セルフイメージ 自分らしい愛としての表現とは


美しさを表しながら
美しさを表しながら

セルフイメージとは
「自分について、抱いているイメージ」のことを指し示しているようです。

自分のことをどんな人間だと思っているか。

自分のセルフイメージが今後自分に関係する様々な分野や人生全般で

影響を及ぼしてくる。

それは何となく分かる気がします。

『人は考えたとおりの人間になる』といいますもんね。

 

その自分の中のセルフイメージと周りの人が思っているイメージと

かけ離れてる場合もありそうですね。

そのセルフイメージは、子どもの頃から重ねた経験や

それに対して周りから何気なく言われた言葉などを思い込みとして

大人になっても大事に持っている場合もあることでしょう。

そんなセルフイメージを元として、日々「自分らしい」選択をしていくので

自分が信じた通りの人間を表現し続けることにもなりそうです。

 

本来の自分(愛)というイメージの中で

1人1人、得意不得意はあるのでしょうし

またそれぞれの楽しいことは役割にも繋がっているのでしょう。

どんな風に、どんな形で、自分を生かせるのかという視点を持てるのは

楽しいことだと思います。

だから、自分を個として見た時に、セルフイメージはあるかと思いますが

また同時に大きな意味での本来の自分(愛)というセルフイメージも

抱けるといいのかもしれません。

全てはひとつである、というその中に。

 

そうするとより自分の中にある持って生まれた楽しめる種のようなものを

育みやすくなると思います。

誰もが素晴らしいものを持っていて、そしてそれを発揮できることが

また楽しい世界に繋がっていく。

そんな意識で自分を大切に育み

セルフイメージも大きな中で捉えていけたら楽しそうです。

本来の自分と出会う道☆

それは新たな発見もありそうですね。

詳しくはこちらのページもぜひご覧くださいね(^^)

ひとつの世界を創っちゃおう!


弘美 について

世界をひとつにする活動に参加しています。 誰もが愛であり、素晴らしい存在であることを実感しながら、楽しく広げていきたいです☆ よろしくお願いします。

8 thoughts on “セルフイメージ 自分らしい愛としての表現とは

  1. 自分の中にあるセルフイメージが良くも悪くも
    現実を体験している感じがしますね。
    本来の愛をイメージすることで
    本当の自分を思い出だせるといいですね。

    1. TORUさん☆

      セルフイメージは現実創造に関わってきているのでしょうね。
      本来の愛をイメージし、本来の自分を思い出すこと。
      大切にしてみたいですね(^^)

  2. 自分についてよくは見ていなかったようで新鮮ですね。
    高尚なところから自分を見つめるのは良い方法ですね。
    自分を大きく見るときと遠慮して小さく見たり色々正確さに欠けていたなー。

    1. みのるさん☆

      高尚なところから自分を見つめる。
      なるほどです。そういう視点を併せ持ちながら、自分を創造していけるといいかもしれませんね(^^)

  3. 本来の自分というセルフイメージを
    しっかり考えることで大きな世界にも
    繋がるような気がしますね(^^)
    セルフイメージ、自分で自分を知る
    意外ととても公な事のような気がしてきました☆彡

    1. あやこさん☆

      本来の自分というセルフイメージを大きく捉えるのも、興味深いですね(^^)
      大切に未来に繋げながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です