コンプレックスを愛すると最大の武器になるお話(^^)


神さまは乗り越えられる人にこそ試練を与えるのかもね

コンプレックスがないという人はいないのではないでしょうか。生きている限りコンプレックスとは向き合わなければなりませんよね。この記事では、そのコンプレックスを武器にするお話をさせていただこうと思います(*’▽’)

コンプレックスの意味

コンプレックスという言葉は様々な解釈があると思いますが、この記事では「劣等感」だったり「自分の嫌いなところ」という一般的な意味で話を進めます。筆者もかつて色んなコンプレックスで悩んできました。多すぎて挙げられないくらいです(笑)

でも、乗り越えられる人にこそ、そのコンプレックスが与えられているのかなと今なら前向きに考えることもできるようになりました。

自分自身受け入れられたとき、それはもはや欠点ではなく、個性に変わるように思うのです(^^)

しかし、コンプレックスは本人にとっては大きい

「悩んでもどうにもならないだろ~?┐(´∀`)┌」

どうにもならないから悩むんじゃないか!(# ゚Д゚)」

これ、現実で実際にあったやりとりなんですけど、本気で悩んでいる人ほどそうも言いたくなりますよね。

悩んでも解決しないからコンプレックスなんですよね( ノД`)

そしてコンプレックスとは本人にとっては大きくても、
第三者から見れば意外とたいしたことなかったりします。

(そんなことない。と思う方はこっそり他の人の悩みをイメージしてみてください。

なんでそんなことで悩んでいるんだろう?となりませんか(^^))

 



コンプレックスの克服法は

コンプレックスを悪いことだと決めつけないこと

 



「悪い」という判断を下さなければ、それはコンプレックスではありません。


頭で勝手にそれが悪いと決めつけているだけです。

 

自分を一番傷つけている正体は、実は自分自身なのです。

それが第三者による言葉であったとしても、自分がそう思っていなければ傷つくことはできないようです。

自己否定こそが一番自分を傷つけ萎えさせます。

だから、否定をやめていくことです。

逆に言えば、自分にさえ傷つけられなくなれば、笑い飛ばせれば、それはコンプレックスに勝ったということなるでしょう。



話してみるとわかることもあるのですが、本人は悪いと思っていても、ほかの人は「だがそれがいい」と思っている場合もあります。

たとえば、自分の声が大っ嫌いだったとしても、その声が良い!って思ってる人もいるってことです。

この世界、みんながみんな同じ好みで、同じ価値観だなんてまずありえないですよね。その観点からも、完璧な人はこの世にはいないんです。でも、それが面白い。

だから、究極的には良いも悪いもないんですよ。人の解釈の数だけあるんです。

そのあなただからこそできる役割がある。体験がある。

人が仮にそう思ってくれてなかったとしても、神さまはそんなあなたをそのまま超絶愛しているみたいです。

愛されて、認められているからこの宇宙に存在しているそうです。

逆に神さまの長年の片想いが不憫になるレベル。人って大概鈍感っすよねぇ。。^^;

 

自己否定はやめようと思うけど、第三者に否定されるって?

 

それは自分が思っている事が現実に現れている証拠。

コンプレックスを感じたときこそ、自分自身の存在を否定してしまいそうな時こそ、自分に言ってみましょう。

「だが それがいい!!」

このわたし(愛)で生きていくと決める



自分の欠点だと思う部分を愛せた人は強いです。
個性が立ち、人を惹きつけます。

その姿勢はあらゆる人に勇気を与え、世のため、人のためになるんです。
世の芸人さんを見習いたいところです。


逆にコンプレックスを最大の武器にして売れている人もいるわけですから。わからないもんです世の中。

コンプレックスとは個性なのかもしれませんね。そこに優劣はないように思うのです。

先に、愛や世界を考えると、自分の殻を突き破りあなたの個性が武器になるといずれわかる時が来ます。

蛹から蝶になるように。

よかったらこのページもご覧になってみてください(^^)理解が早まることでしょう。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 天地創造


ミラクル について

世界をひとつにするため
真実の「愛」を表現するため
【SP世界をひとつに】プロデュースの元、
【夢 ひとつ】という漫画を描いています。

コンプレックスを愛すると最大の武器になるお話(^^)」への12件のフィードバック

  1. コンプレックスを笑いに変えられるのが
    芸人さん達なのでしょうね。
    同じようなコンプレックスがあっても
    ネガティブな気持ちで生きるか
    ポジティブな気持ちで生きるのかでは
    違った人生になりますね。

    1. TORUさん>
      ほんとそうですね(*^^)
      人生含めてそんな気がしています。
      あの世では「笑いは終わりなきブーム」というのもわかる気がしますね。

  2. だが、それがいい!

    ある声で再生されました(^^)

    >このわたし(愛)で生きていくと決める

    心境の変化を主体的に起こす方法がこれなのでしょう。 

  3. ミラクルさん

    >自分自身受け入れられたとき、それはもはや欠点ではなく、個性に変わるように思うのです(^^)

    もしコンプレックス程の違いがないと 画一的だったかも。その数だけ人の体験(個性)もあり、バラエティーに富んだ人間社会の一助ですね。

    1. みのるさん>
      そうですね。個性の数だけ貴重な体験がありますね(*’▽’)
      いずれそれらがひとつになった時大きく世界は変える力になるように思います。

  4. >自分の欠点だと思う部分を愛せた人は強いです。
    >個性が立ち、人を惹きつけます。

    個性が立つという言葉が、とても印象的でした(^^)
    コンプレックスと格闘してきたかもしれないけど、でも最終的にはそれをも受け入れ愛していける人は、個性が立つといえるほどの存在感をもってその人らしくあれるのかなと感じました☆

    1. 弘美さん>
      そうですね^^
      人って多かれ少なかれ色々な事で悩んでおりますが、
      その中でも個性が立った人って不思議と輝いて見えるんですよね(*^^)

  5. 「超絶愛」っていいですね!
    満月のような穏やかで大きな輝きもイメージされて
    コンプレックスも笑い飛ばせるような
    大きな喜び(ひとつ)を感じます☆彡
    私の2017年流行語大賞にさせてもらいます♪(^^)v

  6. >「悪い」という判断を下さなければ、
    >それはコンプレックスではありません。
    悪いことと判断を下している自分が現れないように
    笑える前の方向をしっかり感じる自分で居ようと思いました。
    コンプレックスを愛してくれている方を信じ続けてW(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です