先見性を持って愛から心地よく生きる方法


愛の中で輝く楽しい未来を創ろう☆
愛の中で輝く楽しい未来を創ろう☆

先見性のある人は、いざという時に大きな決断ができたり穏やかに未来を見渡す想像力で心豊かな生き方ができるようになります。そんな先見性を持つにはどうすればいいかをお知らせしています。

いざという時、笑顔になれる位リラックスして集中する

先見性や読みが大切なプロの仕事としてサッカー選手のゴールキーパー(GK)がありますね。

サッカー日本代表のGK西川周作選手がインタビュー番組より

J1リーグの試合でペナルティーキック(PK)をなかなか止める事ができず、以前在籍した時にうまく止める事ができていたPKシーンをビデオで振り返ってみた。

すると自分の表情がとても楽しそうでリラックスしていた事に気づいた。

西川選手は、確信しながら次のように述べた。

「PKの対戦相手が右利きだとかあれこれ考えるのをやめてリラックスして、ただボールに集中する。そうするとボールがとてもよく見えるようになり、そこから止める事ができるようになった。」

リラックスする事と集中する事。相反するようで実はこの2つがうまく重なると完璧な動き(ひとつ)になるから不思議だけど、とても興味深いですね(^^)

目的に向かって楽しみながら集中する。この体験を重ねる事で先見性が豊かに養われてゆきます。

ここから本番!という時、力を入れたり考えすぎたりしないで笑顔になる位リラックスする事で、本来のあなたの集中力(愛の力)が心地よく発揮できるようになっているのです☆彡

※身近にリラックスしながら愛の力を体験できる方法を最後の行のリンク先でお知らせしています☆

喜びを見つめ続けたものをデザイン(形)にする

目的や完成に向けて努力の積み重ねをしながら

心から楽しめる自分へ穏やかに調えると

先見性が高まり大きな世界が開かれ

楽しいひらめき(アイデア)に繋がりやすくなります!(^^)!

ファションデザインナーの皆川明さん取り上げたNHKの番組も興味深い内容でした。

「この世の中にマイナスしかない事象ってあるのだろうか?きっとそれはないというのがデザインの根っこ。」と語る皆川さんは、とても穏やかな雰囲気の中にデザイナーとしての軸がぶれない大きな信念と温かさ(愛)を感じられ、素朴で温かみがあり心地よくなるデザインと一致した。

「流行を考えないでデザインするのは怖くないですか?」との問いに

「流行やマーケティングは考えず自分が喜べるもの(愛)をよりどころにデザインする。周りの人に喜んでもらう気持ちが強いと作為が勝ちすぎる。自分自身が喜ばなければいいデザインは生まれない。」と答えた。

作為の意味:ある事にみせかけようと、わざと人の手を加え手直しする事。

また、新しい服をどんどん買ってもらうだけでなく長く着てもらって、ほころびた服をお店で直す事を大切にしており、擦り切れた後から出てくる黄色の布地で直せる仕掛けをして新デザインにできる服があった。

皆川さんの信念である喜び(愛)を生きるという姿勢の中、先見性豊かな仕事をされていたのです。

少し先の未来に向けて楽しい工夫が生まれた時、とても喜んでデザインされたのだろうな~♪と想像できて心地よく嬉しくなった番組でした(^^)

まとめ

先見性を持って大きな愛から心地よく生きる方法は

リラックスして笑顔になる位の余裕を持つ。

目的への集中を楽しむ。

心から喜べるものに繋がる楽しい世界を考え意識する。

そうすると本来の輝くあなたがみえてきて

笑顔(愛)に繋がる先見性がどんどん磨かれ

心地よく楽しい世界を創れるようになるのです(*^^*)

愛を生きる事で先見性が自然に鍛えられ

大きな世界を笑顔で創造できる方法があります。

喜びを生きる本来の愛について具体的に知りたい方や

本当に平和で愛に満ちた世界を創造したい方は

こちらのリンクからぜひ、ご覧ください☆

SP世界をひとつに   http://hitotsu3.jp/


美和子 について

【SP世界をひとつに】のスタッフとしての活動を通して 源の笑いから楽しい未来を創造しています☆ みなさまのご訪問を笑顔でお待ちしています(^^)

先見性を持って愛から心地よく生きる方法」への10件のフィードバック

  1. 先を見ようとしないとかえって先が見えるみたいですね。作為を捨てると、本来備わっている心が動き出すと( ..)φメモメモ

    1. 天大さん

      >先を見ようとしないとかえって先が見えるみたいですね。

      不思議だけど、そうなんですよね(^^)
      12月TCでもお話がありましたが
      笑いとばす感じでいると本来の先が見えるみたいだから
      今日も笑いで行こうと思います(*^^*)

  2. >自分自身が喜ばなければいいデザインは生まれない。

    すごく深いことだなと感じました☆
    つい流行を追ったり売れ筋を考えたりしちゃいそうですが、
    心からの喜びの創造は笑顔(愛)に繋がっていくのでしょうね。

    1. 弘美さん

      私も流行りものに乗っかる事が多いのですが(^^ゞ
      心からの喜びを大切にしながら、とびっきり笑える
      楽しい未来を伸びやかに創造してゆきたいと思います♬(^^)

  3. >「ただボールに集中する。そうするとボールがとてもよく見えるようになり、そこから止める事ができるようになった。」

    そういえば合気道の「間」の極意でも聞いたような話で、この世はテクニックだけではなく「いまここ」的無の境地で起こる何かが在るのでしょうね。

    1. みのるさん

      とても興味深いコメントをありがとうございます(^^)
      「いまここ」的無の境地で起こる何かが在るとわかった時
      この世の愛の深さや目に見えないけど大きな愛のエネルギーを
      実感できる喜びを感じてわくわくしています☆彡

  4. 自分が本当に喜べる道を進んで行くには
    目先の欲や結果に捉われず
    愛を意識できる世界を見ていればいいのだなと思いました☆彡

  5. TORUさん

    本当にそうですね(^^)
    愛を意識できる世界を見ていると
    自然に先を見れて笑顔で心地いい生き方を
    いつの間にしている感じが私もしています☆(*^^*)

  6. 先見性を持って行動することも愛になっているのですね。
    お二人の実例からとても納得ゆきました☆
    そしてそれらがひとつを感じ
    大きな未来を開いているようにも思いました。

    作為という行動は
    きっと不安からくる試み(他人を試みる事)にもなると思いますが
    人は取り分けそんな風に生きがちだと思います。

    それと手直しをして新デザインができあがるというのも
    面白いですね。〇Pの真理みたいですね(*^_^*)ww

    こちらを読むことでまたもっと大きな心からの行動を興せるよう
    しっかり道を意識しようと思いました(*^_^*)
    いつも明るく力強い記事をありがとうござます。

    1. あやこさん

      私が伝えたいポイントをわかりやすくコメントいただき
      とても嬉しいです(^^)
      作為という行動も生きているとありがちだな~と
      意味を調べながら私も同じように感じていました。

      >それと手直しをして新デザインができあがるというのも
      面白いですね。〇Pの真理みたいですね(*^_^*)ww

      ほんと手直しして新デザインになる喜びは
      古い歴史も希望に湧く今も輝く新しい未来も
      ひとつにしている感じがして凄く面白いですよね(^_-)-☆

      あやこさんのお話から愛の中で笑い輝く世界への
      先見性が磨かれそうで楽しくなりました☆彡
      こちらこそ、ありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です