孤独感を癒し大きな愛に生きる方法


愛しいひとつの愛の中で
愛しいひとつの愛の中で

孤独を感じてしまう時。
自分って一人ぼっちだなと思ってしまう時。

1人の時間に、充実を感じて心から楽しめている時もあるのに、
何故だか急に孤独感が押し寄せてくる時など、ありませんか?

私達は本当は繋がっているといいます。
しかし、何故だか全くそんな繋がりを感じられない時。

自分が何がしかの不安やおそれを抱いている時には、
その繋がりが遮断されている感覚が強くなったり。

もちろん、孤独感が辛いから、
より多くの人と接していこうと努力することもあるでしょう。

でもそれでも、疲れるばかりで、なかなか癒えない孤独感があるとしたら、
それは自分の内面のことかもしれませんね。

その本来の繋がりを感じられるようになっていきたいですね☆

 

大きな繋がりの中で

「神さまとのおしゃべり」(さとうみつろう著) という本の
『99%の幸せを差しおいて1%の不満を探す人間のなぜ』 をふと思い出しました(笑)

大方、幸せで満足していても、その1%の不満があれば、
そちらに、大半の意識を注ぐことが出来てしまうのが私達でもありますね。

(みつろうさん)
『感じた「不足」の数だけ、現実は「不足」を映し出し、
さらに「不足」が見つかりやすい環境となる。

ところが、さっきほんの5分間「ある」を探しただけで、
俺の身の周りには「充足」が満ちていた。

こっちのほうを探すクセに変えればいいだけなのか!』

(かみさま)
『そうじゃ。これはトレーニングじゃ。
こうして「ある」を探しつづけるクセがつけば、あっという間に現実は変わる。

なぜなら、何度も何度も「充足」を感じていると、
深層意識さえも「充足」を信じ始める。

人類はこれまで、その全く真逆をしていたのじゃよ。
常に、「不足」を探しておった。

99%の幸せに囲まれて、
よくもまぁここまでたった1%の不幸だけを探し出せたもんじゃと
ワシは感心しとったところじゃよ。

警察犬より、鼻が利くよ。「不幸」を探し出す、鼻が。』

これは、充足感、幸せということでもありましたが、
孤独感も通じるところがあるような気がしました。

何か、人間関係で辛いこと、悲しいことがあったり、
人との繋がりで難しく感じることもあったかもしれません。

でもそれが全てではもちろんなく、多くの人に支えられて助けられて
一緒に今日まで来られたというのも、また事実。

そういう視点を持てなくなっているだけで、真実は変わりません。

もちろん、実際に出会ったことのない人でも、
その人が育ててくれた作物から食事ができたり、ある人の仕事があってこうして
ネットで繋がっていける今があるのかもしれません。

孤独感に陥って、全く孤独で不幸だなと思う時は、
確かに1%の不幸に集中しきっているかのような勢いでもあるかもしれません。

でも、本当は今もまた大きな繋がりの中に生かされている私達ですね。

 

大いなる愛とともに

自分は大いなる愛と共に在る。
そんな風に感じたことってありますか?

子供の頃、ふと思ったことがありました。

自分がこうして生きていることを分かり、
共にあってくれるような存在って本当にいるのかな?と。

それが、神様とか仏様とか大いなる愛とか、言い方はどうでも良かったのですが。

もしそうだとしたら、いいなぁと。
そうしたら、頑張っていることも、頑張れないことも、どんなことを願っているのかも
すべて分かってくれているならば、どんなに心強いだろうかと。

でも、そんなわけないかなと、それで考えることも辞めたのですが(^^;

まさか、大人になって、そこに立ち還ることが出来るとは思いませんでした。

根源なる愛と確かに繋がっていくことができて、
いつも共にあってくれるという、揺るぎない安心感を思い出せる。

そして、全ての人類との確かなつながりを感じていける。

私達は今まで、信じているものが違うがゆえに、
まさにそれぞれの信じる世界に生きてきたようなもの。

根本的に信じるものが違う。
それは不安や恐れも付きまとうかもしれません。

でももう、信じるものをひとつにし、大いなる繋がりの中に生き
そんな限りない幸せを、日々、感じていける時です。

それは何も特別なことではなく、誰もが自然にそう在れる方法があります。

ぜひ詳細は、一番下のリンクからご覧くださいね♪

こんな愛(源)のメッセージにもありました。~4月の天地創造の会より~

≪あなたもご存じの通り、SPには愛があります。

そして、源という真実があるのです。

確かなる存在として、あなたのすぐ傍にいます。

そういうことが

脈々と感じられるようになるでしょう。

そして、自然と世界が平和へと向かうことでしょう。≫

孤独感ではなく、
あたたかな繋がりを感じるせかいが始まっています☆

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


弘美 について

世界をひとつにする活動に参加しています。 誰もが愛であり、素晴らしい存在であることを実感しながら、楽しく広げていきたいです☆ よろしくお願いします。

孤独感を癒し大きな愛に生きる方法」への10件のフィードバック

  1. 信じるものが違っていても離れ離れだと思っていても
    すべては愛という源と繋がっているのだと分かれば
    温かな世界を感じられるようになりますね(^^)

    1. TORUさん☆

      本当にそうですね。
      すべては愛という源と繋がっているということの大切さ
      また改めて感じています(^^)

  2. >自分は大いなる愛と共に在る。
    そんな風に感じたことってありますか?

    あるある(^^)子供の頃、何もかもお見通し!だから
    空を見上げて質問したり都合よくお願いしていたり..(^^ゞ

    今は(源)の繋がりや絆をシンプルに感じているから
    空を見上げて共に楽しんでる事が多くなりました(^O^)
    この記事を拝見しながら充足感いっぱいの温かな愛を感じています☆(*^^)v

    1. 美和子さん☆

      子供の頃から愛(源)との繋がりを感じながら過ごされてきたのですね。
      愛らしい様子が浮かんでくるようです(^^)
      そして今もますます、豊かな愛の中ですね☆

  3. 無い方ばかりみると孤独になってしまうようで(笑)
    有る方をみるというのがいいですね。

    1. 天大さん☆

      そうですね。 
      大きな愛の中に生きているのが感じられてきて、嬉しくなりますね(^^)

  4. >私達は今まで、信じているものが違うがゆえに、
    まさにそれぞれの信じる世界に生きてきたようなもの。

    これにより幅の広い考え方を持つしかなかったのかもとも言えると思いました。魂の望むことも広く深くそして愛(源)の世界を感じることも出来た。しかし、それらを愛(源)に還す時期(とき)が来たようですね。

    1. みのるさん☆

      なるほど、今までの体験もすべて含めて、
      感謝をしながら愛(源)に還すときが来ているのかもしれないですね(^^)

  5. 温かい話だなと思いました(*^_^*)

    究極の温かさですね(笑)(*^_^*)

    今も昔も 子供のころに感じたモノも 
    大人として感じたいと思う大いなる存在というようなものも
    人類全体の還るところ、源、だと信じる力に挑戦ですね☆彡
    今ここで。

    1. あやこさん☆

      人類全体の還るところ、源。
      そうであるから、子供の頃から、ふと想いを馳せたりしながら
      人生を通じて、そこに還ろうとしているのかもしれないですね。
      そして今、それをやれることを大事にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です