情けは人の為ならず 巡り巡って己が為 そのわけ


 

世界の為に
巡り巡ってやっとここに生まれてきた。誰かと同じ世界ではなく、寂しくしている灰色の道路の横にきちんと真っ赤な季節の贈り物を届けられる喜びで胸いっぱい(^^)

流れる から 満る

流すから 楽しめる

情けは他人の為ならず 巡り巡って己が為

「情けは他人の為ならず」で流せば自らの体験に繋がる

 

巡り巡って流せば自ら満たされる

流れるものはすべてこの原理

溜め込もうとすると失敗する

感じた方向へちょっとでもできるだけ愛を感じられるようにそれを意識して

愛の方向へ流せばいい 「情け」つまり為にという行いは流さなければ始まらないから

どこに向けるのかを意識するとやりやすい

ではなぜ巡り巡って己が為になるのか

ご存知ですか?

情けは他人の為ならず 巡り巡って己が為 そのわけ

 

それは愛という大きな世界をひとつにするパワーによるものだからです

この愛というパワー

実は 「己」といわれる個人に働きかけています。

言葉を替えれば
おもいっきり自己中心の願いを叶えようと必死になっているのが大きな愛のパワーです。

だから「為に」を本来の流れにそってやれる時 愛のパワーが働きだせます

「為に」の形に愛は喜びでふるえています。

情けは他人の為ならず 巡り巡って己が為 そう!

 

きちんとした愛を形にするともっと世界はしぜんと よくなるようになっています。

信じる愛をみつけましょう!

本来の大きな大きな変わらない愛を

自然界は為に為にと創られました

わたしたち人ももちろん同じ(^^)

何かの為に ギブ&ギブです。

本当に純粋にそれをやれる時 世界が変わるといいますね

安心して為にためにを笑顔で楽しむという流れがしぜんとできれば

情けのように他人の為ではなく 巡り巡って己が為 個人という私の為に

私の喜びになるのですね

「本来の流れというと、かたい言葉かもしれないけれど

わたしたちの世界はおおきな大きな愛の流れによって存在している

豊かな世界

愛や笑い 命や生活 響きや動き 輝きや戯れ 根源となっている在り方や体験までも

すべて 「流れ」によるもの

しかし「本来の流れ」これは少し感じようとしなくては分からない世界

 

情けは人の為ならず。 これで終わっていると思っていた昔のわたしのように

既成の理解に固執して

その先のもっと大きな愛の中に入ろうとする時は巡らないと得られない。

巡るとは 流れるとは それが生命に ひとつに繋がってゆく真理だと

耳を澄ましていなくては その流れの音は聞こえてこない。

今 きっと 耳を澄まして聞こうとしている人には

おおきな 大きな愛のパワーが分かって歓びなのだろう・・・

情けは他人の為ならず 巡り巡って己が為!

本当にそんな世界をみれるチャンスが分かる時☆

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!

 


あやこ について

世界中を愛で満たすのが大きな夢です。 愛の世界が感じられるように愛(源)のメッセージを 言葉でダイレクトにお伝えしております。 メールで気軽に行える「愛(源)との対話メール」お勧めです(^^)

12 thoughts on “情けは人の為ならず 巡り巡って己が為 そのわけ

  1. 読んでいてバレーボールが思い浮かびました。
    サーブ→レシープ→パス→トス→アタック→レシープ。
    ボールを受け取って流す。溜め込まない。
    「情けは他人の為ならず」で流せば、運動音痴な私でも、大きな愛の世界でオリンピック選手になれるかな(笑)

    1. バレーボールのイメージって面白いですね(^0_0^)☆
      ボールを受け取って流す その仕法はまさに美しい流れによって
      創られるひとつを感じまれますね
      こうしてコメントを頂ける中で自分が書いた記事が膨らんで豊かになってゆくのが
      また楽しくしあわせです(*^_^*)
      愛の世界のオリンピック出場を夢見てがんばりたいと思います(^^)v

  2. この言葉、いつもひっかかりを感じていましたが、こういう大きな理解の仕方があるのですね。分かっていたけれど、うまく言葉にできなくてもやもやしていました(笑)情けはひとの為ならず、愛(I)のためひとつの為なりでしょうか。花が喜びなら、人もそうなのだなと思いました。愛が流れなくなるから人が病むのだとすれば、本当に愛で人を癒せるのだということも感じました。

    1. 情けは流れるものだといいますね
      流れていてこそ本来の形であり力となって表れるのですね☆彡
      「ひとつ」というのは愛の流れを創ることなのだと思う時
      心豊かに、咲く花をまた見れます(*^_^*)
      素的な感想、コメントありがとうございます。

  3. 人の幸せも愛のエネルギーと同じで
    巡り巡って来るものですね。
    ひとつへと繋がることで、
    あらゆるものが調えられるようになっているのだなと思います☆彡

  4. TORUさん、ほんとそうですね。
    巡り巡って・・・ひとつって、形ですが 
    やっぱり「巡り」 という在り方なのだと
    分かってきた感じです(*^_^*) 
    まだまだ名古屋まで新たな気付きに導かれ――
    です(^^)/.。o○

  5. 穏やかで美しい小川のせせらぎに耳を澄ますように
    ひとつの流れに耳を澄ませてみようと思います(*^^*)
    流れにのるとは本来の愛にのる(在る)ことなんだと
    感じました♪(^^)v

    1. >流れにのるとは本来の愛にのる(在る)
      そうですね 
      豊かに 身を委ね 
      楽しむにもちょっと勇気が必要な時もあるのかもと思うこの頃です 
      そんな時は美しい自然の流れをイメージして
      やさしく強くナチュラルを心がけています(^^)/
      自然は素晴らしい教師ですね。
      美和子さん、いつも美しいコメントありがとうございます。(*^_^*)☆

  6. >巡り巡って流せば自ら満たされる
    >流れるものはすべてこの原理
    >溜め込もうとすると失敗する

    なるほどと思いながら、命の成り立ちを感じます。
    私達が溜め込もうとするのは、やはり不安や恐れがあるからでしょうけど、
    少しの勇気を持って流れにのれば
    命の輝く世界が見えてきそうですね。 それが自然だから☆

    1. 弘美さん、コメントありがとうございます☆
      自然というのは未来をそっと伝えてくれているのでしょうね☆
      そして不安や恐れすらも愛の創造に繋がっている
      そんな創造の深さを最近は感じています

      未来は愛であり “ひとつ” という希望
      それが本来 そしてヨロコビ .。o○ (^o^)╱
      色々な真理にも出合えてきましたが “自然の流れを感じ生きる”
      それが最もな≪喜び≫という源としての体験なのかと.。o○☆

  7. 信じる愛をみつけましょう!
    大きな大きな変わらない愛を。

    この言葉が響きました。自然と笑みが浮かびますね。

    1. ありがとうございます(^^)
      この一節は
      インスピレーションとして入ってきたのを
      躊躇わず記載したのをよく覚えています。
      コメントとして頂けて喜んでおります☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です