心が折れる時に読む 折れない心の作り方


幾度も繰り返された未来への愛
幾度も繰り返された未来への愛

「よしやるぞ!( ノ゚Д゚) 」

→3日後→

「もう無理心折れた・・・(´;ω;`)」

決意してもすぐに心が折れたり、

長続きしないことはありませんか。

筆者もかつて心が折れまくった者の一人です。
この記事はそんな自分を自然に変えていくための記事です。

心はなぜ折れるのか

 

もしかしたら今の自分だけではできない量を一気にやろうとしているのかもしれません。

人には本来持つリズムがあります。

何かに急かされるように息苦しくなってはいませんか。それではなかなか本来の力はあらわれません。

まず肩の力を抜きましょう。深く深く呼吸をしてみましょう。

焦らず、ゆっくりコツコツとやるのがおすすめですよ。

 

本当に若者だけが悪いの?

「最近の若者は忍耐力がない。すぐ辞める」とかよく言われていますね。

本当にそれは若者だけがいけないのでしょうか?私はそうは思いません。

シンプルな理由として、「何の為にそれをやるのか」がわからず、努力をする意義がいまいち湧かないからではないでしょうか。

昔と違って今の時代は、生きる上で共通の目標も夢もないというのもあるのではないでしょうか。

大人や今の世の中がしっかりとそれを提供できているのかと言えば嘘になります

物質だけはかなり満ち溢れた世の中になりました。しかしそれだけで人は幸せになり、満たされる生き物ではありません。

それ以上に深く、根源的なものがこれからは必要なのです。

それはです。

日々、悲惨なニュースに溢れていますが、大切な何かが欠けているから今のような世の中なのではないでしょうか。

人は、しっかりとした目的と価値が与えられば変われるものです。若者はそういう意味ではチャンスです。

この記事では最後にそれも紹介しますよ(*^^)v

さて、それでは実際に心が折れなくなる方法にいってみましょう。

そのための方法はたったの二つです!

 

心が折れない方法①
素直に楽しむこと

どんなことでもプロ級に極めようとすると必ず壁にぶつかりますよね。
どんな世界でも続ける限り必ず壁はあります。

壁にぶつかると苦しいばかりになり、当初の楽しかった気持ちを忘れてしまいがちです。
こん詰めすぎても、心は余裕をなくしてしまいますし、無理をしてもぼろぼろになってしまいます。

失敗しても失敗しても心が折れず続けられる人というのは、やはりどこかでそれを楽しんでいるのです。
誰しもが持つ子供のような純真な心の声とうまく付き合えているのでしょう。

誰しも子供の頃は全てが新鮮な気持ちで楽しめていたはずです。

その心の声を思い出すには、あなたの心の源をもっと身近に感じることです。

心の源とは愛です。

愛はすべてを楽しむことができます。

そしてそれは確実にあなたの中にあるのです。

心が折れない方法②

大きな目的を持つと道ができる。あとはその道をゆっくりと歩けば良い。

「いやー自分はメンタル弱いから人生に大それた目的とか持てないよ~( ;∀;)」

最初はそれでもいいんです。自信のない方にこそおすすめしたい方法です。

人は目的がないとどこへ歩いていいのかわからなくなります。

努力してもしても浮かばれず、周りも自分も喜ばないとなると、どうしても心が折れてしまいます。人間一人の忍耐力というのはどうしても限界があります。

どんな夢も第一歩からですよね。でも、コツコツと続けていくためにはまず道と目的が必要なのです。

道があると無駄なことにエネルギーを費やすことがなくなります。

よって無理をせずとも最大の結果を出すことが出来るようになります。

必要なのは最初の一歩を踏み出す勇気のみです。あとはゆっくり道を進むだけで大きなことができるようになるのです。

継続は力なりとも言います。特別な力に期待しなくても、道に沿って継続さえしていけば、いつの間にか特別な力が働いていたということはあるのです。

天はもともとあなたの味方だからです。
折れても折れてもくじけない愛が私たちの中にあります。

強力な助っ人は誰よりも傍にいます。
あなたの心の源は決して折れたりしません。

心が折れそうになっても、愛に立ち還るだけで心はいつもリフレッシュされ、前に進む勇気と元気が湧いてきます。それが心の折れない人の秘密です。

生きていれば、時に苦労もするでしょう。それでも多くの人を喜ばせることを成し遂げれば、自分自身も最大限に喜べモチベーションが上がり続けるのです。私たちはひとつだからです。

それがわかるようになる道があります。

こちらのHPもどうぞ☆彡

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


心が折れる時に読む 折れない心の作り方」への10件のフィードバック

  1. 愛の前に折れる(降参する)ことも必要なのかなと思いました。素直になれず、へそ曲がりなだけかも。こんなに苦労したのに、今さら幸せになんてなれない(笑)まず背骨を通すこと。それとしなやかさを持つことかな~と解釈しました。

    1. 天大さん>
      おっしゃる通りで折れることも必要と思いますね。
      自身の経験からもそう感じます。
      愛がわかればしなやかに以前より強くなれますよね(*^^)

  2. 折れない心について考えると、とても総合的なんだなと感じました(^^)
    目的を持ち、確かな道を安心して歩んでいけること。
    その歩き方も、焦らず心地よいペースで、楽しめる心を大切にしていくことや、愛と共にあることなど、人生を深く味わえそう。
    そんな風だと心折れず続けていけのだろうなと♪

  3. 強力な助っ人を見つける事ができれば、どんな時も、たとえ時間がかかったとしても、愛に還って行く事ができますね(*^^*)

    折れない心。この表紙の様に、いつも清々しくありたいなと思いました。
    力強いメッセージですね(^_^)v
    いつか、本になるといいですね♪

  4. 長年人間を遣ってると心が折れることは沢山ありますね。
    小さいものから大きなものまで(笑)
    経験を積むと大きなもので心が折れても平気になることもありますね。
    その内、自分の得意なものが見つかるかも知れませんね。

    1. みのるさん>
      大きな愛を知れば挫折に強くなれそうですね。
      人生に土台があるのとないとでは安心感が違いそうですね。

  5. >道があると無駄なことにエネルギーを費やすことがなくなります。
    人生、やっぱりこれが大事なんだよな(^^) と思います☆
    そしてわたしの今のテーマでは もっと笑いを という感じです☆彡
    そうそう、今夜は「笑いがありチャット」だ うふふ(^^)

    >愛に立ち還ると勇気が湧いてくる
    昨夜の源ラジる☆彡でもそんなこと言ってたな・・・
    なんかシンクロするとまた楽しさもひとしおで(^^)

    1. あやこさん>
      「もっと笑いを」というテーマいいですね(*^^)
      より全てを楽しめそうですね。
      シンクロも嬉しく思います☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です