不撓不屈の意味 心に大きな愛という軸を持とう


不撓不屈
大地に根を張り、日の光を浴びているから強く生きられます。

不撓不屈という言葉の意味は、強い意志で、困難や逆境に挫けない様の事です。不撓不屈。カッコイイですね。スポーツ選手で、怪我に負けず、苦境を乗り越えた人はたくさんいます。

どんな苦難にあっても諦めない。そんな風でありたいものです。

でも、途中で嫌になったり、泣き言を言ったりしてもいいんです。最後に立っていれば自分に負けなかった事になります。起き上がりこぼしのようなものです。

強い心を持つには、自分の中に信念が必要です。

夢や守りたいものなど、確かなものがあるから強く生きられます。そういったものが何も無いと、困難に直面した時、すぐに挫けてしまいますね。でも、大丈夫です。

大きな愛に繋がろう

「自分は何のために生きているのか?」この質問にすぐ答えられる人は、不撓不屈の精神で生きられる人です。日々をなんとなく生きているという人も多いでしょう。

この世界は、みんな、愛によって存在しています。生れてきた理由があります。

大きな愛に繋がると、自分の存在理由を分かるようになります。愛の為に生きる人生になります。もはや諦めようと思っても、諦められません。

最初から強い人もいますが、夢を諦めなかった結果、泣き虫でもどんどん鍛えられていつの間にか強い自分になっているものです。

夢なんか忘れてしまったという人。大きな愛に繋がり、自分が世界の役に立てるとしたらいかがですか。

興味のある方は下記をどうぞ。

ひとつの世界を創っちゃおう!

 


10 thoughts on “不撓不屈の意味 心に大きな愛という軸を持とう

  1. >愛の為に生きる人生になります。
    >もはや諦めようと思っても、諦められません。

    諦めようと思っても諦められないというのが、核心をついている気がしますね。
    不撓不屈の精神、誰もが持てるものかもしれませんね☆

    1. 弘美さん

      ふわっとした夢ではなく、本当の夢は命そのものなんですよね。誰でも求めれば与えられる気がします。

  2. >確かなものがあるから強く生きられる
    シンプルで分かりやすいです★
    でも意外と難しいようですね
    そんな時はまっすぐな気持ちで進んでみると
    すぐに分かるのが今の時代なのですね(^^)☆彡
    素的な記事をありがとうございます。

    1. あやこさん

      何でも自分の力だけでやろうとするから難しいのかもしれません。そんな時、素直に大きな愛を信じられるといいのでしょうね(^^)

  3. >大きな愛に繋がると、自分の存在理由を分かるようになります。愛の為に生きる人生になります。

    中心がコマの中心が 愛のように軸がしっかりしていると不撓不屈になって行けそうです

    1. みのるさん

      軸がズレてたらうまくいかないですよね。世の中シンプルですね(^^)

  4. >最後に立っていれば自分に負けなかった事になります。

    これすごくいい言葉ですね( ^^)
    挑戦多き人生ほど 苦境や困難はつきものですが
    苦境を乗り越えた人ほど周りを勇気づけている気がします

    1. ミラクルさん

      >苦境を乗り越えた人ほど周りを勇気づけている気がします

      確かにそうですね。体験せずに語る人の言葉は軽く、体験した人は語らずとも説得力がありますね。

  5. 困難な状況になった時こそ磨かれる感じがしますね。
    調子のいい時も悪い時も
    目的が分かっていると愛に繋がって行けそうです。

    1. TORUさん

      人は見ている方向に進むのですね。キツイ時ほど実はプラスになっていたりするのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です