禅とは宇宙と一体になり慈愛の先の愛を体感することも


禅 意味
実は、雲の上はいつも晴れわたっています(笑)

座禅を続ける時に学んでも上手にならない方も居られるでしょう。その原因や限界が何故、解決出来ないかが分かる。禅ののいわんとするところを語っています。

初級者がいきなり中級者に

そして禅が本当に言いたかった話も出て来ます。

「禅」が本当に望んでいたのは悟りの世界の広さ等と共に「慈愛」の先の「愛」の世界だったのです。
今風にいうと「ひとつの世界」です。

ここでは、既にご存じの方が多いとして、その先に進めさせて頂きます。

しかし、全く知らない方がここへ来られた方も居られるのでおさらいとしてご説明させて頂きます。

禅とは、禅というものは長い歴史があり、時代に依っては民の意識が変わる程の天変地位がありました。

また戦国時代や平和な時代もありました。

その為、政りごとも変わり度々民の意識も変わりました。

その為仏教者の救い方、説教も変わって行き、宗派が生まれてゆく面もありました。

大本に還る宗派もあれば民に寄り添う宗派もありました。

座禅を何年もやっている方にも役に立つことも話題にしますので最後まで読んで頂ければ幸いです。

又、初級者用の説明 中級者への教え、上級者への教えを順にしないと誤解される事が多いのが仏教であり禅などであります。

しかしながら初級者がいきなり中級者になりうるのも禅です。

そして、中級者で留まるか。又は初級者が一気に上級者の境地を悟れる場合もあります。

禅の目的で一番大きなものは悟りの境地、「悟り」でしょう。

しかし、今のこの時代の悟りは、悟ってからの釈迦の諦めを前に進める事ではないでしょうか!
つまり悟りで得た境地、世界、世界地図に現れない世界の広さ深さ、この世、あの世までの世界を考えることではないでしょうか。

禅がとても解る

座禅
この平城宮の門を通ったであろう「禅」

禅も難しく云えば大そうなものに聞こえるのですが、私達庶民にも解るように説教すると砕け過ぎてしまうきらいがありますので、知りたい学びたい気持ちが庶民にも必要かと想われます。

そこで難しくと思いましたが、それらはこれまでの本やネットでも知ることが出来るので、ここでは新しい時代の流れによる「禅」のような「新しい流れ」をお伝えします。そこからの方が禅がとても解るのです。

また宗派を創る気か、と思われるでしょうが、ここはそこが違うところです。

あらゆるものを「ひとつ」にしているところなのです。

その原因や限界が何故

これまでの禅の話は膨大になりますが、こちらも膨大の膨くらいはあります(笑)

ここのブログも約1年になります。中身は膨大に近づきつつあります。

これらを全部読むのは大変です。そこで気に入ったタイトルから読んでも、

ある素晴らしいHPへ新しい時代のほーむぺーじへ行けるようになっています。

禅のいわんとするところを語っています。そして禅が本当に云いたかった話も出て来ます。

今、はやりの座禅で心身のストレスを解消し仕事や家庭を笑いの絶えない毎日にしたいと続けて居られることでしょう。

それらを続ける時に学べば学ぶほど上手になるようでならない方も居られるでしょう。

その原因や限界が何故解決出来ないかが分かるHPがあります。新しい時代のHPです。

禅からもひとつの世界

禅とは
天国はお花畑だけではない。ひとつの喜びの世界

 

禅でも何でもそうですが、全てはあるところに繋がっています。

そのあるところが分かれば全ての悩みや問題が解決出来ます。

それは何かと言いますと、それは「愛」です。

歌謡曲に出てくる愛も愛なのですが、その先のもっと広い意味での愛を想い浮かべて見て下さい。

それを実行しようと思うと大変な努力が必要なように感じるでしょうが、

こちらのHPではそれを大変と思わないで遣れるところです。

ここではただ参加するだけとは言いませんが理解して頂くと色んなことが解って来ます。

すべてが「ひとつ」に繋がっています。

悟りの世界もひとつ、一体であり一体感が感じられます。バラバラではありません。

バラバラを体験する時代は終わりました。

これからは、ひとつに還る時です。

「禅」が本当に望んでいたのは悟りの世界の広さ等と共に「慈愛」の先の「愛」の世界だったのです。

今風に言うと「ひとつの世界」だったのです。

もっと詳しくここで書くのは長文になりますので、

この先はこちらを↓先ずクリック又はタップして下さい。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!

 


みのる について

HP 「SP世界をひとつに」をスタッフと共に運営しております。 ひとつに還る運動を続けています。 みなさんもどうぞご一緒に! 魂が喜ぶ、魂の為の活動です。

禅とは宇宙と一体になり慈愛の先の愛を体感することも」への10件のフィードバック

  1. >天国はお花畑だけではない。ひとつの喜びの世界
    この言葉いいですね~(*’▽’)b
    ひとつの喜びの世界を体験していきたいです☆彡

    1. TORUさん
      さすがにご理解が早いですね。
      このように解る人が100人越えたら広がるような気がします(笑)

  2. 今日は、雪雲の上は、青空なのかな~?とか考えてました(笑)。
    寒い一日です(>.<)
    ●バラバラを体験する時代は終りました。ひとつ(愛)に還る時。

    バラバラな世界。たくさん体験したから…これからは、TORUさんのコメントと同じく、ひとつの喜びの世界をたくさん体験出来たらいいなと思いました。
    何回か読んでいると…。神様からもらった命を大切にしよう。って気持ちになりました。

    1. みさこさん
      神(源)をいつも想っている方にはいつも何かと届いているものがあるのでしょうね。
      既に喜びの世界に在られることが多いでしょうね。

  3. 禅がゴールだと思っている人は、その先に出会って驚かれるかもしれませんね(笑)
    慈愛の先へと進むことで、禅という一つの手段を楽しむ余裕も出てくるように思います。
    春らしい軽やかな笑いが聞こえてきそうです(^^)

    1. 聖弥さん
      >禅がゴールだと思っている人は、その先に出会って驚かれるかもしれませんね(笑)

      そうですね。そしてまだ先があるのかよーと想われてしまうかも。

      でも。全く逆で、素人でもこちらを先にすれば、一気に、悟りの境地とその先の愛の世界、ひとつの世界へ、行ける秘訣を公開中ですから是非、HPまで辿りついて欲しいですね。

  4. >釈迦の諦めを前に進める事ではないでしょうか!
    気付かされます。ほんとそうですね。
    前半から先人たちの苦労を感じます。
    また後半から大きな希望と喜びの中で
    様々な苦労が報われてゆく様を感じられるのがうれしいです(^^)

    そして全体から
    小説を読みこんだかのような何とも言えない心地よさを感じられました。
    言葉というよりは行間で伝わってくる内容だとも思いました。
    宇宙を感じつつ禅をしたような感じになることができました。

  5. あやこさん
    >宇宙を感じつつ禅をしたような感じになることができました。

    禅を解り易くするためにもこちらのHPへのご興味を持って頂きたいと思っています。

    そこでは「神(源)の力」という即、宇宙との一体感を味わえる会が無料で開催されています。

  6. 人気記事。
    とてもいいアイデア?だと思いました。
    たくさんの投稿文の中から、お気に入り記事をセレクトしたらいいのにな~と思った事があったので…。
    読み返してみて、自分のコメントをみると…、こんなこと感じてたんだな~。とその時の事を、思い出します。泣いてばかりでした(笑)。

    1. みさこさん
      どうもです。
      そうですよね。
      いつの間にか随分多くなりましたので、このようにしました。
      これからも宜しくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です