行雲流水の人生に思いを馳せる


自分に還り
わたしたちはこの世に生を受け  不本意な世界によって本来の自分というものが  徐々に失われ年を重ねます。  しかしある人はある時を境に 本来の自分に還り本来の世界を創れるようになります。

人が生きようと思う時は色々理由があるだろうが
すぐにやっぱり死にたいとなる
正直、やっぱり心は不安定だ・・・そう思う時 わたしはこう思うようにしている
行雲流水の人生を楽しめばいいと

「行雲流水」 読み方は こううんりゅうすい
意味は

大空を見て 地上を見て 流れるそれらを我が身とし

なにに執着することもせず

物に応じ、事に従って行動すること。

大空に遊ぶ雲は吹く風に従って形を変え

川を流れる水は降り注ぐ水の量によって時に強く

時に優しく続く流れをとめどなく

そう流れに身を委ねそれを楽しめるのが

行雲流水といえるのではないだろうか

人も同じで

どれだけ一生懸命

日々意識をし

愛に生きよう 笑顔で他人を楽しませよう

そうあろう、在ろうと志を持てばもつほど 思えば思うほど

様々な困難にさいなまれ 自分で困難を引き寄せるというが

身に覚えもないような辛い物事が続くように感じる時

苦しくなっていつしか気持ちは志に戻ることを忘れ行き着く先は自己嫌悪

しかし気づきを得るときはこんな時で

苦しい時ほどさらにもう一歩 流れに身を任せる勇気が欲しいものだ

戻ることを忘れても戻る先はしっかり覚えているのが未来に生きる人だから

どこに身を任せればいいか そう大きな大きな愛という世界

人はすべてを分かるからこそ身を委ね

行雲流水になれるのだろう

 

「行雲流水のごとく身を任せ」

最近また思う事は

個としての理想に執着せず

ただ大きなそこに身を任せていれば

自然とその大きな物事をなせるわたしであれるのではないかということ

所詮この世にはいいも悪いもないのだし

いい人、悪い人を測る量りもないのだから

ただ、大いなる愛に意志があるのなら

きっと人知では計り知れない世界へとつづくだろう

そう愛の中へと導くプロセスが用意され

それに乗って変化してゆくのだと感じぜづにはいられない

そう行雲流水のように

すべてを知り 忘れたふりを繰り返す

人の心は流れ流れて

それでもまた確実に愛へ導かれ・・・

 

「行雲流水で居ようと」

雲が自らの理想の形に執着せず

空という大きな環境にそまってゆくことが

大きな本来の理想(風景)を創れるように

個が何を思おうが 命すら授かりものなのだから

行雲流水で居ようと

感じるのである

 

「行雲流水行でも行き着く先を思える人生の楽しみ」

大きなひとつという目的に身を任せるとは

そういうことでもあるのかと・・・・・

そんな風に思っていると

諸国を修行してまわる禅僧のたとえにも用いられることがある

という意味もみつかり

行雲流水 この言葉に出会って「人生修行」と言われる意味(こと)が

初めて腑に落ちるような気がする

身を委ねるとは 大きな愛の流れにも通ずることだという

心広く大空となって

我が身はいつも大きな夢に委ね

行雲流水に楽しからずや

本来の道(せかい)を大切に

そして愛(行く着く先を楽しめること)を大切に

そこが本来のわたしの原点だと

そこは行雲流水の心情に生きて

行雲流水の人生に必要な身支度は

大きな夢を生きること それも悟りになるような最高のがいい

そんな願いも叶えられる

 

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


あやこ について

世界中を愛で満たすのが大きな夢です。 愛の世界が感じられるように愛(源)のメッセージを 言葉でダイレクトにお伝えしております。 メールで気軽に行える「愛(源)との対話メール」お勧めです(^^)

12 thoughts on “行雲流水の人生に思いを馳せる

  1. 人の心はとても変わりやすいと常々感じていました。もちろん自分自身もですが。
    「行雲流水」という言葉とこの記事を読み、大きな愛の流れに身を任せて楽しめば良いんだなと改めて思いました(*^^)v

