運命の意味 運命をつかむシンプルな方法


運命 意味
本当の運命との出会い

一般的に、運命は定められた、逆らえない未来と考えられています。でも、実際はそうでもありません。今回は、運命の本当の意味についてお話しします。

宿命と運命の違い

宿命とは、あらかじめ決まっている事で、運命の扉を開く鍵、きっかけです。

誰にでもある運命をつかむチャンスが宿命です。宿命を始発駅とするなら、運命はその先になります。運命とは、大きな意味での人生の道です。生れてくる目的であり、夢です。何も持たずに生まれてくることはありません。

これは、生まれる前からだいたい決まっています。といっても強制ではなく、自らの魂が選択しています。

でも、「運命は残酷だ」などと言いますね。

この原因は、

1)過去や前世のトラウマをひきずってしまう。(因果の法則)

2)後ろ向きの時は前に進む方がつらく感じる。

3)生まれてきた理由や、希望を持って生まれてきたことを忘れている

などがあります。

大切なことは、運命は愛だということです。

運命にあらがう、という表現もあります。実際には、その人は困難を乗り越えて、「運命を掴んだ」のです。

運命は愛を分かるとシンプルになります。自分らしい、本来の生き方です。

だから、愛をわからなければ、運命を呪うことになります。愛を生きると、大きな道が開けてきます。

愛を生きる方法として、こちらも参考にどうぞ。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


運命の意味 運命をつかむシンプルな方法」への6件のフィードバック

  1. >3)生まれてきた理由や、希望を持って生まれてきたことを忘れている

    忘れてましたねー(笑) しかし、愛が運命の途中に教えてくれるのかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です