自己中に振り回されず楽に付き合えるようになる究極のコツ


automn-sunset
自己中(ジコチュー)はかつての「新語・流行語大賞」候補。様々な「ジコ虫」がCMで紹介されました。笑いは愛を思い出させてくれます♪

自己中(ジコチュー)だね、と言われて喜ぶ人って、そう多くないと思います。
自分が自己中なのも嫌ですが、自己中な人と付き合うのも苦労しますね。
自己中心的な人に振り回される人生はそろそろ終わりにして、笑い合える人生にシフトチェンジしませんか?

自己中心的な人にイライラしたり、怒ったり、我慢したり、気を遣ったりして振り回される人生。

そんな実りのない人生はそろそろ終わりにして、自己中心的な人と上手に付き合い楽しめる人生にしませんか?

「悪いのは自己中心的な人なのに、どうして自分が上手に付き合えるようにならなくちゃいけないの?」

そう思うかもしれませんが、自己中心的な言動で嫌な思いをしているのは、自己中な人ではなく、自分です。

自己中な人は、あなたや周りの人が嫌な思いをしていようがいまいが、全く意に介していません。

それゆえに自己中とされているのです。

そんな人を変えようとするのは至難の業。

それよりも、「どうにかしたい」「変えたい」と思っている自分が変わる方が、よほど楽です。

自己中心的な人とはなるべく関わりたくないものですが、人生そうはいってられません。

一人をかわしても、また次がやってきます。(笑)

自己中心的な人はどこにでもいます。

かくいう私も自己中です。

自分自身を、つくづく自己中心的な人間だと思います。

でも、実はそれでこそ人間なのだと悟りました。

これは、自分を正当化するための屁理屈ではありません(笑)

人は、相手の気持ちを想像したり察したりすることはできても、相手と同じになることはできないということを身に染みて分かったのです。

「私がこう言ったらあの人は怒るだろうな」

そんなふうに、あなたが相手の気持ちを想像して(察して)発言を控えたとしても、

もしかすると、相手はあなたが胸にしまったその言葉を聞きたかったかもしれません。

自分の想像や思考は、あくまでも自分を主体として起こる ものです。

人間はもともと自己中心的なんです。

とはいえ、自己中心的であるというだけでは、お互いに笑い合い、楽しく付き合えるようにはなれません。

どれだけ相手を思っても、相手と全く同じにはなれない。

相手だって同じように、自分と全く同じはなれない。

それでも。

私たちは互いを思い合う  を持ち合わせています。

そして、私たちが笑い合うとき

この  で 「ある共通のもの」 を感じています。

それは      愛      です.。o○

心は愛を感じ、愛を表現し、愛をわかるためのセンサーです。

「心に響いた。ジーンときた。」という感動体験は、心が愛を受け止った証拠です。

自然に癒されるのは、愛の形を表現している自然から愛を思い出すからです。

そして、愛を受け取ったお礼として表現される自然なポーズが 笑い (^^) になります♪

愛は すべての中心にあるものです。

もちろん、自分の中心も 愛 です。

本当の意味での自己中(自分の中心)とは、愛なんですね。

共通して感じ合える愛を自分の中心にせず、バラバラの個ばかりに目を向けてそれを正しいと思い込んでいると、いつまでも「本来の自己中」を楽しめない、おもしろくない世界が続きます。

私たちは目に見える個体としては一人ひとりバラバラのようですが、目に見えない心・愛で繋がっている共同体です。

愛を中心に据えて考え、動いていくことで、自己中と楽しく付き合い、笑い合えるようになります。

それは、愛という中心へと向かい、愛とひとつになってゆく流れです。

言い換えれば、自己中を究(きわ)めるということでもあります。

自己中に振り回されず楽しく付き合うには、愛という中心へと入っていくこと。

それが究極のコツです(^^)

愛をもっと分かりたい人、愛の流れに乗りたい人には、こちらがおすすめです(^^)

SP世界をひとつに http://hitotsu3.jp/ 

 


聖弥 について

歌う喜びを、ひとつの音楽を、より多くの方と体験したいという願いとともに、聖楽教室(せいがくミュージック)を主宰しております♪

自己中に振り回されず楽に付き合えるようになる究極のコツ」への13件のフィードバック

    1. * みのるさん *
      > ストレスが悪いんだ。(笑)

      (笑)
      こうやって笑えることが、自分の中心(愛)とひとつになって表現する、究極の自己中☆彡 バッチリですね(*^。^*)

