自分の存在価値がわからない時に読む記事


紫陽花の写真
源はあなたの本当の価値を知っている

自分には生きる価値がないと思っている人へ

自分自身の存在価値とはいかなるものなのだろうか。

誰かがあなたの価値を決めるのではない。

最終的な価値判断をするのは自分自身である。

その判断は人生を左右するほどのもの。自分に価値がないと判断すれば、そのような人生になる。

つまり自分次第ということである。

是非、この機会に一緒に考えてみよう(*´∀`)


あなたの価値を知っているのは誰?
占い師だろうか。それとも知り合い?もしくは上がらない給料。それとも世間だろうか?

答えはNOだ。

「何で誰も自分の存在の価値を認めてくれないんだろう。
何のために生きているのか、自分でもわからない。
必要とされたい。生きる価値はあるのだろうか?」

そう思った事はないだろうか。

外見が良くても、いくら頭が良くても、その人自身が幸せじゃなければ価値があるとは言えないのではないだろうか。

そして、あなたの中にある絶対的な価値を誰も奪うことはできない。

 

もし、あなたに価値がないのであれば、あなたを創造した神にも価値がないことになる。

生命の源はわたしたちに代わって、あなたの絶対的に変わらない価値を知っている。

 

絶対的な価値とはなんだろう

 

頑張って何かを手に入れても、色褪せたり、奪われたり、壊れてしまった経験をした事はないだろうか。
信じていた人や状況に、裏切られたように感じたことはないだろうか。

そんな不安定な世界や時代の中で、意味のある「価値」とは何だろう。
goo辞書にはこう書かれている。

か‐ち【価値】
1 その事物がどのくらい役に立つかの度合い。値打ち。「読む―のある本」「―のある一勝」
2 経済学で、商品が持つ交換価値の本質とされるもの。→価値学説
3 哲学で、あらゆる個人・社会を通じて常に承認されるべき絶対性をもった性質。真・善・美など。

絶対性を持った性質のものを、常に自分の中に持っていたいものである。

そして世界や人の役にも立つような、必要な存在になりたくはないだろうか。

では絶対性を持った性質の価値とやらの、具体的な正体とは?

それはこの宇宙が存在する前からあった「愛」だと私は考える。
「神」と言い換えても良い。
それは同時に「真・善・美」を持ち合わせているものだからだ。

 

最高の価値ある自分と人生を始めるヒント

写真 2012-08-11 14 13 28

人は何かを得るため、努力をする。
誰かに愛されるためだったり、世間やみんなに自分の価値を認められるためだったり、不安を解消するためだったり…

 

努力するのは良いこと。
ただ、一時的なものやいずれ壊れるものを得ても、時間がもったいない。
時は金成だ。時の浪費は人生の浪費とも言える。

どうせ生まれてきたのなら、その努力で最高の価値あるものを知ろう。
どうせなら死ぬまでに、最高の体験をしよう。

 

あなたの本当の価値を知ることが何より近道。

 

こちらもどうぞ。

 

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


4 thoughts on “自分の存在価値がわからない時に読む記事

  1. 絶対性(真・善・美など)を持った性質の最高の価値は愛(神)
    この内容にハッとして
    心の奥に最も大切な真実(愛のパワー)をいただきました☆彡
    人生を最高に価値あるものへと動いてゆこうと思いました(^^)

  2. >もし、あなたに価値がないのであれば、
    >あなたを創造した神にも価値がないことになる。

    本当にその通りだな~と思います。
    価値ある人生を歩めるようにして行きたいです。

TORU にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です