憧れとは 憧れを使って人生を楽しく創造する


それぞれの美しが表現される憧れのせかい
それぞれの美しが表現される憧れのせかい

憧れというのは、生きていく上で、大きなきっかけになりうる。

何となく感じる憧れに、自分の理想を知ったりするから。

そして人の成長の傍らにあり、道しるべのようにも使えるものかもしれない。

 

人の成長とともにある憧れ

そういえば、子供の頃、女の子は、ケーキ屋さんやお花屋さんに憧れたり、

男の子は、サッカー選手だったり、野球選手だったり(^^)

成長と共に自分をより知っていく中で、憧れの形も変わっていったりしますね。

私も思い出しつつ、婦人警察官に憧れていたなと(^^;

きっとドラマでカッコ良かったり、少しでも世の中を良くするために

何か貢献したいと思ったのかもしれないけれど。

ひとつの職業だけが貢献できるわけではないだろうけど、

その時の自らの理解できる範囲で、憧れていたのだろう。

そして、時代によっても、女性であればこう生きる、というように生き方モデルが

ある程度決まっていた時代と、また現代とは違っているのかもしれない。

でも憧れは人の歩みの傍らに、形を変えながらあり続けた。

そう思うと、こうして生きて憧れを抱けることは、幸せなことだと思う。

 

憧れの元にあるもの

そして、大人になって少しずつ自分を知っていきながら思ったのは、

自分が憧れている人を、他の人も同じ熱量で憧れているとは限らない。

だから興味深い。

自分が見ている世界は内面を映し出す鏡だというけれど、

「憧れている人に見てる要素」って

実は「自分も持っている」部分もあるのかもしれない。

「自分が気が付いていない自分の要素」を他人にみて憧れているものかも

と思う時がある。

「まだ自覚できていない自分」

でも、似た要素は備えている、それを感じるから、そこについ光を見出して

憧れる部分もあるのかもしれない。

そこに、これからの楽しい方向性があると分かるから。

 

でも実際は、いやいや無理無理、、と思ったりして

意外と抵抗してみたりする。 恐怖が出たりする。

自分の中にある要素をまだ信じきれなかったりするから。

そして、信じるには行動を変えてみなくてはならなかったり、

憧れる方向に進まなくては、確信には至らない。

内心のワクワクに従って進めとはいうけれど、

既に自分は持っていると信じている要素は、もう現実に現われているんだろう。

でも、なんかワクワクするな、という感触のものは、

もう少し深堀りして行動して、そのワクワクはこういうことだったのかと

思うところまでやってみないと、分からなかったりもする。

憧れは、きっかけになりうる。

でもある意味、そこまででもあって、

それを道しるべに確信に変えていくのは自分自身。

いつまでも、何となくの憧れを抱き続けてはいても、

何も変わってないという場合は、あまり進めていないのかもしれない。


私たちの共通の憧れ

憧れ、こんな風だったらいいな

大きく捉えたら、みんな深いところで共通に思っているのは、

愛と平和の世界だろう。

でも、そんなこと無理に決まっている。

そう思ってしまうのか、それを手掛かりにして進んでみるのかどうかは私達次第。

何となくの憧れを、この先もまたずっと持ち続けるのではなくて、

また次の世代に託し続けるのでもなく、

それを実現した世界を生きて、一人一人が輝く姿を見ていきたいな。

子供たちは、目の前の大人たちのように、

それぞれの美しさを一杯に表現したいと

続いていくのではないでしょうか(^^)

そんな未来創りはここから進められています☆彡

SP世界をひとつに  http://hitotsu3.jp/


弘美 について

世界をひとつにする活動に参加しています。 誰もが愛であり、素晴らしい存在であることを実感しながら、楽しく広げていきたいです☆ よろしくお願いします。

憧れとは 憧れを使って人生を楽しく創造する」への8件のフィードバック

  1. すんごく 気持ちのいい内容ですね(^0_0^)

    ずっと(笑)昔に抱いてきた憧れが
    なんともすぐそこに映るようでした(笑)

    そしてこれからも大きな憧れとともに
    今見える現実をもしっかりみつめて
    ひとつへと愛に平和につくっているのですね(*^_^*)

    秋風の様な素的な世界をありがとうございます。

    1. あやこさん☆

      昔に憧れていたことは、
      今に繋がっていたりするのでしょうね(^^)
      そして、また大きな憧れと共に
      一歩一歩、創造を進めていくのでしょうね♪

  2. >大きく捉えたら、みんな深いところで共通に思っているのは、
    愛と平和の世界だろう。

    しかし、希望で止まってしまう。
    高い山に登る憧れと無い人の差は確かにありますが、
    登りたい人、ここへ集まって頂ければフォローしますよですね。

    1. みのるさん☆

      そうですね。
      あたたかな世界の創造を希望される方たちと
      共にいきたいですね(^^)

  3. 大人がいつも楽しげだと
    憧れ視線を送っていた頃を思い出しました(*^^*)
    それぞれが美しさを一杯表現する創造を
    心から楽しみたいと感じています♫(^^)

    1. 美和子さん☆

      大人が楽しげであることは
      とても大きなメッセージなんでしょうね(^^)
      そんな楽しさをもって創造していきたいです。

  4. 憧れというのはそこに愛や未来を
    感じるからなのかもしれないなと思えてきました☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です