失恋から立ち直る3つの方法 今こそ本当の愛を知るために


すべては 昨日から今日へ 過去から未来へ と 変わるのですから
すべては昨日から今日へ
過去から未来へ と変わるのですから

失恋して苦しい 辛い 悔しい 寂しい 眠れない 立ち直れない 後悔している・・・など様々な苦しみに悩まされてはいませんか。

自暴自棄にもなりそうな気分だと思いますが、精一杯悲しんだ後は、より素敵な自分になるためにこの機会を活かしませんか。

本当の愛を知るために前向きな方法をご紹介します☆彡

立ち直る方法①体験に感謝する

好きな人との別れが受け入れられず、極端なケースだと失恋してストーカー化する人も世の中にはいますが、相手にとっては迷惑以外の何物でもありません。
相手の気持ちを考えず、自分のことしか考えないところが余計に嫌われてしまいます。

これは「愛」でしょうか?

いいえ。「執着」ですね。

執着や未練が生まれるのは仕方のないことですが、感謝することで徐々に心の中で変化を起こすことができます。

形のレベルでは失敗した関係に見えたとしても、
魂のレベルでは成功だった場合があります。

もし恨みや憎しみを忘れられず、自身が深く傷ついているなら、それは愛ではなかったということです。

愛は自分の中にあります。

本当の愛を知るためには「愛ではない体験」が必要だったのかもしれません。
本当の愛を知るために人は生まれてきたといってもいいのです。

体験に感謝をすればもっと大きな視点で見ることができます。

「すでにそうあるもの」を受け入れることができ、楽になることができます。

過去とはいい意味でさようならできます。

思い出が一切なくなるということではなく、過去への精神的執着がなくなります。

過去から精神的に解放されれば、お互いに楽になることができるのです。

愛は全てを包み、心を解放してくれます。

過去を思い煩うのではなく、今この時を生きることができます。

お互いに幸せになるために前を向くことができます。

 

立ち直る方法②本当の愛を知る 

愛は相手から得るものと思いがちですが、そうではありません。

自分の中に見出すものなのです。

自分の中にある愛に気付けると、相手に必要以上に愛を求めたり依存しなくなります。

そんなの嫌だと思うかもしれませんが、愛に包まれ精神的に自立するとかえって魅力的に見えるものです。

人は恋と愛をよく混同しますが、これらは逆の性質のものです。

恋と憎しみは表裏一体です。

相手が自分の求めるもの(愛)を満たしてくれないと思った時、すぐに怒りや悲しみに変化するエネルギーを持っています。

楽しいとこだけ体験しようにもそう都合よくはいきません。

人はこのように痛みを含んだエネルギーを愛だと思い込んでいます。

しかし、本当の愛には裏表はありません。

恋は痛みを生み出しますが、愛は全ての痛みを癒すパワーを持っています。

どうしてこのように愛がわかりづらいものになってしまったのかご存知ですか。

どうして愛と恋を混同するようになってしまったのか。

そうなった経緯がありますので簡単にお話しましょう。
太古の昔、人は神さまとひとつでした。

神さまとは愛ですね。全ての愛の根源です。

そこで人は愛ではない体験を選んでしまったからなのです。

幻想を選んでしまったんですね。恋も幻想といいますね。

きっと愛よりもいいものがあると思ったのでしょう。刺激を求めたのでしょう。

そのように愛を自ら捨てておいて、永遠の愛を見つけようとしてもドラマのようにうまくいくものではなかったのです。

しかし、うまくいかないと気づけた人にこそ選びなおすチャンスがあります。
永遠の愛を知るためには、まず男女の愛の前に、もっと根源を見つめる必要があるのです。

それは自分自身を見つめることです。

まず誰かに永遠の愛を求めるよりも、自分自身が永遠の愛になれるように。

この記事の最後にその方法をご紹介します。

立ち直る方法③誰か一人のためではなく
もっと大きいもののために生きてみる

身近な愛する人のためだけに生きることは美しいとされてきたかもしれません。

しかし、それだけで自分の人生を全て費やすのもどうでしょうか。

また、相手も本当にそのような人生を望んでいたでしょうか。

「私は何の為に生まれてきたのか」と自分自身の心に聞いてみるといいですよ(*’▽’)

これからは自分自身も大切にしましょう。

恋愛に囚われない大きな目的を持つことをおすすめします。

大きい目的を持つことは愛する人のために生きることをあきらめることではありません。

より大きい視野を持ち、根源の愛をしっかりとものにした時、何が愛なのかしっかりとわかるようになるのです。それが世界や相手のためにもなるのです。

成長した時、その時の自分と同じくらい素晴らしい相手にきっと出会えるようになりますよ。

人はあなたの鏡なのですから。

どこで妥協するかであなたの人生大きく変わってきます。

どうか、愛を知ることを妥協しないでください。

永遠の愛を知りたい方は

こちらのHPもどうぞ☆彡

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!

