人生を大いに楽しむ3つの方法


人生は山あり谷あり! 愛の視点なら どちらも楽しめる。

人生楽しんでますか(^^)「楽しめ!と言われてもどう楽しんでいいのかわからない」という方もいるかもしれませんね。この記事で一緒に考えてみましょう(*’▽’)

 

方法①楽しむためには心に向き合い

新しい視点も取り入れてみる

さて、もし人生が楽しくないとしたら それはどこに原因があるでしょうか?

環境や状況ばかりに目がいきがちですが、それはにあります。

身体だけではなく 心で この世界を体験しているからです。

だから、心を塞いでいると何やっても楽しくないものです。

楽しくない時は一度心に目を向けてみましょう。

なぜ子供のように楽しめないのか 大人になって疑問に思うことはありませんか?

それは固定観念が染みついているからなのかもしれません。

過去から築きあげてきた価値観や生きる術みたいなもんです。

いっそ大きく新しいことを取り入れて それを脱いでみるのも手です。

おすすめは 愛ですね。ほんとうの自分です。

ほんの少しの勇気で人生は新しくなりますよ。

 

そして、人生は山あり谷ありです。

人生良いことばかりや うまくいくことばかりではありません。

それはなぜか。人生はドラマチックにできているからではないでしょうか。

失敗したからこそ気付けることは山ほどあるし、その気づきがすごく大事だったりする。

 

せっかく地上に生きているんですからね。色んな味を知ったほうが奥深い人生になるのではないでしょうか。

人生の良い部分のみ楽しもうとはせず、谷も楽しんでしまえばお得だとは思いませんか。

愛の視点を持つと だんだんとそれができるようになります。

方法②好きなことはひとつだけじゃなくていい

総合的にゆっくり人生楽しんだっていいんだ

オリンピック選手のように好きなこと一つのことを極めて評価される。

世の人気者や成功者のように好きなことで生きていく。

それはカッコいいし素晴らしい。筆者はそう思って生きていました。

でも、最近ちょっと考えが変わりました(^^ゞ

「自分も何者かにならなきゃ。何か自分も使命というか・・・何か得意なことを見つけて全うしなきゃ」

とわたしのように思っている人もいると思います。

夢 と言えば聞こえはいいですが、何者かになろうと拘ったり、ひとつのことだけに拘り過ぎると、大きな壁にぶつかり、なかなか思うようにならずかえって苦しいことだってあるはずです。

もしかしたら好きなことは1つじゃなく、10個くらいあるかもしれないのに(笑)

その1個しかできない人生って 楽しむという観点でいえばどうなのかな?って思うようになりました。

愛とは全てです。

何か一部のものだけではありません。全てを含みます。

愛を見ようとした結果、もっと広く楽しんでいいんじゃないかなと思いました。

実はそう考えられるようになったのは、愛(源)のエネルギーとの対話メールを受けたことがきっかけでした。

夢はひとつに絞って極めるべきだと思ってた私に、愛(源)は好きなものをいくつか聞いてくれて、世界を広げてくれたんです。

また日常にも目を向けさせてくれました。

愛の観点で見てみると、今まで抜け出したいと思っていた何気ない日常も、ものすごくありがたいものなんだって気付いたんです。

いまこの瞬間を楽しもうと思えるようになったんですね。

愛の観点に戻るきっかけとしても、対話メールはおすすめです。

 

③それでも不安で焦ってしまう場合

焦りは禁物。

よく聞く言葉ですね。

人生を楽しむ上でも そう思います。

今日という体験は 今日しかありません。

走ってばかりでは 道に咲いている花の魅力に気づけません。

噛まず 味わうことなく飲み込んだら せっかくの目の前の料理ももったいないですよね。

人生というものも そういうものなのかもしれません。

 

でも、自分が何をしていいかわからず、この状況をどう楽しんでいいかわからないからこそ焦る という場合もあるかもしれません。

でも、最初は不安だったり焦りだったりでいいと思います。

いっそそれを力に 大きな愛に飛び込んでみませんか。

それが一番です。ほんと。

愛を知るから 人生山あり谷ありでも安心できるんです。

安心できるから 今この瞬間と未来をぞんぶんに楽しめるのではないでしょうか。

ぜひ、こちらを読んじゃってください。

考えてもわからないことは、行動してみてからわかることもあるんですよ(^○^)

ひとつの世界を創っちゃおう!


人生を大いに楽しむ3つの方法」への12件のフィードバック

  1. 先ずは自分の「心に向き合う」
    若いとき、これはやって来なかったかも。目先しか。
    大人になって目先は目先と体で知ってしまい、痛かったです。
    それだけに本来の愛の目的を知り拡がり始めています。

    1. みのるさん>
      なるほど
      自分にも心当たりがある話です(^^ゞ

      本来の愛の目的を知ると 長い目で人生が観れるようになり
      目先に囚われにくくなるかもしれませんね(^^)

  2. 愛は全てを含むというのを
    人生に例えているのがほっとする真理ですね☆
    自分はこういうものだと1つを決めてそれに励む道は
    分かりやすく喜びや悲しみも明確な人生になるように思いますが
    人生を愛にしてゆくためにはひとつに長ける道ではなくても
    全て愛と分かる時 存在しているそのことに感謝でき
    喜べる人生を送れるのだなと思いますよね
    そこからまた大きな人生を創って行けるのだと思うのです☆彡

    1. あやこさん>
      ありがとうございます。
      あやこさんのおっしゃる通り
      存在しているそのことに感謝できることが
      人生楽しむ上でも重要だと感じています(^^)

  3. >人生は山あり谷あり! 愛の視点なら どちらも楽しめる。

    人生を丸ごと楽しめたらすてきだなと感じました。
    愛の視点をもって生きられるように日々意識をしていきたいです(^^)

  4. >愛を見ようとした結果、もっと広く楽しんでいいんじゃないかなと思いました。

    大きな気づき=あっ愛だ!ってわかると
    人生や世界を楽しむ軸がわかって真の喜びが自然に広がるから
    ふとした愛の感覚を大切に人生を楽しもう♪
    と改めて思いました(*^^*)

    1. 美和子さん>
      そうですね(*’▽’)
      大きな気づきが人生をより楽しくしてくれるように思います。
      ふとした愛の感覚を大切に感じていきたいものですね。

  5. 一つの事を極めるにしても
    結局は自己満足だったりするので
    自分が楽しいと思えることが次々と見つかるほうが
    長い人生、大局的に楽しめそうな感じがしますね。

    1. TORUさん>
      ですね。
      自分も他者もひとつなので、結局両方満足させるためには、色々食べて色んな経験をしたほうが結果大きく極めることにも繋がっていくのかなとも思っています(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です