自分が嫌い 自分嫌いが自然に楽になる方法


自分 嫌い
Slow and steady is a good thing.
ゆっくり着実に、は良いこと

「自分なんて」が口癖の方。結論から言うと、ムリに自分を好きにならなくても大丈夫です。いつの間にか、好きだと思える自分になっている方法があります。

マイナス思考を変えるのは・・・

自分が嫌いな人は、マイナス面ばかりに目がいっています。プラス面を見る事は大事ですね。当たり前のようで、効果は抜群です。でも、これが簡単にできれば苦労はしません。

なぜかというと、心理的抵抗を伴うからです。

自己嫌悪の根底には、コンプレックスがあります。強烈な想いがあって、そこにこだわっている状態です。ムリに変えようとすると、辛い思いをします。

何をやっても自分を変えられない気がするかもしれません。

正攻法は自分に自信を持つことです。それができないから、困っているという方のために、今回は、もうひとつの方法をご紹介します。

心のエネルギーを引き上げる

自分に自信を持つことが難しいなら、自信を持てるような自分になればいいわけです。

人にとって一番大切なものとは、愛です。大きな愛を分かるステキな自分になれば、悩んできたことが、「あれ、どうでもいいんじゃない?」と思えてきます。

それには、目に見えない根源の愛を受け入れることが大事です。ちっぽけな自分よりも、もっと大きな存在です。神様といってもいいですが、厨二病的な表現で言えば、あなたの真の力です。

自分の生き方や、真心や、本当に大切なものを見失っていたから、自信喪失して、嫌になったのでしょう。

誰かの言葉にへし折られ、流されたのだとしても、取り戻せば前より強くなることができます。

自分を好きになるには、愛(私)を取り戻すことです。

そうすると、コンプレックスが、気にならなくなります。コンプレックス(複雑なもの)がシンプルになります。

内面が充実して美しくなり、自分の生き方が見えてくると、ささいなことが気にならなくなります。弱みは強みに変わります。

結論として、アイをつかめば、自分を好きになろうともがかなくても、いつのまにか自分を好きになっています。

具体的な方法のご紹介です。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


8 thoughts on “自分が嫌い 自分嫌いが自然に楽になる方法

  1. >コンプレックス(複雑なもの)がシンプルになります。

    コンプレックスって、よく何気なく使われているけれど、
    シンプルの対義語でもあるのかな。
    複雑にしてしまったものもシンプルに還せるとは、
    愛が分かる本来の自分なのかもしれませんね(^^)

    1. 弘美さん

      コンプレックスは「複合」、「2つ以上からなる」の意味で、
      複雑で抑圧的な感情の意味で使われるようになったみたいですね。

      複雑な心境です(^^)
      自分に素直に、シンプルがベストですね。

  2. 大事なものって目に見えないけど
    ちゃんと大きくて、シンプルなのですね(*^_^*)

    >愛(私)を取り戻すこと
    この表現もしっくりきました☆

  3. やっと春本番。ポカポカ日和でお花見日和になってきました。

    北海道は、まだまだ寒いですよね。
    サザエさん一家の笑顔。癒されますね~。今年は、雪をあまり体感できなかったので…。写真だけでも、みてると嬉しくなります。

    私の人生によくにてる記事でした。

    1. みさこさん

      北海道もだいぶ暖かくなってきましたよ。(当社比)
      一家団らんも、理想の姿ですね。

      私の人生にもよくにてる記事でした。

    1. ミラクルさん

      愛が雪も溶かしそうですね。
      やはりエネルギー源、ソースが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です