    1. そうですよね
      楽しむというのは究極の真理であり愛・・・・
      「楽しむ」を知るために人は成長するのだと思います
      そしてそれが変化であり「自然と変わる」ものなのでしょうね
      苦しみや悲しみを掴んでしまって後悔はしましたが
      今度はそれを手放す楽しみができた ということでもあるのかと(*^_^*)

  2. この記事で初めて知った「行雲流水」の文字と写真に
    さらさら~ふわふわ~と清らかな流れを感じつつ
    大きな愛に委ねて本来の世界の道を進んでゆこうと思いました(*^^*)

    1. 美和子さん、素的なコメントありがとうございます☆
      行雲流水、わたしも最近たまたまみつけ
      「和」の風景と自然の豊かさが心に浮かび とても気に入ったので
      記事にさせて頂きました。
      わたしもこれからも本来の世界の道を進むにあたり
      疲れた時に思い出したい言葉です(*^_^*)
      明日のTCもよろしくお願いします☆

  3. >雲が自らの理想の形に執着せず
    >空という大きな環境にそまってゆくことが
    >大きな本来の理想(風景)を創れるように

    ひとつという目的に身を任せるという言葉もありましたね。
    大きな空に委ねながら、その時その時で雲は形を変えながらも、
    みんなでひとつの風景を創っていけることを楽しめるといいなと思いますね。

    1. 弘美さん、TCではありがとうございました。
      沢山の愛と笑顔に未来を感じられる会でしたね。
      ひとつという体験を分かるため命を与えられ生きられるように
      また世界もひとつを感じる「ところ」として暮らしてみたいものですね(*^_^*)
      またそうさせて頂こうという活動に感謝して。
      秋を満喫しようと思います(^^ゞ

  4. 行雲流水ではいられないから、行雲流水でありたいと思い、人生を振り返って、やっぱり行雲流水であったと思うんでしょうね(笑)実家に祖父の書いた書が残ってました。いい言葉ですね。

    1. 天大さん、コメントありがとうございます。
      >行雲流水ではいられないから、行雲流水でありたいと思い、人生を振り返って、
      >やっぱり行雲流水であったと思うんでしょうね(笑)
      なるほどですね(._.) 深いお話ですね。

      おじい様の書ですか
      漢字の形としても素的な字体だと感じていました
      自然の中に入り込んでゆくような言葉ですから
      書になるとさらに意味をいい感じにイメージできるのでしょうね(^_^).。o○

  5. 自我に囚われると、流れに逆らってコントロールしたりして
    自分の都合のいいようにしたくなりますが
    流れに身を任せること、信じることが出来れば
    すべては完璧なタイミングで愛になっているのだなと
    最近、感じています☆彡

    1. TORUさん、素晴らしいですね。
      きっと大きな愛を感じておられるからでしょうね(^_^)/

      「愛を感じる」 それは愛を創る第一歩ですよね☆

  6. 気持ちよい秋晴れが続いてますね
    夜の空も月もとっても綺麗ですね

    この富士山を眺めていると、ふわっと魂が抜けていきそうです(笑)

    自然と瞑想したくなる景色ですね

    とっても気持ちのこもった記事だと思いました。また、ゆっくり読み返して瞑想したいです。

    ありがとうございます(*^^*)

    1. みさこさん、素的なコメントありがとうございます☆

      季節の中でやっぱり秋はとくに「光」を感じられる気がします。
      (ただ紅葉のせいかなw)

      富士山、綺麗でしょうw わたしもこういったふわっとした風景
      むかしっから 大好きなんです(^o^)
      魂が抜けるような世界もいいですよね~ ちゃんともどるけど(笑)

      なんにもしないで一日中、時間とともに少しずつ変わる風景を
      楽しめたら最高なんですけどね・・・・(笑)

      気持ちのこもった記事だなんて言って頂けて、ほんと嬉しいです(^^)
      甲斐があります.。o○

      こちらこそありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です