癖の正体をさぐってみると


個性として
癖はいつだって正体を隠している。でもきちんと看てあげれれば意外と素直にわたしの人生に従うものです(^^)

癖とは何に繋がるのだろう。性格? それとも自然と生まれる何か?・・・(笑)
そんな正体に繋がるようなものを探ることで、何か直せなかった癖も一気に直せるようになったり、あるいは癖を意識的にもつことで下手だった世渡りも笑いを楽しめる人生に変えられるものです。

 

いい癖 悪いくせ

「クセ」と一言でいっても色々ありますね。

貧乏ゆすり、髪をかき上げる、爪を噛む、舌打ちをする・・・という行動から

「もうだめ~」と直ぐに言ってしまうなどの「口癖」

その他に「癖毛」なんていうのもありますが

ここでは人の本質に関わるような習慣的な行動の事がメインとして

話しを展開して見ようと思います。

話しのはじめとして自己紹介の代わりに

あなたの好きな癖を教えてください。

無い人でも七つはあるんですよ

無くて七癖というのは実は自分で自分を分かる部分というのが

始めなのだそうで

あまり自分の事が分からないかもしれませんが

癖を考えることで自分の事が分かる切っ掛けになってきます。

そうですね・・・道を聞かれると何かしか答えてしまう・・・え?

わたしそれやられて困りました?(苦笑)

では「口癖」なんかはどうでしょう?

そう、ピンチになるとすぐに「もうだめ~」というのはあまりいい癖ではないですね

ポジティブな言葉を使うと楽しい人生を引き寄せる、というのは鉄則ですから

実行したいものです。

もうだめ~をやめて、 「チャンス!」と口癖にすると

楽しめることが増えてきます。

 

癖の意味

ここで癖の意味について確認してみよと思います。

  人が無意識のうちに、あるいは強く意識することなく行う習慣的な行動のこと。

呼吸や排泄など、生命活動を維持するために必要となる習慣的な行動は

「癖」とは言わない。(ウィキペディア参照)

ここの意味でもあるように

人が「無意識的」にやっていることが続くと「習慣的」になってきます。

「習慣は第二の性格」なんて言葉もありますが 「習慣」というのはわたしたちの

人生にとっても大切なことのように感じます。

こう考えると癖もあなどれませんね。

 

ネガティブ出身の癖に気づけ!

では、そもそも無意識に言っている 「もうだめ~」 という口癖は

「チャンス」 という口癖に

替えることができるのか?

ということですが、これは 「できる」 というのが答えです。

そもそも気づけばいいだけですから

気づかなければ「直そう、替えよう」などとは思いませんよね。

ああ、わたしあんな癖がある。こんな癖がある。

ちょっともう1度探してみてください。

無意識のモノでも そこに意識を向けてみると意外と気づけたりするものです。

行動や口癖・・・緊張すると出る癖、それはポジティブですか?それともネガティブ?

そう、癖とは必ず 「ポジティブ」 「ネガティブ」 どちらかが出身地です。

 

人生を楽しむための癖をもつ

ネガティブな癖を無くそうとするとストレスになるというのがあります。

癖はそもそも感情をうまくコントロールするために表されるものなのです。

そう、「結果」です。

原因になる感情をどうにかしなくては正体をあばくことはできませんね。

緊張した時は癖を出すことでリラックスに向かえるといいますから

出るものを出さなくするのではなく、

出す(出る)時にうまく意識的に調節してみましょう。

例えば、暇な時にでる メールをチェックする癖。

目的 ナシについ携帯を触ってしまう。なんてことしてませんか?

この癖をよくさぐってみると、「癖」とは必要でない行動のことをいいますので

メールチェックが必要な人(時)はここでは論外ですよ。

そう、暇だな~と思って何をやるか、或は逆で忙しすぎて疲れてちょっと休憩をしたい・・・

そう思ってやる癖の正体は「逃げる」ことです。
(別に逃げるこが悪い事として決めつけてはいけませんが)

その場から逃げる。どんな時に逃げるか、不安な時であったり・・・

自分をもっと、認めてもらいたいという願望が出ている時もそうです。

「自撮り」は自分を認めてもらいたいという気持ちの表れで

そこから脱出したい。そういう感情の時に出てくる癖の一種でもあるとか

そんな時は、そう、お得意の「もうだめ~」が出ます。

同じ行動でも意識的に目的をもってする時は「もうだめ~」はないようですよ。

 

こんな感じで行動の原因となる「感情」まで正体を看ることができれば整理がつきます。

自分の癖が見つからない人はネガティブな感情になっている時の自分を

具体的にイメージしてみるといいですね。

ぜひ、この機会に他人に言われる前に

それをやらないと中途半場で前に進めませんね

(もう言われちゃった方も続きを読んでもらえればいいことがあります(^^))

 

後はやるだけ、正体が分かると癖はあなたの意志に素直に従います。

よし、今日から、「もうだめ~」という癖ををやめて

「チャンス!」と言う事を癖にしてみる!

