幸せになる方法|小さな幸せが大きな幸せになる


幸せになる方法。大きな幸せは小さな幸せから始まります。幸せは自分が感じる感覚です。愛の感覚を広げて幸せな世界を創りましょう。
幸せは自分の足元に咲いている♪

大きな幸せは小さな幸せから始まります。
大きな幸せを求めるよりも、
小さな幸せを見つけるのは簡単です。
それがだんだんと大きくなって大きな幸せに繋がります♪

幸せだった頃を思い出す

小さな子供は元気いっぱいで
とても幸せそうな顔をしていますね。
大人になった人も子供の頃は
元気いっぱいで幸せな時を感じていたはずです。
しかし、大人になるにつれて子供の頃のように
笑えなくなってしまったと感じていませんか?

生きていると辛いことや悲しいことも体験してしまいます。
そんな状況になった時、私たちは自らの光を暗くしてしまうのです。
例えば、学校の先生に怒られて落ち込んでしまったり
親に怒られて凹んでしまうということがあると思います。
表情が暗くなってしまった状態は
自らの光を暗くしてしまっている状態です。

そんな時、思い出して欲しいのは
私たちは宇宙の愛から生まれた光であるということです。

私たちは大人になるにつれて
光であるということを忘れてしまいます。
小さな子供はまだ光だった頃を覚えています。
だから、元気いっぱいの明るい表情をしているのです。

自分の光を暗くするのも、明るくするのも自分次第です。
例え誰かから怒られても嫌われても構わないのです。
自分の光を消さないように笑顔でいられれば、
それはきっと誰かにとっても明るい光になるのです。

笑顔の光は表情だけではありません。
言葉遣いのひとつひとつも光です。
私たちが発する感謝や思いやりの言葉は光です。
相手を傷つけたり、非難する言葉は自分自身の光も暗くしてしまいます。

笑顔でいる人はそれだけの光を発している人です。
笑うことさえ忘れてしまったとしても大丈夫です。
光であることをまた思い出せればいいからです。
光が消えることはありません。
私たちは光そのものであるからです。

自分に自信を持って生きることや
希望を持つ時なども、明るい光を意識してみてください。
希望の光が勇気の光が自分の中にあることに気がつくでしょう。

根源的なものはすべて光で出来ています。
光が形を変え、姿を変えて目に見える形になっています。
無限の創造も光によって可能になります。
私たち人間も光によって創られ
そしてまた光に還っていく存在です。
血液の流れのように
心臓というひとつのところへと還ることで
血液はまた全身に流れます。
私たちが幸せになる方法もこの血液の流れと同じです。
個人的な幸福を求めても幸せは掴めません。
それは、自分の手にだけ血液が流れるようにするようなものです。
頭や足といった全体というひとつに流れなければ、
自分の手にも流れて来なくなります。

誰かの為に、世界の為に与えることで
愛は広がり喜びも広がります。
幸せになりたかったら相手の幸せを願うことです。
生きとし生けるものの幸福を願う心が大きければ大きいほど、
幸せを感じられるようになるのです。
嫉妬や妬みの心は小さく縮こまってしまいます。
そこに幸福は入って来ません。

 

小さな幸せが大きな幸せになる

大きな幸せを求めるよりも
小さな幸せを見つけるのは簡単です。
十分な食べ物があることの幸せ。
愛する人がいることの幸せ。
今、生きていることの幸せ。
当たり前のようなことに幸せや感謝を感じることは大切だと思います。
なぜなら、そのような小さな幸せや感謝の積み重ねで
大きな幸せがやってくるからです。

幸せというのは、自分が感じる感覚でしかありません。
小さなことから幸せであるという感覚を広げることで
より大きな幸せを感じられるようになるのです。

愛を広めることや与えることも幸せになる方法です。
愛を与えることができるというのは幸せなことです。
世界に愛を広めることができるというのは幸せなことです。
自分の中にある愛の感覚を広げることで
幸せはどんどん大きくなります。
それはやがて、大きな愛の世界として感じられるようになるでしょう。

世界が幸せになる方法はこちらからどうぞ(^-^♪
「SP世界をひとつに」http://hitotsu3.jp/


幸せになる方法|小さな幸せが大きな幸せになる」への12件のフィードバック

    1. 天大さん

      コメントありがとうございます(*^-^*)
      希望という光がまた誰かにとっての光でありますように☆彡

  1. 大きな幸せだといきなりは無理かなぁと思っちゃいますが、小さな幸せなら誰しもがすぐ見つけられそうですね(^^)
    光るも光らないも本人次第。
    人の本質が愛の光であることがよくわかる記事ですね(*’▽’)

    1. ミラクルさん

      小さな幸せもやがて大きな光となって
      愛が広がって行く世界になるといいですね☆彡

  2. >光であることをまた思い出せればいいからです。
    光が消えることはありません。私たちは光そのものであるからです。

    具体的に、一つひとつ光であることの説明を聞くと「ひとつの光」に通じることが分かってくるようになりますね。
    するとひとつの世界も分かってくるような気がします。

    1. みのるさん

      本来の愛を表現する為には
      ひとつの光であることを思い出すことで
      形にして行けるのかもしれないですね。

  3. 足元がふんわり温かくて優しい気持ちになる写真を
    見ながらいつも笑顔でいよう♬(^^)と思いました☆

    自分の中にある愛のお花を咲かせるのが楽しみ
    になる記事をありがとうございます(^O^)

    1. 美和子さん

      笑顔のお花がいっぱい咲いている
      優しい笑顔のミワッチに
      これからも沢山の花が咲くといいですね(*^_^*)

  4. >個人的な幸福を求めても幸せは掴めません。
    >それは、自分の手にだけ血液が流れるようにするようなものです。
    > 頭や足といった全体というひとつに流れなければ、
    > 自分の手にも流れて来なくなります。

    イメージしやすくてすっと入ってきますね(^^)
    全体が豊かに流れるように意識して生きていきたいものです☆

    1. 弘美さん

      与えたものはいつか自分に返ってくると言われるように
      幸せを与えれば与えるほど、自分も相手も豊かになれますね。

  5. >世界に愛を広めることができるというのは幸せなことです。
    光であることに気づき(思いだし)生きる事を大切にしてゆくことで
    幸せでいられるのだと思いました(^^)
    いつも素的なメッセージをありがとうございます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です