他人と比べてしまう。自己評価が引き寄せる現実


他人と比べてしまう
愛の大きさは比べられないもの

他人と比べてしまうのが癖になっていませんか?
私たちは幼い頃から人と比べられて育ってきました。

学校の成績は誰が優秀?
かけっこは誰が一番?

相手と比べて自分は駄目だなと落ち込んでしまったり
自信を無くしてしまったりしていませんか?

他人と比べてしまうのはなぜ?

他人と比べてしまうのは自己評価が低く
劣等感が強いことによるものです。
自分を誇らしく思えたり
自分を褒めるというようなことが
少なくなっているのが原因ではないでしょうか。
また日本人としてのアイデンティティである
大和魂というものも現代では忘れられてしまっています。

自分とは?

日本人とは?

というような状態で生きていることも
影響しているのではないでしょうか。
また日本人特有の謙虚さもあって
自分を卑下してしまっていることもあるかと思います。
謙虚さは美しいものですが
謙虚すぎると逆に生きづらさを感じてしまうものです。

真面目な人は自己評価が低い人?

自己評価が低いと何でも自分の責任だと思いがちになってしまいます。
理不尽なことをされていてもNo!と言えずに
問題を自分一人で抱え込んでしまうのです。

No!とはっきり言える人というのは
その人の性格というのもあるかもしれませんが
自己評価が高い人ほど、その傾向にあると思います。
だから、自分の性格がどうこうというよりも
自己評価が高いか低いかということで
大きく変わってくるものだと思います。

愛は真実でありそれ以外は幻想

私たちは多くの幻想の中で生きているといってもいいでしょう。
他人と比べるということも
他人が居なければ出来ないことです。
私たちがひとつだとしたら、何をどうやって比べるのでしょうか?

海の水をイメージしてみてください。
沢山の水滴がひとつになって溶け合っています。
そしてその形は変幻自在です。
私たちの信念もまた真っ新な状態から様々な形に変化して
今の自分という自己イメージが出来上がっています。
長い年月をかけて持ち続けている信念は
どんなものでしょうか?

自分は愛される資格がないという信念や
自分は豊かになれないという信念。
夢なんて叶う訳がないという信念など
現実は自分が思い描いた通りになっているものです。
思い通りにならないのは
そうした信念や低い自己評価があなたの邪魔をしているのです。
それらはすべて間違った思い込みによるものです。
もう必要のない信念はイメージの中で
溶かしてしまいましょう。
そして真っ新な自分に戻って
また新しい信念を思い描いてみましょう。
ワクワクする毎日を生きられる。
働かなくてもお金が入ってくるなど
子供のように好きなことを考えてみるのもいいかもしれません。

愛は両手で受け取るもの

片手に愛を

もう片方の手には幻想を

愛は両手で掴まないと手に入れられないものです。

だから幻想を手放した時

はじめて愛を選ぶことができます。

愛を選んだつもりでも

幻想を持ったままではどっちつかずになってしまいます。

右に行こうか左に行こうかと迷っていては

前に進むことができません。

自分が選んだ道に祝福があるように

愛の方へと光の方へと

大きな愛とともに進んで行けばいいだけです。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


12 thoughts on “他人と比べてしまう。自己評価が引き寄せる現実

  1. 長い年月をかけて持ち続けている信念、きっとあるのでしょうね。
    しかし、愛の方へと光の方へと大きな愛とともに進む
    そんな言葉に心が洗われるような気がします(^^)

    1. 弘美さん

      こうしなければならないという
      当たり前のようなことも
      これからは変えていったほうが
      新しい体験ができるかもしれませんね。

  2. 全部が出来る人というのはあまりいないので、気にすると皆劣等感の塊になりますね。愛の方向、優しい方向に舵を切れると良さそうです。

    1. 天大さん

      そうですね。
      人と比べてしまうとキリがないので
      愛の方向へと意識を向けていけば
      自分という存在を楽しめそうですね。

  3. >自分が選んだ道に祝福があるように

    これ良いですね
    色々考え悩んだすえ決めた道に幸あれですね
    両手で愛をつかめるよう頑張ります(笑)

  4. 愛は両手で掴むもの
    ほんとしっくりきますね
    迷いは幻想からなんですね
    両手でしか掴めないようなものをしっかり見つけて
    絶えず邁進してゆこうと思います☆彡

  5. 自己評価がわかりにくいのは
    幻想にいる自己をみてるからなのですね!φ(..)
    愛を両手で受け取って自分もスッキリわかって
    世界を楽しいものにしてゆこうと思います☆(^^)

    1. 美和子さん

      自己評価を下げてしまうような
      間違った信念を手放して
      明るい自分を生きて行きたいですね。

  6. 比べあう世界ってつまらないなぁと思ったら
    いち早く手放すことが楽に生きるコツかもしれませんね

    自分らしい素晴らしさに気付けたら
    他者の素晴らしさにも気付けるように思います

    比べるよりも認め合える世界のが生きやすいですね(^^)

    1. ミラクルさん

      そうですね。
      比べるよりも認め合えるようになると
      喧嘩もなくなると思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です