  1. 他人の事は置いておいて
    まずは自分が本当の意味での自己中を思い出す
    そうすればきっと周りの他人の自己中がいいんだを楽しめるのでしょうね(^^)

    TC お疲れ様でした(^^)/ 来春、新しくなるHP
    源とわたしの関係をしっかり結んで進めてみようと
    また思える悦びにワクワクです(^^)v

    1. * あやこさん *

      11月のTC、お疲れさまでした☆ 新HPも楽しみにしながら、「源との関係をしっかり結んで」をアドバイスとして進めたいと思いました(^^)

      記事へのコメントも、言いたいことをスッキリとまとめていただいた感じで、ありがとうございます☆彡

      「まずは自分が本当の意味での自己中を思い出す」
      自己中を思い出して、そこに集中して(究めて)ゆくと、愛という楽しさが分かるようになるから、周りの自己中が愛らしく感じられるようになりますね♪

  2. 自分が愛の中心になれば、
    良い流れとなって周囲の人を巻き込んで行けるようになりますね(笑)
    そんな自己中になりたいです( ̄▽ ̄)

    1. * TORUさん *

      真の自己中は、愛を中心にした流れを創る人だよな~、と思いながら書いたので、汲み取っていただけて嬉しいです☆

      私から見ればTORUさんもそんな愛なる自己中ですよ(^^)

  3. >どれだけ相手を思っても、相手と全く同じにはなれない。
    >相手だって同じように、自分と全く同じはなれない。

    そうだなぁと思いますね。
    そこで相手ばかりを見て、何とかしようと苦しんでしまうよりも、
    自分の中心の愛に入っていくのが良いのかもしれないですね^^。
    そうやって愛を楽しめる自分でいたら、いい関係が築けるのかも。

    1. * 弘美さん *

      「相手ばかりを見て」 私もまさにそこで苦しんでいたのですが、よくよく考えると、他人のことを自己中だとみなす自分の考え方がそもそも自己中だよな、と気づきまして(^^ゞ
      11月のTCで弘美さんがお話しされた内容にも繋がりますが、自分の中心である愛に没頭する(集中する)と、周りのあれこれが気にならなくなるし、続けていくと、愛(源)とひとつになって笑える(愛せる)ようになるんですよね。
      やっぱり「愛を楽しむ」 これに尽きますね(*^^)v

  4. 笑い愛が出来る「人」ってほんといいなぁ~と
    感じ楽しくなりながら記事を拝見しました♪(^o^)
    愛を表現して愛を受け、喜び合う世界が
    シンプルに明るくイメージできて嬉しいです(*^^*)

    1. * 美和子さん *
      > 笑い愛が出来る「人」ってほんといいなぁ~
      ほんとそうですよね(^^) 
      人が愛の中心へと向きを正せば、「愛を表現して愛を受け、喜び合う世界」が形になると思うと、また力が湧いてきました☆彡

  5. 元気をもらえたし、何か応援記事みたいな感じで読みました!(笑)

    自分が変わる方がよほど楽!や
    一人を交わしても、また次がやって来ます!
    そうそう。と思いました。最近は、子供の事で悩んだり、心配しすぎて、胃が痛かったです。

    月日が流れて免疫が出来たのか、また愛の自己中が一番だと実感しています。自分を信じて、愛して、愛の波動を忘れないように。
    年末にむけて何かと忙しいと思いますが、体は大切にして下さいね。今回は、本当にしんどかったです。

    皆さんのblogやコメントで、繋がっていられる事に心から感謝しています(*^^*)

    1. * みさこさん *

      はい、自己中に振り回されて悩んでいる人を応援する気持ちで書きました。みさこさん、大正解!(笑)
      しんどい状態から抜け出られたようで良かったですね☆
      目の前のことを解決しようとして、「どうすればいい?」とか「なんとかしなきゃ!」と精一杯かんがえるけれど、どうにもならなくて悩んだり落ち込んだりすることって、ありますね。
      でも、問題をいったん源の愛に委ねて自ら愛(自己中)に向かう選択をすると、再び愛が流れ(働き)始めて、愛らしい結果にまあるく収まるんですね(^^)
      みさこさんが娘さんを愛する思い。娘さんがみさこさんを愛する思い。わたしたち一人ひとりの愛なる思い。
      それが時(愛)の流れに乗って、愛する相手にちゃんと届いて笑い合えるような、本来の流れが世界に満ちたら幸せだな~、って思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です