偶然という名の必然 なら輝ける喜べる世界を創ろう!


偶然「神はサイコロを振らない」
長い間考えつかなかったアイディアがふゎっと想い浮かぶ、湧いてくる。それらを何も考えていない時むしろ全く考えていない(無心)時、答えの様に来ますね。それ以上の別の意味でも非常に役に立つ、今まで考えつきもしなかったものが、いとも簡単に来ますね。

偶然と必然。
偶然というものは有るのだろうか。

もちろん有りますね。

しかし、科学はそれを研究し、偶然を否定する派と偶然を肯定する派に分かれています。

ボーア等の「コペンハーゲン解釈」での考えが主流で「確率論的解釈」で「測定した瞬間に”確率的”に結果が決まる」に対し、アインシュタインは「神はサイコロを振らない」といった具合です。

つまり、アインシュタインは「偶然」に見えるが、必然に確実にそれが起こる「何か」があると言いたかったのでしょう。
科学者は「量子力学」からも「偶然」の考察をやっています。

日常では、遠隔地で、偶々(たまたま)そこに居たら昔の知人にばったり出会った。
ある店に行ったら入口で時間を示し合わせた訳ではないのに別の知人に会った等の経験が皆さんはお有りでしょう。

だから、結果から見て偶然はあると言えます。

しかし、科学はそれを理論的に証明しなければなりません。

単なる偶然さえ意図的力が働いていると言ったら驚かれるでしょう。

それをアインシュタインは「隠れた変数理論」で証明しようとしました。

 共時性

「シンクロニシティ」というユングさんの話もありますね。

離れた場所での「共時性」であり「意味のある偶然の一致」です。

「偶然」という言葉が入っています。

あらゆる方面から「偶然」は考察されています。

もしかすると偶然て、必然ですかね。

だとすれば、科学的に解明されたら偶然という言語は使わないようにしなければならないですね。

偶然という言語が死後になり消えていきますね。

例えば、昨日友人2人が「2人とも必然に自宅の鍵忘れた」と騒いでいたよ。かわいそうに。

なんてね(笑)

又は、「必然に宝くじが当たったよ」は喜ばれますね。

でもこんな場合は偶然という言語が有った方が良いですね(笑)

誰もが、必然的に宝くじが当たったら、宝くじ屋さん倒産ですからね。
まぁ、ぐだぐだのんきなこと言ってないでもっと高級?な話をと思います。

良い意味での不思議現象が現実に多く起こる

偶然には、長い間考えつかなかったアイディアがふゎっと想い浮かぶといいますか湧いてくるといいますか朝の目覚め時や顔を洗う直前、それらを何も考えていない時むしろ全く考えていない(無心)時、答えの様に来ますね。

又はそれ以上の別の意味でも非常に役に立つ、今まで考えつきもしなかったものがいとも簡単に来ますね。

そこで、偶然を高度に利用したいと思います。

どうするか。

それが問題です。

当ブログの流れから良い意味での不思議現象が現実に多く起これば楽しいですよね。

みなさん。考えてみて下さい。わたしももちろん考えますが。

では、先ず私から。

どうしよう!?
近々?大きな偶然を必然を起こす。には。

大きな思想を抱くことから始める。正しい方向、プラス思考、志向、至高を抱く。

夢を大きく抱く。沢山の人に「共鳴」してもらう。

共鳴と言えば、共振も有る。

小さな音叉が、大きな楽器を奏でるよう伝わる。

小さな風が、大きな吊り橋を揺り動かすようになる。

小さな希望のうねりが、世間を動かすようになる。

小さな夢が、大きな夢に成長し現実化し大きなシステムを動かすようになる。
あっちこっちへ共鳴が伝播するとあっちこっちで偶然に夢が奏でられる。

偶然にも「世界一幸せになりたい」

そろそろ何か良いことが動き出さないと悪い事ばかりに目が行ってしまう可能性が増える。
又は、強制的に良いことばかりに目を向けるように呼び掛けないと人は分らない?

