自分がわからない時は、3つの方法で喜びを思い出そう


finding myself
光の射す方。それが喜びを体験できる方向。

自分がわからない。
何をやっても満足できず、納得できない。
自分はいったい何がしたいのか。やりたいことがわからない。
そんな時は、喜びという本来の自分の姿を思い出してみましょう。

自分がわからない時は、本来の自分を体験できていない時です。

簡単に言うと、心と同調していない時です。

本来の自分とは 喜び です。

「喜び」と聞くと、フワッとしたイメージだけが浮かんで、いまいちピンとこないかもしれません。

それもそのはず、喜びとは、自ら体験することで具体的になり、実感できるものです。

喜びは、自分がやりたいことがわかるようになるカギでもあります。

自分がわからない時は、次に紹介する3つの方法で、喜びに繋がる体験をしてみましょう。

 

その1:「いいな~(^^)」を見つける・思い出す

日常で自分が感じる「いいな~(^^)」をコレクションしてみましょう。

「心地いい」でも、「キレイ&カッコイイ」、「楽しい」、「すごい」、「面白い」など何でも良いです。

例えば通学途中、とあるお家の庭にある藤の花が目に留まり、「きれいな紫色だな~(^^)」と感じたら、心のアルバムに収める。

マンガ、音楽、写真、誰かの笑顔、子供が遊ぶ姿、ギャグ、etc.
「いいな~(^^)」と感じるものは何でも「いいね」の付箋をペタっとする。

そうしていくと、自分が喜べることが何なのかが見えてくるはずです。

自然と笑顔になる。
あるいはワクワクして胸が躍る。
はたまた、感動・癒し・感謝で涙が溢れてくる。

これらの源は心であり、です。

「いいな~(^^)」に意識を向けると、愛がたくさんあることに気づけるようになります。

愛を感じ、愛を思い出してください

 

その2:楽になる

自分がわからないと悩んだりもがいたりしている時は、自分から目を背けてしまっていることが多くあります。

自分がわからなくなった原因は自分自身にあると気づいているのですが、その原因である自分自身と向き合うことに抵抗を感じているのです。

本来の自分というのは、リラックスした楽な状態です。

心も同じで、楽な状態が本来です。

心が楽な状態は、素直です。

素直とは「わかっている」という姿であり、愛です。

「自分がわからない」ということをわかっている。

自分は、自分のことをわからないんだな~

そんなふうに俯瞰する感じで、自分のことを見つめられると良いですね。

実際、自分のことは、自分が思うほどわからないものです。

まだまだ知らない自分がいて、これからその自分に出会える可能性があると考えると、ワクワクしてきます(^^)

リラックスして楽になると、楽しいこと(愛)が増えます。

心身が楽な状態になるよう、ととのえましょう。

心身ともに楽になる方法は、本記事の最後に紹介しているリンク先を参照ください☆彡

 

その3:環境をととのえる

自分が喜べることが何かわかった。
心身ともに楽になった。

これも十分に嬉しいことですが、「ワカラナイ」を完全に克服するのは「本当にやりたいことがやれた!」という真の喜びの体験です。

その体験をするには、まず環境をととのえる必要があります。

なぜなら、本当にやりたいこと、つまり「夢」のために、泣いて笑って、時には命までかけたとしても、タイミングが合わなかったり、道がゴールに繋がっていなかったりすると、全て水の泡=無になってしまうからです。

愛があっても、愛が目的へと辿り着くための流れが出来ていないのが現状です。

夢を実現し、喜びを体験するためには、その環境をととのえる流れをつくることが先決です。

 

まとめ

自分がわからない時は、喜びを体験し、本来の自分を思い出しましょう。

喜びを体験するには、次の3つの方法がおすすめです。

  1. 「いいな~(^^)」を見つける・思い出す
  2. 楽になる
  3. 環境をととのえる

 

WEBサイト「SP世界をひとつに」では、3つの方法を楽~にやれる流れをご紹介しています♪

SP世界をひとつに https://hitotsu3.jp/

 

 


聖弥 について

歌う喜びを、ひとつの音楽を、より多くの方と体験したいという願いとともに、聖楽教室(せいがくミュージック)を主宰しております♪

12 thoughts on “自分がわからない時は、3つの方法で喜びを思い出そう

  1. >「いいな~(^^)」と感じるものは何でも「いいね」の付箋をペタっとする。

    いいな~と心が動いても、流してしまっていることが多いかもしれないので、
    SNSではないけど^^、いいね!というのは自分が好きで喜べることが
    はっきりと見えてきそうですね。
    誰もが、真の喜びの体験をこの世界で沢山できるといいですよね♪

    1. * 弘美さん *
      日常を見つめ直してみると、「何かいいな~(^^)」というのを流していることが結構あるんですよね。そうなるのは、自分にとって「アタリマエ」のことだからかも。。。そんな当たり前の中にこそ、真の価値・喜びへのヒントが隠されているように思います。それを掴んだら、迷わず次のステップへと進めると、大きな喜びの体験になりそうですね☆

  2. 3つの方法、参考になります(^^)v
    いいな~のコレクション、今朝(これを読む前だったのですが)
    やってました。わたしがいいな~と思う事、心で挙げていました。
    ほっこりして安堵しました(^^)
    こまめにやってみようと思います☆

    「環境をととのえる」というのもなるほどと思います。
    まずは現代はネットの環境をととのえるということだと感じています(笑)

    1. * あやこさん *
      こちらの記事とシンクロする体験、シェアしていただきありがとうございます(^^)
      愛の行動で環境がととのってくると、タイミングも合うようになるので、そんな素的なシンクロ体験が増えますよね☆
      この記事をご覧になっている方はすでにネット環境はととのっているでしょうから、あとは真の喜びに向かっての行動あるのみ、ですね(*^^)v

  3. 本来の自分を体験できていない時、喜べない、自分がわからない。
    そんな時は3つのことを遣る。単純明快ですね(*^^)v

    1. * みのるさん *
      わからない、も愛(わたし)をわかるための体験のひとつなんだな、と今更ながら思います(笑) 愛をトコトン掘り下げて、辿り着くところは最初の単純明快な喜びなのだなあ、と一人シミジミ.。o○
      3つのことを「SP世界をひとつに」とあわせてやると、スイスイ進みますね(*^^)v

  4. * 天大さん *
    藤の花の情景、共有してもらえて嬉しいです(^^)
    環境がととのうために、この宇宙がどれだけ動くのか、どれだけの人や物事が関わるのかを考えると、スケールの大きさに圧倒されてしまいます。だからこそ、喜びに繋がる方向へ、ととのえていけたらいいですよね☆

  5. 喜びは自然発生ですが、それが本来の自分の姿だと意識して
    悩みや苦しみをいつも喜びへと進めたい!と思いました(^^)
    この3つの方法をやれば喜び(愛)に満たされて
    子供のように大人も素直に明るく楽しく
    ひとつへと躍動したくなるぞ~と笑う5月5日です♪(*^^)v

    1. * 美和子さん *
      喜びから遠ざかっているようなときこそ、本来の自分の姿を思い出せるような意識や行動、大切にしていきたいですね(^^)
      今日は子供の日であり、立夏でもありましたね。元気に弾ける夏に向けて、新たに出発しましょう♪

  6. 喜びの状態で生きれば本来の自分が分かるようになる。
    いつも愛を感じながら生きる3つのコツですね~(*’▽’)b

  7. * TORUさん *
    喜びが、特別なことだけでなく、いつもすぐ傍にあって体験できることがわかると、本来の自分という愛をさらに楽しめるようになりますね☆(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です