感動するほど美味しい店が簡単に見つかる 食べログ活用術


美味しい店
ステキなお店探しの基本は、真心を感じる事

「食べログ」や「ぐるなび」などのグルメサイト。私も、旅先などで美味しい店を探すのに重宝している。ただ、やらせによるランキングの操作が問題になったこともあり、本当に信用できるの?という意見もある。

今日は、簡単に、本当に美味しいお店を見抜くコツをご紹介する。きっと、感動するほど美味しいお店に出会えるはずだ。

サクラ、やらせを見抜くコツ

星の数よりも、レビュー(感想)を参考にしよう。本当に感動を味わった人の記事は、とても具体的だ。そうでない文章は具体性に欠けていて、どこの店でも当てはまるような内容が多い。

ポジティブなレビューを参考にする

ネガティブなことばかり書いている記事よりも、素直な感動を表現している記事が参考になる。異論もあると思うが、ここでの目的はまずい店を探すことではなく、本当においしいお店、感動をくれるお店を探すことだからだ。

記事の中身そのものよりも、
書いている人の人柄を重視する

哲学的な記事や、科学的な分析も、おいしい!という感動にはかなわない。そのおいしさを、素直な感性で喜べる人が、本物を知っている人だ。その人の記事を、いくつか読んでみるのも参考になる。お店よりも、本物をわかる人を探すのが近道なのだ。

本物とは何か

食べログ ぐるなび
感動は、愛を感じる心。美味とは、美しい味。

料理も結局、愛だ。
人柄とおいしさは関係ないと思うかもしれない。しかし、おおありなのだ。

心のこもった料理。技術や努力も愛だ。
接客や、店の雰囲気。全部、おもてなしの心のあらわれだ。

それを素直にキャッチした人が、料理に感動する。そんな感想の多い店がよい店といえる。

類は友を呼ぶ

人柄を重視して記事を読むのは、「類は友を呼ぶ」法則を利用している。真心のある人の推薦する店は、期待できる可能性が高い。

ネットを使わないときでも利用できる

愛のあるものは、よい香りがする。少しあやしげに聞こえるかもしれない。しかし、我々は直感的にいいものと、嫌なものを嗅ぎ分けている。

真心に敏感になると、不思議と美味しい店にあたる率が高くなる。見ただけでおいしいかどうか、ある程度わかったりする。不思議なことではなく、例えば、笑顔をみただけでいい人だと感じることがあるだろう。そういう感覚だ。
料理に限らず、素晴らしい出会いがたくさんできるようになる。

五感は何のためにある

食事は、味覚、嗅覚、それに視覚や触覚も使って楽しむ。では、私たちの感覚は何のためにあるのだろう。もし、感覚がなければ、世界を感じる事も、愛を感じる事も難しくなる。

そう考えれば、五感が何のためにあるのかわかるのではないだろうか。

料理は単なる食糧ではなく、愛の形だ。
人だって、愛するために存在している。

だから、愛に敏感になることが、料理に含まれる目に見えないエネルギーを感じるコツだ。

おいしい料理を食べて感動するとき、本当は、たくさんの愛を感じて感動しているのだ。

真心のある人や所を探す

いつも真心を大切に生きていれば、おいしいお店、本当の仲間、進む道、全部巡り合えるようになっている。

大きな夢のあるプロジェクトです。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!

 


感動するほど美味しい店が簡単に見つかる 食べログ活用術」への8件のフィードバック

  1. 天大さん
    おはようございます。食欲がわいてきそうな秋の写真。食欲の秋にぴったりですね(*^^*)。すすきも、秋を感じます。
    五感をふるに使って…。四季の変化を楽しみたいと思います。

  2. 「料理は真心」とはよく耳にする言葉でしたが
    こうしてそれをしっかり伝えて頂くと
    とても合点がゆきますね。
    いつも真心を大切に。
    また感じてゆきたいと思いました(^_^)。

    1. あやこさん

      真心が形になるのは、すばらしいことですね。
      真心を感じるのも、また真心なのかなと思いました。

  3. 本当にいい所に巡り合えた時、そこには喜びがあり
    愛を感じられるようになっているのでしょうね。
    よいお店も、よい縁も、真心から始まるのだと思いました。

    ネットの辞書で意味を調べたら納得しました。
    真心=他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意。

    1. TORUさん

      真心とは、そんな意味なんですね(笑)
      知らずに覚えてました。
      友達などから教わった感じですね~。愛のリレーのようなものでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です