全体像から考える私たちの命と未来像とは?


全体像
全体像から世界を考える

物事を把握する時は一部ではなく
その全体像を知ることが肝心です。

仕事をする上でも内容の一部しか知らないと
どんな目的があって何を優先したらいいのかが見えてきません。
全体像を掴む為にはその目的や完成形をイメージできるといいですね。

全体像を把握する

例えば車を造るにしても一部のパーツだけを作っていると
それがどんな色でどんな形の車なのかが分かりません。
全体像が分かっていれば、一部のパーツであっても
それがどんな形であれば良いのか
どんな特性を持っていれば良いのかという理想の形が見えてきます。

私たちが住んでいる地球にしても
地球だけが世界の全てではなくて
宇宙に目を向けると他にも沢山の星があって
地球が太陽から遠すぎても近すぎても
生命が誕生できない環境であることを知ると
宇宙の壮大さと生命誕生の奇跡が分かってきますね。

では、私たち人とは何でしょうか?
小宇宙という言葉があるように
私たちもこの宇宙の一部です。
つまり、本当はひとつの世界の中に居るのです。
その全体像が分からない為に
自分=個としての認識しかできないのです。
これは先程説明した車を造ることと同じで
個というパーツだけを見ていると
その全体像が分かりません。
つまり、私たちは個という一人の人間であり、
また大きな世界という存在でもあるのです。

自分が本当は大きな存在だったんだと分かれば
自分がこの全体の為にどんな役割があって
どんなことをすると良いのかが分かってきます。
つまり、全体を把握することで
自分という個性を発揮できるのです。

競争社会の中で生きていると
勝ち組や負け組という言葉があったりして
自分が有利になる為に相手を蹴落としたり
嫉妬や妬みがあったり独占したいという感情などがあります。
しかし、スポーツ選手などを見ていると
勝者も敗者もお互いに称え合っている姿を見ると美しものがありますね。
スポーツで例えるなら、私たちは個人戦ではなく団体戦です。
例え個人戦であってもその人を応援してくれる人や
サポートしてくれる人が必ずいます。
チームとしての意識が高いとより高いパフォーマンスを発揮できますね。

集合意識で変わる未来像

集合意識という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
私たちの意識というのはすべてと繋がっています。
家族という最小単位も小さな集合意識だと思います。
日本人全体での集合意識や地球全体での集合意識もあります。
私たちは良くも悪くもその集合意識の影響を受け取っているのです。
日本全体が不安な気持ちになれば
明るかった人も不安な気持ちに影響されてしまいます。
しかし、その逆もあるのです。
私たちが幸せで楽しい気持ちでいれば
落ち込んでいた人たちも一緒に幸せな気持ちになれるのです。
ということは、誰かの足を引っ張ったり
嫉妬や妬みなどの感情を相手に向けていると
自分まで不幸になってしまうのです。
自分や相手を幸せにしたいのであれば、
全体を意識してお互いを認め合ったり励まし合ったりして
協力して生きていくことが全人類に貢献する生き方に繋がります。
自分だけが幸せになっていいのだろうか?
というような気持ちや私が幸せになってもいいのだろうか?
というような周囲を気遣って遠慮したような気持ちは一切必要ありません。
自分が幸せになれば、他の人たちも結果的に幸せになるからです。

ひとつという全体の為に具体的に行動してみたい方は
こちらもチェックしてくださいね。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


12 thoughts on “全体像から考える私たちの命と未来像とは?

  1. >仕事をする上でも内容の一部しか知らないと
    >どんな目的があって何を優先したらいいのかが見えてきません。

    全体像を分かっていると、優先順位が見えてきたり
    全体の為になる動きがよりスムーズにできますね(^^)
    色々な例えからも、全体像を把握する大切さを感じさせて頂きました☆

    1. 弘美さん

      何事もゴールをイメージできると
      そこに向かって動きやすくなりますね。

  2. >自分が幸せになれば、他の人たちも結果的に幸せになるからです。
    堂々と幸せを選ぶためにも 
    ちゃんと愛を選ぶことを始めようと思いますね
    人って素晴らしい繋がりを持っているんだなと
    思い嬉しくなりました(*^^*)

    1. あやこさん

      自分が愛を選ぶだけで
      他の人にとっても良い結果になるから、
      個人と言えども大きな影響力を
      人は持っているのだと思います。

  3. >つまり、私たちは個という一人の人間であり、
    また大きな世界という存在でもある

    このような仕組みがあることを知った方から具体的に動いて頂ければ助かります と上から目線ですが老婆心ということで

  4. ひとつという全体像がわかると
    それぞれの個性が心地よく発揮できるから
    明るくいつも健やかな未来が創造できるんですね☆(*^^*)

    1. 美和子さん

      全体としての自分と個としての自分。
      その両方を楽しめるといいですね。

  5. 愛の視点に還ると
    全体像を思い出せますよね
    また全体像を知ることで、個の自分の役割がわかるものなのかもしれませんね

    日々思い出せる習慣は大事ですね(^^)

  6. ミラクルさん

    生まれてきた目的や自分の使命や役割を思い出して
    喜びのある人生を歩んで行きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です