考えておくと

例えば私たちの指は
親指、人差し指、中指、薬指、小指

このようにそれぞれ分かれていますが 集まって手や足になり
さらに四肢を辿ってゆくと胴体になってゆきます。

放っておくと消えてゆく言葉ですがちゃんと辿ってゆくと
心という根源に目を向けることになります。

そしてなんとなくというこの言葉の意味することは

私の心でありながら 理解していない部分であり
根源を感じることができる 現れになっているのかもしれませんよね。

なんとなくこの記事に出合って なんとなく読まれた方

ついでに下記もお読みになってください

なんとなくのその先を 理解されることになると思いますので(^^)

ひとつの世界を創っちゃおう!

 

 


あやこ について

世界中を愛で満たすのが大きな夢です。 愛の世界が感じられるように愛(源)のメッセージを 言葉でダイレクトにお伝えしております。 メールで気軽に行える「愛(源)との対話メール」お勧めです(^^)

2 thoughts on “なんとなくのその面白さを考える

  1. きっかけは
    なんとなく

    案外人生それでいいのかもしれませんね

    理屈を追ったり考えすぎても疲れたり、答えが出ないなんてことはたくさんありますね

    肝心なポイントさえつかんでおけば
    あとはなんとなくでオッケーな気がしました

    ゆるい感じで楽しみたいと思う今日この頃です(*^^)

    1. ミラクルさん、コメントありがとうございます☆
      同感です
      なんとなく その響きを楽しみながら
      毎日を送りたいと思うこの頃です(笑)

      はい、肝心なポイントをちゃんと意識してゆく
      その切っ掛けにもなるような
      そんな言葉だと思うのです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です