心が疲れた時に前向きな気持ちになれる心の習慣


心が疲れた時に前向きになれる心の習慣。心を開くと笑顔になれる。
命はあなたの傍で一緒に生きている

毎日の仕事や人間関係のストレスで心が疲れる。
嫌なことや悲しいことがあったなど・・・。
いつも悩んでばかりいると、気分も落ち込んでしまって
愛に心を閉ざしてしまうようになってしまいます。
そうならないように、或はそうなってしまった時に
前向きな気持ちになれるとてもいい方法があります。

それは、源という愛を感じることです。

私たちの心の中には、源という本来の心の部分があります。
楽しいことも、悲しいことも、一緒になって体験している
大いなる愛の存在です。
共に生きる友や親と思ってもいいでしょう。
苦しいことも、楽しいことも、
私たちの体験することを一緒になって感じているのです。
そんな存在が自分の中に居ることを考えてみてください。
そして、その存在を喜ばすことを考えましょう。
愛していると、心の中で言ってみるのもいいですよ。
自分で自分に元気を与えるような言葉がいいですね。
自分自身を愛で満たしてあげてください。

楽しいことやワクワクすることを意識して
心の中を愛や喜びで満たしてみたり、
特に具体的なものがなくても
今を喜びで満たす。
愛で満たすということを意識するだけでも十分です。
そうすると、だんだんとひとつの世界が創られてきます。
あなたの意志と愛の意志がひとつになること。
それが、ひとつの世界です。
源は私たちと愛がひとつになることを願っています。
そして、愛を分かち合うことを楽しみにしているのです。
人生とは、自分一人で生きているものではありません。
源と共に生きているのです。
あなたが生きる時、源も共に生きています。
怖れや不安に囚われていても、
愛は変わらずに私たちの中に在るのです。

ここではその本来の心を大切にしながら、
自分自身の愛が分かるようになっております。
愛に心を開いてみてください。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


心が疲れた時に前向きな気持ちになれる心の習慣」への12件のフィードバック

    1. 大人になると、子供のように楽しんだりワクワクする気持ちがなくなってしまったりしますが、源を意識して楽しい今を生きて行きたいですね(*’▽’)

  1. TORUさま

    こんにちは。色鮮やかな素敵な絵ですね。グリーン、ピンク。紫。どれも癒されます。画像を保存しました~(☆o☆)。

    辛い時も、楽しい時も…。源と共に、愛を忘れずに生きたいですね。素直な表現から(偉そうにスミマセン(^-^;)源の愛を身近に感じる事が出来ました。ありがとうございます。たくさんの人が愛の扉に気付きますように。。。私は、ここだよ~!早く思い出して~。ってオチャメな源の声がまた聴こえてきそうです♪

    素朴な質問ですが(笑)、この絵はTORUさんが描いたんですか?

    今は、無音で、一人でボーっとしてます(笑)。贅沢な時間です(*^^*)。

    1. みさこさん、画像気に入ってもらえてよかったです(*^▽^*)
      上手に描けているでしょう~♪

      なんちゃって・・・。

      実はこれ写真の画像です。
      撮った写真をイラスト風に変換できるカメラの機能です。
      ミラクルさんなら描けそうな絵ですが、
      僕には描けません(笑)

      1. イラスト風に変換。色んな機能があるんですね。ほんとに、想像意欲がわいてきますよ(^∇^)ミラクルさんも、この色合い好きそうですよね(*^^*)
        一日のんびり過ごして思った事は、とにかく、笑って笑って笑う。暗いニユースも吹き飛ばしちゃうくらい笑おうって思いました。

        ハッハッハッハッハッー\(^o^)/

  2. 「愛は変わらずに私達の中に在るのです。」
    この言葉がこころへ自然に浸透しています☆彡
    今日もひとつを感じて愛の道を楽しもうと思います(^-^)

  3. 自分の中に愛という存在が居て
    共に生活していることが具体的に分かったような
    嬉しさを感じられました。

    とても心がほっこりして和みました。
    素的な記事をありがとうございます(*^_^*)
    お気に入りに入れて
    思い出した時に
    また繰り返し読んでみたいものです。

    1. 今を生きるということを実感するには、
      源という愛を分かることから始まりますね(^o^)

  4. 確かに私が好きそうな色合いですね(*^-^*)
    「命はあなたの傍で一緒に生きている」というメッセージにはっとさせられる気持ちです。

    1. 我を忘れて生きるという言葉がありますが、
      今の世の中、そのように生きているのが現状なのかもしれません(*_*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です