千里の道も一歩から 自分の一歩から未来を創る


千里の道も一歩から
千里の道も一歩から

何か大きな夢、目標を叶えようとする時に、よく引き合いに出される

「千里の道も一歩から」ということわざがありますね。

今回は、そちらについて書いてみたいと思います(^^)

その意味を改めて調べてみると     ~デジタル大辞泉より~

【遠い旅路も第一歩から始まる。

どんな大事業も手近なところから始まることのたとえ。

千里の道も一歩より起こる。】

 

ことわざの由来とは

そもそも、このことわざの由来はどこなのかなと思ったら

老子(中国春秋時代の思想家、前5世紀頃)の言葉からきているようです。

「合抱の木も毫末より生じ、九層の台も、累土より起こり、

千里の行も足下より始まる

(両手で抱えるほどの大木でも、毛先ほどの小さな芽から成長し、

九層にも及ぶ高台も、小さな土を重ねることから着手し、

千里の道のりも足下の一歩から始まる)」

なるほど、3つの例えの中のひとつだったのですね。

大木も小さな芽から成長しているし

高台も小さな土を重ねることから始まり

千里の道も足元の一歩から始まる。

どんなに大きなことと思えることも、

最初は小さなことから始まっているのですね。

 

千里の道って

その「千里の道」は、非常に長い道のりのたとえのようですが

実際に、千里ってどれぐらいの距離なのか興味深くて調べると

古代中国での一里は、約415mだったことから

千里だと、約415,000m(約415km)。

日本の東京大阪間が、約500km

東京名古屋間であれば約350km  とイメージすると

その中間ほどの距離が、古代中国における千里の距離感なのかな。

「長い道のりのたとえ」に納得の距離です(^^;

そして、大きなことに思えても、

小さなステップに分解し、少しずつ出来ることを積み重ねていくことで、

いつか大きな成果となる。

それは何においても言えることなのですよね。

 

いつも自分の足下から

「千里の行も足下より始まる」の言葉があったように

自分の足下であって、それは「今できること」でもありますね。

出来ないことを、あれが自分に出来れば良かったのに、、といくら考えていても、

全く進んではいきませんが、今出来ることもあるはずなので、

結局は出来ることを積み重ねるということ。

そして、大きな目標ばかり見て、こんな小さな歩みなんて

ほとんど進んでないと同じだ、と思っていると苦しいものですね。

その一歩を楽しむ、それができたらいいですよね。

歩みを楽しむのも、本当に叶えたい目的があることが第一でしょう。

そして、1人ぼっちだと思うよりも、大きな愛を感じながら、

そして同じ目的を持つ仲間とともに、というのもいいですね。

楽しんでいる状態は、心地よいエネルギーを発している気がします。

そして、楽しみながら物事を形にすることができそうです。

あなたの夢 みんなの夢

輝く世界の為に、出来ることから始めてみませんか?

ぜひ、こちらのページもご覧くださいね☆

ひとつの世界を創っちゃおう!


弘美 について

世界をひとつにする活動に参加しています。 誰もが愛であり、素晴らしい存在であることを実感しながら、楽しく広げていきたいです☆ よろしくお願いします。

12 thoughts on “千里の道も一歩から 自分の一歩から未来を創る

  1. 本当に一歩が肝心ですよね。ゼロはゼロのままだけど1は重なればたくさんになりますね。

    1. 天大さん☆

      本当に、一歩が肝心なのですね(^^)
      ゼロと1の差は、大きな違いとなって現れてくるのでしょうね。

    1. TORUさん☆

      そうですね、リンク先のHPから
      一歩踏み出せる、行動できることから始めてもらえると嬉しいですね(^^)

  2. >どんなに大きなことと思えることも、最初は小さなことから始まっているのですね。

    小さなことからコツコツと
    というものを思い出しました
    大変と思わず済むように 同じ目的をもつものと楽しく行くことが出来れば良いですね

    1. みのるさん☆

      小さなことをコツコツと、大切ですね☆
      そしてできれば楽しく、目的を同じくして共に歩めたらいいですよね(^^)

  3. 千里の距離が具体的にイメージすることができ
    楽しく読ませて頂きました☆彡
    長い道でも楽しめる一歩が貴重で歩める自体が喜びとなるような
    そんな千里を知って歩みだす そこから本来の人生が開始される
    そんなイメージが浮かびます!(*^▽^*)

    1. あやこさん☆

      千里の距離を具体的にイメージすると、このことわざもより身近に感じたりしました(^^)
      歩めること自体が喜びとなるような、そんな人生は素晴らしいですね☆

  4. 輝く世界に向けて一歩を楽しむと
    進んでる喜び体験から愛の中で
    新たな創造の一歩が心地よく確実にできそうですね☆(*^^*)

    1. 美和子さん☆

      自らの喜びの一歩が大切な創造となっているのですね☆
      愛の中で進んでいきたいものだなと感じます(^^)

  5. どこに向かって最初の一歩を踏み出すか
    それが大事ですよね
    本当に叶えたい目的があるからこそ
    大きな愛がいいなと私も思います☺

    1. ミラクルさん☆

      本当に叶えたい目的に向かって踏み出す一歩(^^)
      そこから力強く始まっていきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です