循環型社会 エゴにならないエコのやり方


循環型社会とは
命とは愛です

循環型社会とは、ゴミを減らし、限りある資源を再利用、再使用して、資源をうまく循環させる社会の事です。とはいうものの本当にうまく行くのでしょうか。

エコがエゴになる理由

私が子供の頃、経済優先で大量消費をしようと政治家は言っていました。当時から何かがおかしいと分かっていましたが、お金が無いと社会が回らないと言われれば、確かにその通りと思うしかありませんでした。

そして、今、資源が足りない事や、環境が壊れている事から危機感が高まっており、経済優先が見直されていますね。美しい言葉で言えば経済と環境の両立です。

でも、これ、どちらも人間の都合なんですよね。お金が回らないと、私が困る。資源が足らなくなって、自分の生活が脅かされると困る。

純粋な愛からスタートしていなくて、都合が悪いから対策する。そういう風になっていないでしょうか。

この構図は環境問題以外にも当てはまります。少子化も問題になっていますが、子供が余っている時には子供を作るなと言っていたのに、現代では子供を作らない人は社会貢献していないみたいな事を言う人もいます。これも、世の中のためを思って言っているのではなく、将来自分を支えてくれる人が減ると困るというエゴからの発想になっています。

地球環境が危機だから対策するのではなく、何が愛なのかを考える事が本当のエコです。エゴが私の為なら、本当のエコは誰かの為です。

誰のための優しさなのか

地球を汚す悪い奴らから世界を救うヒーローになってしまう人もいるでしょう。しかし、誰かを悪者にする事では問題は解決しません。誰かの為に戦うのがヒーローです。そして誰の為にという事が大切です。もちろん皆のためですね。そうすると戦う必要が無い事が分かります。

大きな愛が必要だ

ここから話が飛躍しますが、この世界のあらゆる問題は、私達の心に愛が無いという形が具現化したものです。本当に循環していないのは資源というより愛なのです。今、たくさん問題が起きているのは、そこに向き合おうというサインです。だから、目の前の問題だけ解決しても、問題の先延ばしになるだけです。

皆さんは、目に見えない愛など存在しない、科学的ではないと教わってきたと思います。愛とは、心の中の問題で、物質世界とは関係ないと。その考えを捨てて下さい。世界はひとつです。そして、愛です。私達が本当の愛を生きる時に、愛が循環する社会は実現します。

ひとつの世界を創っちゃおう!

 


2 thoughts on “循環型社会 エゴにならないエコのやり方

  1. >地球を汚す悪い奴らから世界を救うヒーローになってしまう人もいるでしょう

    昔からのヒーローものを遣ってる人 観ている人にとって目から鱗ですね(^_^)
    これからは誰かの為のヒーロー物語を創れば 愛が循環する社会になるのでしょうね

    1. みのるさん

      自分の為でもなく、敵を倒すという発想でもなく、愛から動くのがヒーローですね。やはり循環には心臓(源の愛)が無いと始まりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です