ペイフォワードを本物にするには


ペイフォワード
みんな根っこに繋がっている

ペイフォワードという映画があります。社会科の授業で「世界を変えるために何ができるか」という課題に対して、ある少年が「自分が受けた善意を、その相手ではなく他の人達に渡す」というアイディアを思いつきます。そうやって善意の輪を繋げば世界は変えられるという事で、ペイフォワードは社会的な運動にまでなっています。

ペイフォワードで本当に世界は変えられる?

ペイフォワードは素晴らしい事です。同時に限界もあります。ただしこの限界は乗り越える事が可能です。

まずは、ペイフォワードの良い所から述べると、ペイフォワードはやれれば確実に個人の人生を変える事ができます。善人として生きられ、周囲の人からも好まれ協調性のある人物として見られる事になるでしょう。

次に、ペイフォワードの限界は、本当に善意の輪は繋がるだろうかという事です。例えば3人の人に対してペイフォワードをして、その3人が他の人達に同じ事をすれば世界は良くなります。しかし、必ずどこかで流れは途切れるものです。

乗り越えなければならない物は価値観の違い

人には価値観の違いがあります。良かれと思ってやっても、相手に通じずに嫌な思いをする事はありますね。考え方や住んでいる世界の違いがある以上、善意のリレーはうまく繋がらないのです。

ペイフォワードに必要なもの

ペイフォワードの反対はペイバックです。バックは後ろへという意味ですから、相手に返す事。フォワードは前へという意味ですから、前に送る事です。「線を繋げよう」という事なんですね。インターネットもSNSもこの考え方で成り立っています。

では、足りないものは何かというと、全体をひとつとしてみる大きな愛です。繋がるところを繋げるのではなく、全部が繋がっている。そういう発想の転換です。言ってみれば「ペイセンター」とでも言うべきものです。ペイフォワードだけでは価値観の違いを越えて、無秩序に拡がる世界を変える事はできません。ペイフォワードを本当に有効なものにするには、大きな愛に繋がる必要があります。横の人に繋がるだけではなく、根源の愛に繋がるところから始めましょう。

本当にひとつに繋がる活動に興味のある方は下記からどうぞ。

ひとつの世界を創っちゃおう!


ペイフォワードを本物にするには」への4件のフィードバック

  1. >全体をひとつとしてみる大きな愛
    >ペイセンター
    なるほど☆彡 こういった価値観に還ってしまうそんな時機に
    思いっきり大きな羽を広げて楽しみたいですね(^^)

    1. あやこさん

      大きな羽を広げるというのがいいですね(^^) 個人の殻にこもっても、価値観の近い人とだけ繋がっても何も無いですし、すべてを越えるところにあるものというと答えは出ていますね。

  2. 本当に、良かれと思っての行動も、相手がどう受け取るかまでは分からないですね。
    善意を広げるという発想は素晴らしいけれど、本当に世界が平和になる形で実現できるといいですね☆

  3. >全部が繋がっている。そういう発想の転換です。

    全てが繋がっている「愛」 と言われても分からないというより自分のものに出来ない、活かし切れない人の性は「発想の転換の薦め」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です