自分を見失う時 還れる原点を持とう


自分を見失う時
太陽のように確かなものを拠り所にすれば人生を楽しめます

どうしていいのか分からなくなり、八方塞がりだと感じる事がありますね。自分を見失った時の対処法があればいいのにと思います。

でも、苦しい状況に置かれたときに何とかしようとしても無理な事が多いですね。そもそも、自分を見失っているのですから、何をやっても空回りになりがちです。

そこで、ただひとつ大切な事は、「還れる原点を持つ」事です。よし、そこに戻ろう。自分はそれをやるんだ!と思えれば力が湧いてきます。

その原点は、あなたが「人生かけてやろう」「そのために生まれてきた」と思えるようなものです。あなたの命やエネルギーはそこから湧いてくるからです。

「自分を見失わないように」と思うと、自分の事ばかり考えがちです。自分を見失う大きな原因は、まず、他者に囚われる事です。それから自分自身に囚われる事です。

本当は、大きな自分が分からなければ、本当の自分も分かりません。

進む道が見えなければ、今居るところも不安になってしまいます。

例えば、「私はこういう性格と個性を持った人間だ。」というのが誰にでもあると思います。でもそれは、自分という人間のほんの一部でしかありません。小さなペルソナ(仮面)に自分の個性の拠り所を求めると、うまく行かなかった時に簡単に自分を見失う事になります。

「自分を取り戻す」ためには「自分とは何か」分かる必要があります。といっても、哲学的な話ではありません。簡単な事です。

「大きな愛について考えよう」という話です。

自分とは何か。職業とか性格とかルックスとか、そんなものは小さな事です。

私というのは、命なんですね。

そして、「愛のために生まれてきた」のですね。

だから、「大きな愛」という原点を持つと、本当の自分が分かります。

いつでも、そこに還ろうと思えます。

自分を見失うのは、原点が無いからです。

なお、大きな夢を持つ人ほど、うまくいかない時にギャップに苦しむ事もあります。それを乗り越えて、花が開くのですね。

逆に、やりたい事が無い人は、自分が無いと悩むかもしれません。

確かな原点を持つ事が大事です。普遍的で最も大切なものが本当の原点です。それ以外のものは、後から要らなくなるからです。

本当の私とは、それぐらい大きな道です。夢を持てば、自分を見失う事はありません。

確かな道に興味のある方は下記からどうぞ。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!

 


11 thoughts on “自分を見失う時 還れる原点を持とう

  1. >その原点は、あなたが「人生かけてやろう」、「そのために生まれてきた」と思えるようなものです。

    愛に生き、愛に還る。愛の為に生き、愛に生きられない人の為に。全ての人が愛に還られたら良いですね。

    1. みのるさん

      還るところが無いから宙ぶらりんなんでしょうね。なんだかんだと結局愛に還りますね(^^)

  2. >「大きな愛」という原点を持つと、本当の自分が分かります。

    いつも大きな愛に還れるようにしていきたいですね。
    そうすると、自分も世界も整っていくという素晴らしい流れにのれますね(^^)

  3. 大きな愛を原点にすると
    全て自分が生み出していると気づくことが出来ますね
    そして色んなこともだんだん楽しいことに繋がって
    人生そのものが愛だと気づくのかしら(^^)

    1. あやこさん

      今度は自分が原点になるのですね。すべて愛になる人生っていいですね(^^)

  4. 自分を見失うことで、時にがっかりしたり意気消沈したりもするものですが、
    そういう時こそ、本来の自分だったり、大きな愛に気付けるチャンスな気がしました(^^ゞ

    1. ミラクルさん

      ピンチはチャンスですね。大切なものに気づけると生きててよったと思えそうです。

  5. 自分が何者であるのかを思い出した時
    生きる喜びを感じられるようになるのでしょうね。
    素敵な記事をありがとうございます。

    1. TORUさん

      すごいものを忘れていたんですね。思い出したら大きな喜びがありそうです。

  6. 還れる原点に気づいた時
    自分もまわりも穏やかに調う感覚がありますね(^^)
    大きな愛の一歩は、実はいつも準備できる!(^^)v
    とスッキリわかる記事をありがとうございます☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です