悟りの意味、哲学と宇宙の真実について


悟り
画像をクリックすると気軽に悟りを体験できるチャットをご案内します。

悟りや哲学の意味について、考えてみます。まず、私たちは存在します。これは間違いないと考えていいでしょう。次に、私たちは認識します。 見たり、聞いたりするということです。さらに、神が存在するか否か?という疑問があります。神とは宗教というより、普遍的な何かです。 言い換えると、この宇宙に意志や意味があるのか? ということになります。

神が存在しなければ、私たちは意味のない物体であって、心や愛も脳が創りだした幻影であることになります。

脳がコンピューターのようなものだとします。 よくできたコンピューターやロボットは、一見、心を持っているように見えます。 しかし、彼らは、決して私たちのように、自分を分かっている訳ではありません。 心も感情もなく、自分が何者かもわかっていません。そうであるように、反応する人形です。

人はなぜ違うのでしょうか。 なぜ、自己を認識できるのでしょうか?それは、単なる物体以上の存在だからだと思います。心は、脳の産物ではなく、その前から存在するということです。(思考や感情など、脳のレベルで生み出されるものと、もっと根源的なものがあります)

神が無いとすれば、さとりはすべてが無意味だと分かることになってしまいます。神があるとすれば、さとりは真実を見出すことになります。

愛や命という真実は、 見よう、感じようとしたときに初めてわかるようになります。

よく、「見えないから存在しない」と言います。 しかし、「選択したものが見える」というのが真実です。 宇宙の真実(愛)というのは選択すれば見えてきます。

これが、瞑想の基本でもあります。

興味がある方は下記をどうぞ。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


5 thoughts on “悟りの意味、哲学と宇宙の真実について

  1. >よく、「見えないから存在しない」と言います。 しかし、「選択したものが見  える」というのが真実です。
    > 宇宙の真実(愛)というのは選択すれば見えてきます。
    >これが、瞑想の基本でもあります。

    なるほどな~!と思いました☆彡
    瞑想や愛というものが難しいものでなく身近に感じ
    本当に楽しい人生に繋がるようで嬉しくなしました(*^^*)

  2. 悟りを大いなる愛(源)との一体感としたら、
    まずは前提として、“自己”という認識も必要だし、そしてさらに、
    愛を選ぶ(自らとひとつとして体験しようとする)ということなのかな。
    興味深いお話をありがとうございます♪

  3. 言い換えれば、目に見えるものは、目に見えないものの顕れという感じがしますね。悟りやひとつの世界というのも、そんな風に見えてきそうな気がします(^-^)

  4. 美和子さん

    >瞑想や愛というものが難しいものでなく身近に感じ

    これが一番大切なことですね(^^)

    弘美さん

    コメントに宇宙創造の秘密のすべてが
    つまってますね(笑)

    TORUさん

    そう思って世の中を眺めてみると面白いですね。
    また、目に見えない心の部分を少し変えると、
    案外簡単に体験できそうですね。

  5. 実に興味深い記事ですね。
    コンピューターと人との違いを語っていて、面白いです。

    神ですらも、人の選択で見えなくなる。
    逆に真剣に見ようとすれば、見えてくる。
    「確かに人は自分が選択しているものを見ているんだな」とこの記事を読んで思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です