和衷協同 その意味から感じる私達の本来の姿


心をひとつに
心をひとつに

和衷協同(わちゅうきょうどう)という言葉に出会いました。

「心を一つにして物事に当たること」という意味のようです。

【和衷】の【和】は「やわ・らぐ」、「なご・やか」の意味で

【衷】は「うち・なか」、「まごころ」の意味があります。

つまり【和衷】は、心の底からなごみ和らぐこと。また、心を同じくすること。

【協同】は、いっしょに力を合わせて仕事をすることをいうようです。

出典は、中国古代の歴史書『書経』だそうで、

古から理想の姿として掲げられていたのでしょうか(^^)

 

私達の願いを実現するには

心を一つにして物事に当たること。

それは、いつの時代も目指していたことでもあるかもしれませんが、

ただ、実現する上では難しさもあったのかもしれませんね。

改めて、和衷協同の意味から印象的に感じたのは、

“心の底からなごみ和らぐ”ということ。

それをベースに持ちながら、個々の力を発揮して協力していくということ。

それがまたなるほどなと興味深かったです。

 

みんなで力を合わせていけてこそ、それでこそ物事が進む

というのは納得します。

ただ、私達はそれぞれに意志と感じるものがあります。

職場などでもそうだけれども、日頃からコミュニケーションが取れていて

和やかな人間関係もあって、その上でスムーズに役割が発揮できる

というのはあるなと思います。

ただ、そうかといって、仲良しであろうとすることだけでは

もちろん限界もあるのでしょう。

いざという時に、本当にそれこそ心をひとつに動いていけるか。

それには、外から強制されるからではない、変わらない自らの意志が

そこになくてはいけないかもしれませんね。

自らが大切に感じている大きな目的。

どこまでも感じるひとつである和やかな幸せ。喜び。

それらが揃ってこそ、素直な気持ちで力を合わせて

進んでいけるのかもしれません(^^)

 

本来の世界が始まっている

そう思うと、古から求められていた和衷協同、

それらが本当に実現できる時代がやってきているのでしょう。

大元にある生きる目的。

それを、ただ苦しみの中で実現するのだということでもなく

関わる多くの方々と全てはひとつ(愛)であることを実感し

“心の底からなごみ和らぐ” そんな中で創造していけること。

大切なポイントを全て押さえながら

愛に満ちた世界を実現していける方法があります(^^)

ぜひこちらもご覧くださいね☆

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


弘美 について

世界をひとつにする活動に参加しています。 誰もが愛であり、素晴らしい存在であることを実感しながら、楽しく広げていきたいです☆ よろしくお願いします。

4 thoughts on “和衷協同 その意味から感じる私達の本来の姿

  1. >“心の底からなごみ和らぐ”ということ。

    和衷協同 中国も色々昔は良かった(笑)
    これからは党ではなく 愛(ひとつ)に向かって欲しい(笑)

  2. >心の底からなごみ和らぐ

    やさしい言葉でありながら 深く強い言葉なのですね
    だからこそ大元を感じられるのでしょうね。
    また 実現に向けて楽しめそうです(*^▽^*)

    1. あやこさん☆

      私も印象に残った言葉でしたが、それは
      やさしい言葉でありながら、深く強い言葉でもあるのでしょうね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です