共感力を高める 愛のある人生を生きるコツ


共感力
心を開けば、感じられる

共感とは一体感から生まれる

音楽を聴いて心が震えたことがありませんか。会場が、ひとつになる感覚もありますね。

共感できる友達といると楽しいけれども、逆だとしんどいですね。

料理を食べて、とてもおいしいと思ったり、プロの仕事に触れて、職人の技に感嘆したりします。

心が通じ合うから、感動が伝わります。共鳴、シンクロ、ハーモニーなどとも言います。

共感力とはそんな力です。

共感力を高める究極のコツ

共感する
目に見えないけれど、そこにあるもの

一番大切なことは、目に見えない大きな愛を素直に信じて、ひとつに心を合わせることです。

愛は、ひとつということです。

共感力の基本的なテクニックとしては、

  • 人の話をよく聞く
  • 相手の立場に立って想像する、思いやりを持つ

などがあります。
でも、これには限界があります。
価値観が違うとムリですね。

だから、大きな愛が必要です。
人の間と書いて人間です。間にあるものが大事です。

愛なくして、考えのみで人を分かることはできません。心で通じ合うことが大切です。

愛によって生かされているということに感謝しましょう。

このことを分かると、無理して人を分かろうということが必要なくなってきます。

「だって人間だもの」という言葉もありますが、いろんな生き方をしている人がいても、同じ人間なんだなということに共感できるようになってきます。

脳ではなく、心や呼吸を合わせる

音楽を例にとると、耳で聞いてから合わせていたら半テンポ遅れるはずです。脳科学では説明しようがありません。同時に「のれる」のは、心がひとつになっているからです。

共感力とは愛

共感力の基盤には、やさしさがあります。自分にやさしくなれる人は、人にも同じようにできます。人の気持ちを自分のものと同じように感じられます。

心が乾いていると、共感できることが少なくなり、何事にも冷めた態度になってしまいます。酷い事を言ってしまうのは、心が寂しくて、やさしさを忘れているからです。

対処は簡単です。愛に心を合わせて、ひとつを感じるだけです。

人に心を合わせていくことは大事ですが、難しいこともあります。でも、大きな愛に心を合わせることは、素直になればいつでもできます。ものごとが、好転していきます。

結論として、
共感力とは、ひとつになる力です。

愛のパワーを身につけられる方法のご紹介です。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


8 thoughts on “共感力を高める 愛のある人生を生きるコツ

  1. 雪まつりの写真ですか?妖怪ウォッチのコマじろう…。娘が見たら大喜びです(笑)。
    愛に心を合わせて、ひとつを感じるだけ。大きな愛を素直に信じて…。優しい気持ちで眠れそうです^^。

    1. みさこさん

      はい、さっぽろ雪まつりの写真です。
      子供は愛らしいものが好きですよね(大人も)

  2. 心が乾いていると共感できることが少なくなる、
    というのも納得ですね。
    大きな愛に心を合わせることを自分からやっていきたいですね♪

    1. 弘美さん

      共感して頂きありがとうございます。
      人は愛なしでは生きていけないのですが、
      最低限やっていけるところで、
      まあこんなものかと思いがちですよね。
      大きな愛に感謝しながらいきたいと思います。

  3. 天大さん
    >人に心を合わせていくことは大事ですが、難しいこともあります。
    でも、大きな愛に心を合わせることは、素直になればいつでもできます。

    素直になって大きな愛と共感すれば人とも共感が増え旨くゆくのでしょうね。

  4. 人って間があるから人間になれるんですね。
    改めてしっくり心で感じられました。

    やさしい文章にふっと癒されたりでした。
    ありがとうございます。

    1. あやこさん

      間がないと間が抜けてますしね(笑)
      間があるから「人間になれる」という表現がおおっと思いました。
      愛抜きで存在できると思い込んでいたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です