探求心 ワクワクする人生を創造する為に


探求心
自然は人の探求心を育てる

歴史に残るような偉大な人物を見ると探求心が旺盛な方が多いですね。
例えば、トーマス・エジソンは学校の先生に
どうして1+1=2になるのか?
1個の粘土と1個の粘土を合わせると
大きな1個の粘土になるではないかと先生を困らせていました。

お釈迦様も世の中にある生と死や老いや病。
それらの苦しみがどうしてあるのかという
この世の真実や真理を深く探求したいと思ったのではないでしょうか?

普通の人であれば、そんなことは当たり前だと言って
深く探求しないようなことを探求した結果、
偉大な人物になれたのでしょう。

探求心はワクワクする

この世界は無限に探求できてしまうほど
色々なものがありますね。
宇宙を探求するくらいにまでなると
人の一生ではとても探求しきれないことでしょう。
ところで、探求という字は探し求めると書きます。
探求心とは何かを探し求める人の心そのものなのでしょう。
そこに一体何があるのか分からないという
ワクワクした気持ちが探求心の本質なのかもしれません。
そう考えると、お釈迦様が苦行からは悟れないと言った
話にも通ずるものがありますね。

宇宙の真理を探求

ひとつになろうという言葉をネットで検索すると
色々なものが出てくるようになりました。
北海道日本ハムファイターズの試合前に唄う
「ひとつになろう」~勝利のために~
この歌詞の中にあるフレーズがこちらです。

選手もファンも チームなんだ!
ひとつのチームなんだ!

一体感を感じられるいい言葉ですね。
私たちは誰もがこの一体感を感じてきていると思います。
個人という分離した感覚では一体感は感じられませんが
そこに家族が居ればひとつの家庭です。
先程紹介した歌詞の中で言えば
ひとつのチームが家族ということになりますね。
更にその家庭がチームとして拡大していけば
ひとつの国、ひとつの世界へと拡大していくことになります。
しかし、現在の私たちはそのチームがばらばらになっている
というような感じではないでしょうか?
誰もが家庭というところから人生が始まっています。
ひとつの日本というチームから見れば
どの家庭も日本というひとつのチームです。

地球という星から見ればどの国も
ひとつの地球です。

更に更に拡大してゆくと
あらゆるものはひとつの宇宙という
たったひとつの愛に辿り着いてしまいます。
それを神と呼んだり命と呼んだり
様々な表現で現わすことができるでしょう。

個人という分離感から宇宙をも含めた
あらゆるものはひとつであるという一体感を感じるには
私たちがひとつのチームになることで達成されます。
その方法を提供しているのが
こちらのブログで紹介しているHPになります。
私たちがひとつのチームになる為には
その根源であるひとつの愛が分からなければなりません。
家族との一体感や他者との一体感も
あらゆるものがひとつであるから感じられるものです。
根源的なひとつを分かることで
私たちはひとつであることが
より分かり易く感じられるようになるでしょう。

本来の一体感を感じて
ワクワクする人生を探求してみたい方はこちらへ

ひとつの世界を創っちゃおう!


7 thoughts on “探求心 ワクワクする人生を創造する為に

  1. 争いの原因って、チームの範囲が狭いから起こるのですよね。全部がチームだったら世界はひとつですね(^^)

    1. 天大さん

      なるほど、そうですね。
      それぞれのチームに分かれていると
      お互いに争ってしまいますが
      チームがひとつだったらお互いに励まし合うだけですね(^^)b

  2. ひとつのチーム、いい言葉ですね(^^)
    みんながひとつのチームであることを体験して表現できたら
    豊かな世界だなと思います☆

  3. >「選手もファンも チームなんだ! ひとつのチームなんだ!」

    そういえば日本ハムは超新人ばかりが入る処みたいで、この精神がくじ引きにさえ影響し「ひとつの力」を発揮しているみたいな。

    1. みのるさん

      「ひとつ」というキーワードを使うと
      素敵な力が引き寄せられるのでしょうね(*^^*)

  4. >1個の粘土と1個の粘土を合わせると
    >大きな1個の粘土になるではないか
    探求する心 素晴らしいですよね☆
    気になる事 感じる事 きっと理屈ではない
    本当の光の道がそこには用意されている
    人類は素直な探求心を育むチャンスに来ているのだと
    ひとつ というフレーズで感じています(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です