そんなことは無いか。

偶然ではなく必然的にそうなれば良いのである。

ただ、必然であると予測可能領域が増える。面白くない人も増える?
やはり偶然が起こるようになれば良い。

どうやって起こすか。考える。

あっちこっちのHPやSNSで小さな動きを大きな夢をもってこのブログをシェア(拡散)してゆく。

すると、同じ考えの人が、偶然同じ夢を語ってくれる。

同じ希望をもって同じ時間に語ってくれる。

すると、「あらまぁー偶然ですねー同じ希望を持ってますねー」(笑)

どうせならテーマがあった方が良い。

どうせなら大きければ大きい程、色々カバーが出来る。

ならば世界一、世界最大、世界的スケールの「世界をひとつに」というテーマはどうだろう。

これなら「世界一幸せになりたい」が現実になるかも。

せめて自分から幸せになってから身近な人を幸せにするか、他の「不幸」な人を幸せにしてから自分のことを考えるか。

エェイ!一緒に幸せになろう!もっと輝ける世界を創ろう!もっと喜べる世界にしよう!

とか思いませんか・・・?
それをら実現しようと考えている人達が居ることを知って欲しいですね。

それはどこでしょう?

それは、こちらです(笑)

ここは、座禅などをやって無心になろうと頑張らなくても良い世界を創ろうとしているところでもあります。

そのままで幸せ、そのままで輝き、そのままで「愛」という程の世界を創ろう!としています。
マジで(笑)

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!

 


みのる について

HP 「SP世界をひとつに」をスタッフと共に運営しております。 ひとつに還る運動を続けています。 みなさんもどうぞご一緒に! 魂が喜ぶ、魂の為の活動です。

偶然という名の必然 なら輝ける喜べる世界を創ろう!」への10件のフィードバック

  1. 偶然も必然もどちらも大切だなと思いました☆

    >そのままで幸せ、そのままで輝き
    >そのままで「愛」という程の世界を創ろう!

    私も原点に還る愛を感じると個人だけでなく
    みんなで輝ける喜べる世界を創る事が出来ると感じています(^^)

    1. 美和子さん
      >みんなで輝ける喜べる世界を創る事が出来ると感じています(^^)

      そう感じる人が増えると良いですね。いや、一緒に働きかけましょう。
      そうすれば東西からの人達が偶然に遭うでしょうね(笑)

  2. >小さな夢が、大きな夢に成長し現実化し大きなシステムを動かすようになる。
    >あっちこっちへ共鳴が伝播するとあっちこっちで偶然に夢が奏でられる。

    人が夢を持ち希望を抱いていると、確かに共鳴するような形で
    また同じ想いの人と出会い繋がり、共に奏でていけるような(^^)
    そんな流れを創っていける時なのでしょうね。

    1. 弘美さん
      >そんな流れを創っていける時なのでしょうね。

      そうですね。そんな時ですね。必然的に時を創る。
      「大いなる世界の実現」のリンクから沢山の人が必然を起こす。

  3. もしかして、偶然というのは可能性を
    等分に振る選択をしただけなのではないかと思いました(笑)

    サイコロを振って、可能性は六分の一という世界。
    という固定観念によってつくられている世界。
    見えざる手を忘れた世界。だから創造性を失ったのですね。
    偶然は起こすものなんですね(笑)

    1. 天大さん
      >偶然は起こすものなんですね(笑)

      そうですね。やはり待ってるだけでは偶然は起こらないかも。
      そう考えると偶然シンクロを「意味のある偶然の一致」を起こせば良いですね。
      100人位から共振と共鳴で大きくする。

  4. 一緒に幸せになろう!ですね。

    虹、とっても綺麗ですね。二重の虹?こんな空をみつけたら、神様~ありがとう。って気持ちになりますね。

    1. みさこさん
      >二重の虹?こんな空をみつけたら、神様~ありがとう。って気持ちになりますね。

      これもたまたま偶然です。神様に感謝です(笑)

  5. 大きなことを起こして楽しみながら
    分かっていながらサイコロを振り

    結果を求める前から楽しめる
    偶然にも必然としてそこにある喜び

    なんか大きな遊びの広場に案内されたような
    とても楽しい気持ちで読ませて頂きました。

    世界を変える楽しい動きを
    沢山の人と分かちあう時がきてるのですね☆彡♪

    1. 楽しんで頂けたようで良かったです。
      こうやって世界はひとつになるのかも知れません。
      偶然に世界はひとつ。既にひとつ。
      みなさんのお陰でした。
      感謝致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です