 


14 thoughts on “失恋から立ち直る3つの方法 今こそ本当の愛を知るために

  1. >まず誰かに永遠の愛を求めるよりも、自分自身が永遠の愛になれるように。

    誰かに永遠の愛を求めるというのは、恋愛ではあるのかもしれないですよね。
    まずは、根源の愛を知り、目的を生きて、本来の自分を確立したいですね。
    画像もはっとするほど美しいですね☆

    1. 弘美さん>

      ありがとうございます。
      TCで源の力をやった時に6階から撮影した写真です(笑)

      >まずは、根源の愛を知り、目的を生きて、本来の自分を確立したいですね。

      ですね(*’▽’)本来の自分を確立できた時こそ、真に深い魂の関係が築けそうですね。

  2. >永遠の愛を知るためには、まず男女の愛の前に、もっと根源を見つめる必要があるのです。

    昔の人には無理だったかも知れませんが、現代人は学が文学があるから分かりそうですが、案内人が居てくれないと気付けない人も多いかも。
    そこで、ここのブログの記事やリンクですね(笑)

  3. > 大きい目的を持つことは愛する人のために生きることをあきらめることではありません。

    愛は本当に自由で、人の意志(おもい)によって如何様にも形を変える。だから、目の前の小さなこと(過去の結果)に捉われるのではなく、未来という大きい目的のために愛を形作っていくことが、人としての共通の使命なんですね(^^) 本当に愛する人の為に、前を向いて歩いていこうと改めて思えました☆

    1. 聖弥さん>
      同意ですね☆彡
      本当の愛は大きく、方向性もあり、柔軟で自由ですね(*’▽’)
      聖弥さんのコメントを読んで改めてそう思いました。

  4. 体験に感謝する事を習慣にすると大きな愛の中で
    穏やかな自分がみえてくるから人との出会いや沢山の出来事も
    本当に楽しくなりますよね♪

    失恋も本当の愛を生きる大切なきっかけだとわかるから
    大きい目的を生きる喜びを改めて感じています(^o^)

    1. 美和子さん>
      そうですね!
      失恋も本当の愛を知るためのきっかけになれば大きなチャンスですよね。
      ほんと大きな愛に包まれながら感謝できるようになると楽しいですよね( ^^)

  5. 自分のことしか考えられないと
    相手にあたってしまいますが
    世界の幸せや人々の幸せを考えれば
    視野が広がり悩んでいられなくなりますね(^_^)

  6. 精一杯悲しんだ後は、より素敵な自分になる為に。素敵な言葉ですね。
    受け入れて、手放して行く。そして、今を楽しむ事。人生、本当に愛を知る道だなと思います。

    綺麗な空ですね。秋は空気も清んで空も月も、本当に綺麗ですよね♪
    空を眺めていると、離れていても繋がっていると思えます。
    がんばります(*^^*)

    1. みさこさん>
      そう言っていただきありがとうございます(*’▽’)

      >空を眺めていると、離れていても繋がっていると思えます。
      >がんばります(*^^*)

      素晴らしいです!!
      胸を打たれました。
      空というのは源のメッセージでもあり、人の意識を映し出すキャンパスのようですね☆彡

  7. >うまくいかないと気づけた人にこそ選びなおすチャンスがあります。
    >永遠の愛を知るためには、まず男女の愛の前に、
    >もっと根源を見つめる必要があるのです。

    大きなチャンス到来ですね☆彡
    大切な人を失ったように感じた時こそ
    大きな自分と出会えるチャンスですね(^^)

    過去を思い煩うことなく(そう言えば、TCでもこんなお話、ありましたねw)
    感謝することはやっぱり最強ですね(笑)

    1. あやこさん>
      TCの後に記事を書くとお話が色々反映できるので良いですね(*^^)
      大切な人を失う感覚と源(愛)を失う感覚って結構似てたのかもとか思いましたね。
      このBLOGにたどり着いた方にも、愛を知る大きなチャンスをものにしていただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です