気楽に生きる 考え方次第で幸福が増す方法が有る


気楽に生きる方法
たまにはのんびり公園とかで息抜きを

気楽に生きる方法が分からない方は休む暇無く働き過ぎたりして疲れ果て精神が弱体化しているので都合の付く頃、前もって時間を作り精神や肉体を休ませた方が良い。時代の移り変わりを感じるし外敵が迫るいわゆる激動の時代に備え。

時代の移り変わりを感じる

気楽に生きる 生き方 方法

これは「精神論」ではないか?

ふだんから一所懸命や一生懸命 生きている人への精神的休憩論ではないか。(笑)

仕事柄、休めない人に「長い人生なんだから気楽に生きようよ」というその方法を語るものでもある気がする。

長期間そのように生きていると「癖」になってしまっている方も多い。

その切っ掛けを作る。その時間を作る。そのヒントを考える時間を与える。

長年生きていると色々な経験的悟りに達するものであるため、

「若い人」には教えて置きたいし、これからの時代を創っていって欲しい。

既に、若い人は高度経済成長という激しい時代ではなく「会社人間」である必要が無いと考えて居られる方が約半分で、

やはり未だ「就職氷河期」が20年続いた為に非正規労働者として男性は特に結婚と子供計画は夢のまた夢。働くしか無い。

女性の能力を活かせる今の時代、女性が外に出て働き、男性が肉体労働や危険な勤務が必要でない、専業主夫で生活することに甘んじるなら結婚や子育ては可能でしょう。

時代の移り変わりを感じる今日この頃である。

気楽に生きる方法が分からない方も

そんなわけで男女逆転時代という事例も後を絶たない上に「文化」自体が大変な勢いで変化していってる。

IT産業はいうまでもなく。最近はガソリン車生産禁止になるという国が現れたり、

家に居ながらにして買い物が出来たり、他にも皆さんご存じの変化が身近に迫っていることでしょう。

そこで、「気楽に生きる方法」だなんてもう遣っているよという方々も多いでしょう。

又は、逆にそんな時代だからこそ「気楽に生きる方法」が分からなくなったという方に次のコーナーを読んで欲しい。

最近は外敵が迫るいわゆる激動の時代

江戸時代末期から明治時代のこの流れも変化は激しいものでした。

外敵が迫るいわゆる激動の時代ですね。

現在はそれに比べれば気楽な時代と言える人もいます。

それでも今現在でも、大変な苦労をされている方が多いですね。

それが、劇的に人生が変わらなくても今の現状が自分が求めて来たものだからこそ今の現状ということも言えます。(魂の世界をご存じの方ならお解りでしょうが)

何を言ってるのだ君はといわれそうですが、人生観を100%換える為に自分(魂)の考え方を振り返って検討して見ることを提案したいと思います。

俯瞰すれば「気楽に生きるには」難しく考えなければ簡単です。

ただ、長く永遠に続くようにしていても社会の環境(不況や戦争をしかけられたり)が変われば元も子もないですね。
それで本当に絶対に気楽に生きられるでしょうか。

今の生活、子や孫の時代は安泰でしょうかということも考えて置かなければなりません。

「このままの生活で十分気楽な生活遣ってるよ」という方は、

ここでこのバス(記事)はお降り下さい。もう何も云うことが無いです。

勘も直感も良い方だ

これからは、取って置きの人生、気楽に生きる方法をお伝えします。

普通の気楽に生きる方法はもう伝えましたということで。悪しからず。

これからは、究極の気楽な生き方を創る方法をお伝えします。

読み進めたくない方はここでこのバスをお降り下さい。よろしくです。

ここからは本物を追求したいと「いつも気になっていた」方のみ読み進めて下さい。
とてつもない構造なので普段から考えたこともアニメで見たこともSF映画でも見たことのある(笑)非現実に見える事を話題にします。

だから、社会を変えたいがどうすれば良いか分からない方々。

でも「変なことに首を突っ込みたくない」という方々。

「でも探し続けたい!」方々。

世間からは危ない橋は渡るなよと言われているから気を付け方も分かっている。勘も直感も良い方だ。

そのように普段から情報も集めて来ている。

そのようなところは見破る自信が、変な自信がある(笑)

そんな方に吟味しながら少しずつ読み進めて欲しい。

一気にのめり込まないよう気を付けて(笑)

読めばすぐ分かる方、2度読みして分かる方、

結局そのようなことは無いと想ってしまうあなたへ。

こちらからどうぞ。
「SP世界をひとつに」http://hitotsu3.jp/

 


みのる について

HP 「SP世界をひとつに」をスタッフと共に運営しております。 ひとつに還る運動を続けています。 みなさんもどうぞご一緒に! 魂が喜ぶ、魂の為の活動です。

気楽に生きる 考え方次第で幸福が増す方法が有る」への8件のフィードバック

  1. 仕事や生活に追われて
    気が休まることのない方が多いと思いますが
    5分でも10分でも気を休めてリラックスできれば
    忙しい中でもゆったりと愛を感じて頂きたいですね。

    1. TORUさん
      >5分でも10分でも気を休めてリラックスできれば
      忙しい中でもゆったりと愛を感じて頂きたいですね。

      ですね。どうやって時間を創るかが一番の課題でしょうが、
      人生観から変える気になれば、意外と出来るものですが。

    1. 天大さん
      >気がかりを解消して肩の荷が下りれば気楽に生きられそうですね。

      そうですね。気楽に生きられたら別世界が待ってますね。
      囚われず、気がかりを少なくしたり、出来るよう願ってます。

  2. いつも張り詰めてないで、もう少し気楽に生きれると、本来の自分として幸福感も増しそうですね(^^)
    社会を変えたいがどうすれば良いか分からないと思っている方々と、誰もが心穏やかに健やかに生きられるような未来を創っていきたいですね☆

    1. 弘美さん
      >誰もが心穏やかに健やかに生きられるような未来を創っていきたいですね☆

      そうですね。
      これもこう聞くと難しく聞こえますが、ここのHPで、本当は簡単だということが分かれば峠は越えたようなものですね。
      そう想える方が峠を越えられる方法も有りますが。

  3. >世間からは危ない橋は渡るなよと言われているから気を付け方も分かっている。勘も直感も良い方だ。

    気を付けてるだけでは社会をいい方向に変える事ができないから
    何かいい方法を探したい!と思われてる方が多いだろうなと感じています。
    ぜひ直観を信じてリンク先のHPをご覧になり
    幸福が増す方法を身近でシンプルにやっていただきたいなと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です