緊張からリラックスにかわり 逃げ出すことよりも向き合う事を

不安より信じる事で

自分自身を認めることを許す道を選択することができるようになることでしょう。

目の前の世界すら明るくゆたかに変わった気がしますよ。

いえ、本当に変わったのです。

さて、いよいよ癖をさぐる実践コーナーの仕上げです。

 

癖の先にもうひとつ意識をする癖を入れる

癖を替えた、その選択の先に意識的に癖になることは何でしょうね。

言い換えれば幸せへのルーティングです。

例えば、チャンスという言葉の後にちょっと軽く深呼吸をする。

(鼻から息を吸って口からゆっくり吐く、というあれです。)

それを続けると、

目を閉じてラッキーなイメージが浮かぶことが癖(幸せへのルーティング)として

始まるかもしれません。

そうすると、現実は急転換で喜びとなってあらわれます。

だって、不安という正体をあらわした癖に気づいて逆の行動をしているのですから。

ところで「その性格どうにかしろよ」なんて言われたことありませんか?

性格なんてそのままでいいんですよ。

わたしはわたしで生きていること自体ですばらしい

宇宙から既に認められている唯一無二の個性なのですから。

さって、直そうと思って直せない癖はもうないですね(^^)/

 

癖なんて呼吸と一緒です。

≪ ア、わたしは癖をやっている、呼吸をしている、≫

気づけば無意識になっていたことが意識的に思う通りにやれるようになるのです。

「不安」が基になっている癖なんてちいさなこと。

でもポジティブな癖(呼吸)を身に付けて

大きな人生に変えられれば「わたし自身」が大きいことに気づけるでしょう☆

大きなチャンスがそこに生まれています。

小さな不安(癖)の先には大きな自分が待っています。

今日からネガティブな感情になっている自分にまず気付いてあげる、

そして「意識的な行動を1つ」やってあげましょう。

正しくはそういった癖をつけることです。

そしてその感情を出さないようにするのではなく、出す瞬間をとらえ

ポジティブな「行動」を意識的に創ることです。

自分の癖は自分から出るものですから必ず出る瞬間はわたしなら

分かってあげることができるのです。

やってみると(意識さえすれば)意外と簡単にできます。

究極なポジティブ行動を癖にしちゃうと幸せな人生、世界が創れる
興味がおありの方は下記をclick

 

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


あやこ について

世界中を愛で満たすのが大きな夢です。 愛の世界が感じられるように愛(源)のメッセージを 言葉でダイレクトにお伝えしております。 メールで気軽に行える「愛(源)との対話メール」お勧めです(^^)

癖の正体をさぐってみると」への6件のフィードバック

  1. 自分の癖って何だろう?とあれこれ思いながら読んでいて
    >癖なんて呼吸と一緒です。

    ここから最後の文まで拝見したあと
    なぁんだ!癖もいいもんだな☆と感じ
    前向きにな気持ちで深呼吸していました(^o^)
    ポジティブな「行動」を意識的に創る方法が
    簡単にできるのって、とてもいいですね(^^)v

    1. 美和子さん、長い記事のコメント、早々に頂きましてありがとうございます。

      >ポジティブな「行動」を意識的に創る方法が
      >簡単にできるのって、とてもいいですね(^^)v

      はい、癖をたんに出ないようにしようとすると
      かえって他にしわよせが来てしまうようですね。

      そこでその癖を認め利用してみるのがコツ(*^_^*)
      簡単にできるかどうかは本当はその人次第ですけど

      はじめて癖をなおしてみようかなと思われた方は
      「簡単にできる」というところから始めるといいですね(^^)

      >なぁんだ!癖もいいもんだな☆と感じ
      自分が好きな癖は自分らしさでもありますね。
      個性という人もいます。

      こういった癖を発見することは好きな自分を分かることで
      喜んでいられる自分をみつけてゆく瞬間を知るようになり
      楽しめる人生が増えるというメリットもあるようです(^^)

  2. 人のいい癖を見つけて褒めてあげるといいと
    ちょうどテレビで言っているのを見ました。
    自分で自分のよい癖を身に着けて
    明るくポジティブな自分を生きて行きたいなと思いました☆彡

    1. TORUさん、感想ありがとうございます(^^)
      ちょうどテレビでご覧になっていたのですね。
      シンクロってちょっと幸せな気持ちになります(^^)
      よい癖とは喜べる情態に還るものを言うのだと思います。
      だからそれは本当の自分を生きるという事を叶える言動なのでしょうね(^^)

  3. >癖とは必ず 「ポジティブ」 「ネガティブ」 どちらかが出身地です。

    癖って改めて考えたことがありませんでしたが、
    なるほど、出身地も興味深いなと思いました(^^)
    いつもほとんど意識もせず同じパターンにはまっているなら、
    あえて意識して変えてみる行動をするのは、
    また新たな自分を創造できる楽しさがあるかもしれないですね♪

    1. 弘美さん、細やかなコメントありがとうございます。(^^)
      人は意外に多くの事を無意識的にやっているのだそうです。
      でもそれをきちんと丁寧に意識して行動するのも
      きっと一苦労でしょうね(^^ゞ
      だから人生という中で大きな目的を決められると
      全部、そのための癖としてネガティブもポジティブもきっと
      同じ出身地に還るのだと思いました(^^ゞ
      (自分で新たに気付いてどうするツッコミ 済)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です