体感 ひとつの世界を体感する 愛の世界 憩いの世界


体感
ひとつの世界を創ると愛の世界が天から降りて来る時代になりました!

感としての感覚の体感は特殊。身体の体感と気としての体感は少し磨けば後はコツです。体感、第六感、感受性が身に付くには本物を知ることです。
それは、因果応報の苦しさから解放される世界です。当HPで体感して下さい。

感としての感覚の体感は特殊

体感とは。

「身体で感じること 感覚 痛み しびれ 暑さ 寒さ 匂い」ですね。

いわゆる五感で感じることです。

五感は 見る 聞く 嗅ぐ 味わう 触れる 5つですね。

しかし、こちらでは第六感を五感を含めた6つの感覚として書きます。

6つの感覚ですね。

身体に感じるものは誰でも分りますが、感としての感覚の体感は特殊で超敏感肌といいますか「感受性」の世界です。

いわゆるそんな気がする世界の第六感の体感です。

六感の中に聴く、視る、痛い気がする(いわゆる原因不明とされる神経痛も)気としての匂い、気としての味もあります。

このような五感を超えたところに第六感や瞑想で感じる憩いの世界、愛の世界も体感出来るのです。

身体の体感と気としての体感は少し磨けば、後はコツです。

感受性があまり無いからといって諦めることはありません。

自分もその部類でした。いわゆる「鈍感」だったのです。

しかし、その方向に感覚を向け続けるとコツが分かるようになります。

鈍感だからと諦めないことが超重要です。

身体の体感と気としての体感は少し磨けば、後はコツです。

第六感的体感は磨かれます。

当方にお任せ下さい。

自宅で、街中で山河で原野で(笑)出来ます。

このブログでも上達する記事が沢山あります。

記事の最下部の当HPへのリンクをご覧下さい。

そこではコツが更に掴めるHPがあります。

感受性が身に付くには本物を知ることです

体感は、簡単な話目指すものにより身に付いたり身に付かなかったりです。

右へ行けばリンゴが手に入る。左へ行けばみかんが手に入るみたいに単純なものです。

しかし、簡単に説明していると人は信じないことが多いですね。

だから権威を付けて体裁を付けて複雑にしようかとも考えましたが、分る人には分るということで。

本当は簡単に説明されないと分らないのが人間です。

本当に体感、感受性が身に付くには本物を知ることです。

因果応報の苦しさから解放される

本物というのは、単純、明快です。それでいて驚異的効果があり、美しいのです。

輝いています。可憐に見えながらも強固です。

その世界はひとつを体感しているような感覚です。

もの凄い世界です。信じられないような世界です。

愛の世界です。ひとつの世界を体感する。

覚醒、悟りの世界とはこのようなことではないかと思えるこの世あの世をひとつにした荘厳な世界を体感します。

大きなこというなとお思いでしょうね(笑)

ここの下からのリンクを辿ると、とても素晴らしいことを体感!出来ます。

既に始まっているひとつの世界を造(創)っている最中の処です。

既に始まっています。

信じてもらえないでしょうが。

体感すれば良く分ります。あなたの感覚を試して頂ければ良いのです。

あなた自身とあなたの隣人が超越した世界を体験出来るようになります。

キリスト教の「隣人を愛せよ。敵を愛せよそれはあなた自身を愛することになる」という諺がもっと深く広く分かるようになります。超越の世界は憩いの世界です。堅苦しくはないのです。
悟りの世界。ひとつの世界。あなたとわたしは一体であることが分かるし「体感」出来ます。

こちらのHPで体感して下さい。

キリスト教の
「裁いてはならない 裁けばあなたが裁かれるからだ」

仏教の
「因果応報」はよくご存じだと思いますが、この苦しさからも解放される超越の世界を体感して下さい。

もう悩む、苦しむということは無くなります。

キリスト教、仏教、イスラム教、その他の宗教がひとつに合体する超越するそんな「ひとつの世界」を体感して下さい。

争いの無い世界 ひとつの世界を体感出来るHPへ。

どうぞこちらから↓

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!

 


みのる について

HP 「SP世界をひとつに」をスタッフと共に運営しております。 ひとつに還る運動を続けています。 みなさんもどうぞご一緒に! 魂が喜ぶ、魂の為の活動です。

体感 ひとつの世界を体感する 愛の世界 憩いの世界」への10件のフィードバック

  1. >身体の体感と気としての体感は少し磨けば後はコツです。
    >体感、第六感、感受性が身に付くには本物を知ることです。

    とても勇気づけられる気がしました^^。
    そして、本物を知るというのがやはり大切で、
    持っている感受性も磨かれる部分があるのかなと思いました☆

    1. どうもです。
      本物に、ここに来た人は本物に近づいたことになるわけですね。
      縁のない人はこのような処は避けてしまいがちですね。
      でもだれでもここへは来れるのですよね。

  2. 日常で「何となくそんな気がする!」という第六感や
    感受性を豊かに健やかに磨く体感を
    自宅や街中、山河や原野で出来るのが気軽&オープンで
    ほんといいな~と改めて思いました(^^)
    ひとつの世界を体感できる今を楽しんで
    明るい未来を創造してゆこうと思います♬

    1. >ひとつの世界を体感できる今を楽しんで
      明るい未来を創造してゆこうと思います♬

      既に実践している人のいうことはさすがに違いますね。
      みなさん難しいと想う程に見えるようですね。実際は簡単なのですが、
      始める直前までが敷居が高いだけで、またいだら超簡単と分る(笑)

  3. 日常での苦しみも愛からの体感に変化すれば
    世界が愛とひとつになる。
    多くの方に実感して頂けるといいなと思いました☆彡

    1. >多くの方に実感して頂けるといいなと思いました☆彡

      そうですね。ひとつの世界の体感を実感して頂ければ理屈抜きで進めるでしょうね。
      理屈を超えた世界は楽しい、平和な天国のような世界ですね。

  4. >体感、第六感、感受性が身に付くには本物を知ることです。

    なるほど~感受性とは本物を感じる力なのかなとこの記事を読んで思いました(*^^)v

    1. >なるほど~感受性とは本物を感じる力なのかなとこの記事を読んで思いました(*^^)v

      逆に本物を感じられたら全てに於いて物事が分かるようになりますね。
      すべての道はローマに続くの時代から本物(愛)に続くとバラバラが「ひとつ」の超越した世界へいけますね。

  5. 諦めないことが超重要、というところにとても共感しました。
    小さな世界では相性が影響を及ぼすかもしれませんが、大きなひとつの世界では超越していますね。
    心の向け方によって、体感も随分と変わってくるものだと思いました(^^)
    まずは本物との出会いですね☆彡

    1. >心の向け方によって、体感も随分と変わってくるものだと思いました(^^)
      まずは本物との出会いですね☆彡

      ですね。
      偽物を体感する時代はもう終わり、本物を体感する「時」が来たことを早くにみなさんに伝えたいですが、こちらが本物かどうか先ずは体感して欲しいですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です