シミュレーション 社会を世界を「愛の世界」を創る


シミュレーション
「ひとつの世界」「愛の世界」「悟りの世界」への道

このままバラバラで良いわけない 科学的に確実に創るシミュレーション 緻密な世界を創る そして科学の世界も精神世界も「ひとつ」に向かっている

このままバラバラで良いわけない

「ひとつの世界」をシミュレーションしたいと思う。

何故か? 世界はこれまでひとつになれずバラバラであるから。

シミュレーションとは

何らかのシステムの挙動を、それとほぼ同じ法則に支配される他のシステムやコンピュータなどによって模擬すること。
「模擬実験」や「模擬訓練」という意味もある。

シミュレーションは、対象となるシステムで働いている法則を推定・抽出し、それを真似るようにして組み込んだモデル、模型、コンピュータプログラムなどを用いて行われる。

現実のシステムを動かしてその挙動や結果を確かめることが困難、不可能、または危険である場合にシミュレーションが用いられる。(ウィキペディアより)

ということでシミュレーションが如何に大事なことかが分かると思う。

このままバラバラで良いわけないのだからシステムを良くしたり一緒に考えましょう。

押しつけたりはしませんので一緒にシミュレーションしましょう。

科学的に宇宙をパッと確実に創る

その気になれば誰にも出来ることなのだが、誰も始めようしないのも同然の状態なのだ。

何故にこのままなのだろうか。

それは、最初から諦めているからかも知れない。

そこで、諦めなくても良い情報をひとつお伝えしたい。

それは、この世を宇宙を創ったひと(者)がいるということです。

人ではありません。ひとです(笑) 人は作られたひと(人)です。

宇宙は物質は、ただ自然に出来ることは絶対あり得ません。

試しに材料を提供しますので作って見て下さい。

次にビッグバンを大きなパワーで回転させながら爆発させて見て下さい。

それから細胞やDNAを作って見て下さい。その材料も作って見て下さい。

難しそうですね。

でもあるひとは実現させました。

科学的に宇宙をパッと確実に シミュレーションを超え実現させました。

緻密な世界を創れる

目的を持って実現させましたので、ぶれてはいけません。ぶれていません。

崩壊してしまいますからね。

そして、人も動物も虫も色々創りました。

そして自由も与えられ 好き勝手に人は動物は生きています。
せめて人間ぐらいは秩序正しく生きて欲しいものです。

しかし、自由を満喫したいが為に 大昔に食べてはいけないリンゴを食べてしまいました。

しかし、そこから始まった悲惨な歴史はご存じの通りです。

シミュレーションを超える。善悪の世界を終わらせられる時がタイミングが来ました。システム的にこのタイミングはなかなか来ません。

6000年に1回くらいのタイミングです。(摂理ともいいます)

試しに真理をシミュレーションして見て下さい。(難しいでしょ)

その内分かるようになりますが、先へ進ませて戴きます。
時を失してしまってからでは遅いので。

現在、分かり易くいうとスマホの通信スピードが3G 4G 5G 6G とスピードが加速しています。TV画面もアナログからデジタルへ 4K 8Kへの発展具合を見せています。

半導体技術も原始から量子に量子コンピュータに。飛躍を超えています(笑)

あるひとのシミュレーション通りかも知れません。
緻密な世界を創れる。DNAの更にDNAの細部までシミュレーションして創られています。

人には到底真似が出来ません。もちろん自然環境が作ったと科学者はいいはりますが、たかが40億年で細部まで出来ません。40兆年でも出来ません。

科学の世界も精神世界も「ひとつ」に

そんな議論より、バラバラの世界がひとつの世界へと 変化する様子を本当のシミュレーションをして見ませんか。

人間として生まれ 学校というシステムで苦しかったり楽しかったりを体験し社会へ出て生活している状況というところで満足しているが、何かが足りない。

自由はあるが何かが足りない。

そうです。こんなバラバラの儘では良くないと想うでしょう。

精神世界が豊かになるにはバラバラの世界を観ていては豊かになりません。

リンゴを食べてしまってバラバラになったシミュレーションを終わりにするには「行動」あるのみです。行動さえすれば良いのです。

後はあのひとが「人の行動」を見て仕上げます。
(変なことをいうとるとお想いでしょうが 宇宙を創れるひとならバラバラをひとつにすることは超簡単なんです これがここがこの記事の肝(きも) 心の臓 中心 始まりであって終わり 完成 完結する 救いの詔(みことのり)です)

「ひとつの世界」を創る 「行動」のシミュレーション。

「ひとつの世界」「愛の世界」「悟りの世界」への道はビッグバンの前から用意されています。(あの世はこの世を創る根拠地ですから科学のインスピレーションを降ろします。音楽 小説等のインスピレーションの根拠地です)

「ひとつの世界」を創る。
ただ、想像も出来なかった。選択もして来なかった。その時機ではなかった。時では無かった。

しかし、科学の世界も精神世界も「ひとつ」に向かっています。

世界情勢も生みの苦しみの状況ですが、それも整えられます。

それが「ひとつの世界」の夢のような状況です。

行動しなければ何も起こりません。

賛同者を募っています。

詳しくはHPで語ります。

 

ひとつの世界を創っちゃおう!

 


みのる について

HP 「SP世界をひとつに」をスタッフと共に運営しております。 ひとつに還る運動を続けています。 みなさんもどうぞご一緒に! 魂が喜ぶ、魂の為の活動です。

8 thoughts on “シミュレーション 社会を世界を「愛の世界」を創る

  1. バラバラな世界のシミュレーションはよくある話ですが
    そういえばひとつの世界のシミュレーションはなかなか見かけないですね(笑)

    だからひとつの世界のモデルが必要なのかなとふと感じました
    本当に未来を思うなら、そちらにシフトしたほうが良さそうですね(*^^)

    1. >だからひとつの世界のモデルが必要なのかなとふと感じました
      本当に未来を思うなら、そちらにシフトしたほうが良さそうですね(*^^)

      そうですね。
      愛の世界の高見から深みから広大さから繊細さからシミュレーションして戴きこちらに来て頂ければご理解が深まると想います。

  2. 人間だけでは無理と気づいた賢明な人は、その先へ行動あるのみという事ですね。

    1. >人間だけでは無理と気づいた賢明な人は、その先へ行動あるのみという事ですね。

      そうですね。
      孫悟空がどれだけ粋がっても、 所詮は釈迦の手のひらの上で踊るだけということが思い出されますがそれに似てますね。
      賢明にひとつへ行動ですね。

  3. >何故にこのままなのだろうか。
    >それは、最初から諦めているからかも知れない。

    1人1人が、この世界を素晴らしいものに創っていけるとは、なかなか思えないというのはあるのでしょうね。
    でもこちらの記事を読みながら、素晴らしい未来を想い、そこに向けて行動し創造していけると思えたら希望が広がりますね。

    1. 気付けば、人は利口で賢いのですぐ研究し吟味し納得し、行動を始めるでしょうね。その時こちらのHPへのリンクを辿ってほしいです。

  4. なんだかワクワクするようなお話ですね(^^)
    ひとつという愛のシミレーションにトライする
    そんな時機が今 やった~ その波に乗って.。o○

    1. シミュレーションすると誰にも分かるようになり親しみが湧けば参加したいと思う人も増えるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です