心身症とは 心と体の関係から健康の秘訣が分かる


心身症とは
命の在り方は姿にあらわれます。

心身症とは、体の病気のうちで、心の問題が発症や悪化に関係している病気のことです。心と体は密接に関わっています。

痛みを訴える方で、病院で検査を受けてもどこも異常がないという人がいます。でも、こういう方に、悩みやストレスの有無をたずねても、無いと答える場合が多々あります。

心の問題を自覚できなかったり、消化できないと体の問題として出てきます。(これを身体表現性障害といいます)

そんなに不思議な現象ではありません。ストレスで胃が痛くなったり、緊張で筋肉がガチガチになったり、震えがきたり、イベントの前に下痢をしたり・・・・

なんとなく(ものすごく)痛い、原因がわからない。これが非常にストレスになります。

身心一如という言葉があります。
心と体はひとつということです。

ここからは、少し、頭と心をやわらかくしてお聞き下さい。

心がかたくなになっていれば、当然体もガチガチになります。心がぽかぽかと温かければ、体もゆるみます。イライラや、怒り、ストレスの本質は、「ものごとが思い通りにいかない」です。だから、飲み込みづらさを感じたり、胸やけがしたりします。「(臓)腑に落ちない」感じもあるかもしれません。

大事なことは、体の問題と片付けずに、心の問題を認識することです。

病気に心が大きく関わっていることはわかりました。ここでひとつ問題があります。それは、悩みやストレスが原因だとして、それではどうすればいいのか?ということです。

簡単に解決するものであれば、苦労はないですね。

実は、心と体がひとつであることをわかるだけでは不十分です。やっと問題のはじっこが見えてきたぐらいです。

そもそも、心の問題っていろいろな症状がありませんか。色んなことで不安になったり、焦ったり。そういえば、体の症状でも、あちこち具合が悪いのを指して不定愁訴と言ったりします。

ころころ変わる症状に対応していても、疲れてしまいます。乗り越えたと思ったら、幻だったり(^^;

では、本質的なお話しをしましょう。

それは「生き方」の問題です。

赤ちゃんの時に、生まれてきた夢や目的が必ずあります。

その夢は、利己的なものや、ちっぽけなものではありません。

自分の本心に沿って生きていられれば、前向きに、うきうきと、少々のことではへこたれずに生きられます。

夢を忘れたり、あきらめたり、つまずくところから悩みははじまります。のびやかさが失われます。病気の原因が分からないことが問題なのではなくて、本当の自分をわからなくなっていることが問題なのですね。そうすると、色々な症状が出てきます。

まとめますと、
生き方は、心の調子に出ます。
身体は心を映す鏡です。
だから、自分を生きることが健康の一番の秘訣です。

本当の生き方について深く知りたい方はこちらをどうぞ。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


心身症とは 心と体の関係から健康の秘訣が分かる」への12件のフィードバック

  1. > 自分の本心に沿って生きていられれば、前向きに、うきうきと、少々のことではへこたれずに生きられます。

    ほんとそうですね。自分の本心って、流れる時の中で、ついつい忘れたり置き去りにしてしまったりする気がします(^_^;) 本心という言葉、改めて向き合うと良い感じ(漢字)ですね☆本心が何かを考えられる、本質に繋がるお話をありがとうございます。

    1. 聖弥さん

      本音、本気、本望、本懐。本がつく言葉は大事なことばかりですね。やはり根本の愛が大切なのだと思います。

  2. 難しい話を分かり易く書いてくれてありがとうございます。
    仕事中はいつも胃が痛いですが(*_*;
    仕事を忘れてリラックスしている時は痛くないので
    不思議だな~と思っていたところです。
    生まれたての赤ちゃんのように
    まっさらな自分でイタイです。

    1. TORUさん

      お仕事大変ですね。まっさらな自分っていいですね(^^)そんな風に私もいたいと思います。

  3. 医療関連の番組では生活習慣に気を付けるお話をよく聞きますが
    「生き方」が心の調子に出るというこの記事はとても新鮮で
    根本的に健康になるための大きな秘訣だよな~と思いました。
    本当の自分を生きる事は健康と共に大きな喜びになるから
    生まれてきた目的や夢に向かって楽しく生きたいです♪(^^)

    1. 美和子さん

      当たり前のことなんだけど、忘れがちですよね。健やかな生き方で行きたいですね(^^)

  4. 「自分を生きること」
    意外と忘れがちなのかもしれませんね。
    どんな時でも素直に自分を生きる
    本当の生き方を知る
    それが大事なのかなと
    感じさせて頂きました☆彡(^^)

    今月もTCがやってきますね
    楽しみです(*^_^*)

    1. あやこさん

      心を亡くすで忘れるでした(笑)思い出せば自然と病気も癒されそうですね。

  5. 前回の記事の主治医は自分自身。に続き、健康の秘訣を教えて頂きありがとうございます。
    心穏やかに。源の神様と共に人との繋がりを楽しんで生きられたら良いなと思いました。
    継続は力なりですね(*^^*)愛ある方へ。
    もうすぐ十五夜ですね。雨かな~?
    美しい光で皆が癒されます様に。

    1. みさこさん

      月も太陽(源)の光あってこそですよね。月を見ながらお団子(円)というのも風流ですね。

  6. 天大さん
    >それは「生き方」の問題です。

    相変わらずこの言葉はドキッとしますね。
    生き方がなかなか直らなくて人に迷惑かけてます。
    生き急いでるようなので、のんびり生きたいですね。
    でも。長年これで遣って来ているので大変です。

    1. みのるさん

      冗談も健康と長生きのコツみたいですね。同じところをぐるぐるまわりつつ、ちょっとはマシになってる気はします。大器晩成という言葉がありますが(大器ではありませんが)、大きな事が形になるのにはそれなりに時間がかかるようで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です