いいとこどり ベストな選びで元気に動く


いいとこどりで開く冬のお花☆

ここでのいいとこどりとはベスト(最善)な方法を選べる事で楽しく行動できるコツをまとめました。

愛の直観が いいとこどりの源

今回の記事は

いいとこどりを楽しみイメージ通り目的が実現できた体験を書いています。

私は現在、母の在宅介護(要介護5)をしていますが

2020年4月、母が緊急入院となり

コロナ禍で患者の家族も面会禁止だった入院5日目に

お医者さん2名と面談がありました。

母のCT画像や薬投与、検査数値の説明をうけ

「何があってもおかしくない(悪い)状態です。」

と主治医さんから10回位  宣告されました。

入院当初は、すぐに退院できるお話だったので

急な悪化のお話に驚きました。

この面談の前に通った病室廊下から

ぐったり横たわる母の背中をちらっと(数秒)見る事ができました。

その時、母の心の声をこう感じたのです。

「ねえ~ 私はただ 生きたいんよ~ 」

母の意志は 素直で美しい

直観で心に届いたのです☆彡

その一方、面談では延命措置をどうするかの話が進んでいた。

私はこの直観を即、行動に移す事にしました。

「母は食べるのが好きで体力あるので今は栄養を入れてほしい。」

とリクエスト。

入院後(薬投与の為)絶食していた事が気にかかかっていたのです。

普通の生活で母が喜ぶ事を提供したら元気に回復できる!

と理屈抜きで確信していた。

今は普通の生活に少しでも近づくようにすればいいはず。

お医者さん達は、これまでの話の真逆な流れになる私の要求に

呆れた顔をされたのですが

すぐに栄養の点滴をしてくれました(^^)

いいとこどり→愛の中でどんどん選べる

母は元気に回復できる!この目的実現の為

いいとこどり(本来の選び)への観察・調査をスタート。

この時、母の容態が悪くなるイメージは一切なく

まるでお笑い芸人のように

母が笑顔になるネタ探しをしていました(^^)

母との面会が1日10分までの特別許可がおりた病室へ毎日通い

点滴中で眠そうな時も

人工呼吸器で母の声が聞き取れなくても

手を繋ぐと必ず握り返していたので

母が笑いそうな話をしたり好きな曲を歌いました。

やがて

もうろうとしていた母の笑顔がだんだん増えてゆき

「早く家に帰りたいよ~」とはっきり訴えるようになりました。

また入院期間に、病院から母が喜び心地よくなる為の新たな学びがあり

退院後の在宅介護に向けて、 いいとこどりの機会を沢山得ていました(^^)

2ヵ月が過ぎて退院となり

主治医さんから

「在宅介護は大変!無理でしょう?一旦 退院後も すぐここに通院でしょう。」

と言われたのですが

愛と笑いを柱に生活したら元気になる

と またまた理屈抜きで(^^ゞ確信していた私は

笑顔で母と帰宅しました。

それから2022年1月 現在

お薬の量は半分以下になり 通院は全くなく

近所の主治医さん訪問も毎月2回から1回に減りました。

母は元気な笑顔で命を確かめるように

おしゃべりを沢山しています(^O^)

いいとこどりで新たに行動する体験は

母がどんどん元気になるので

私もすぐに疲労回復して元気に楽しく動けました(^^)

 

命は尊く美しい。

明るい未来を信じピュアで楽しく穏やかに

あなたが喜べる本来のベストな選択(いいとこどり)をしながら

愛を体験し続けると

本当に楽しい未来が現実へ創造できる!

その素晴らしい真実を学んだのは  大きな愛(源) からです。

大きな愛の中で あなたしかできない

いいとこどり(本来の選び)を楽しみながら

平和で愛に満ちた世界を創造する道があります。

興味のある方は、こちらからどうぞ

ひとつの世界を創っちゃおう!


美和子 について

【SP世界をひとつに】のスタッフとしての活動を通して 源の笑いから楽しい未来を創造しています☆ みなさまのご訪問を笑顔でお待ちしています(^^)

12 thoughts on “いいとこどり ベストな選びで元気に動く

  1. 美和子さんは身近にいらっしゃるお母さまを通して
    愛の選択 愛の体験をされているのを感じられ
    温かさが伝わってきます☆
    いいとこどりって つまり愛をとることなのですね(*^_^*)
    言葉を1つ合点できました(^^)

    1. あやこさん  

      合点していただき ありがとうございます(*^^*)
      愛からのいいとこどりは
      シンプルに喜び合えるものだから
      心躍る世界を楽しめますね♪(^^)

  2. ステキな話ですね。医療や介護というのは悪いところを何とかするという視点で、どうやったら責められないかという感じになりがちなんですよね。サービスを受ける側も自分が主体になれないというか。喜べる形の実例がたくさん出てくると世の中変わりそうですね。

    1. 天大さん

      >喜べる形の実例がたくさん出てくると世の中変わりそうですね。

      ほんと そうですね☆
      医療や介護は、どの立場も
      とてもシンプルに柔らかく喜びを感じとれたら
      本来に気づく楽しい現場になるのかなと思います(*^^*)

  3. >愛と笑いを柱に生活したら元気になる

    本当にそうなんだなと、実感できるお話をありがとうございます☆
    心で感じられたことを疑うことなく、愛とともに動かれる姿に、とても心があたたかくなりました(^^)

    1. 弘美さん

      こちらこそ、あたたかなコメントをありがとうございます(^^)

      命は愛だから愛とともに動ける道を調え本来へ進むと
      不安が消え笑顔で元気に動けるようです(*^^*)

    1. ミラクルさん

      素直で一生懸命な姿ってハートに響きますね♡(^^)
      私も ひとつを感じ素直に笑うときを
      どんどん楽しみたいと思います(*^^*)

  4. 介護しながらも「世界をひとつ」したいという意思は大変な努力を必要としますね この記事を参考にする 今 現在介護に四苦八苦している方々の参考になることを祈ります そしてこちらのHPで益々介護とSPが旨く行きますように!

  5. みのるさん

    元気になるコメントをいただき嬉しいです☆ありがとうございます(^^)
    SPの活動を続ける事で本来の世界を学び
    大きな愛から これが正解(ひとつ)が穏やかにわかるのだと思います☆彡
    HPにある道の中で(*^^*)

  6. 自分の直観に従っていいとこどりすると
    本当に求めている現実を創造できるんですね。
    勉強になります。

    1. TORUさん

      命輝く直観は自然に愛へと動けていたのかもです☆彡
      本来を信じた素朴な いいとこどりは
      穏やかな時を経て愛を楽しめる創造になるのだと思います♪(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。