ミュージシャンが幸せになる生き方、見つけました。


歌手としての幸せ
ミュージシャンにとっての幸せってなんだろう?

ミュージシャンにとっての幸せ
とは何でしょうか?

一流アーティストとして活躍すること?

人気スターになって女の子にモテまくること?

ヒット曲を生み出す運と才能?

お金に不自由せず、何にも縛られず自由に創作し、表現できること?

 ミュージシャンにとっての幸せとは

「自分は、好きな音楽で収入を得て、そこそこの暮らしができれば十分幸せだ。」

そう思って音楽に打ち込んでいるけれど、何年たっても芽が出ない。
先が見えない。
金銭的にも余裕がない。

バイトと音楽活動で疲れ切ってしまう生活が続き、
インスピレーションも降りてこず、自信を失くして

「自分には運がない。才能がない。音楽を諦めたほうがいいのか。」

と悩む。

愛奏でるギター
悩んで苦しんで傷ついて、、ミュージシャンの幸せってあるの!? ギターの音色でしばし休憩しましょ♪

 

「ミュージシャンにそんな悩みや苦労はつきものだよ」

そう考える人も多いことでしょう。

 

しかし、

挫折や苦労を沢山すれば、ミュージシャンとして幸せになれる

という常識も保証もありません。

 

では、どうすればミュージシャンとして幸せになれるのでしょう。

幸せな音を奏でるピアノ
何をもってしてミュージシャンの幸せと成すのだろう。どうやってその幸せを確認できるのだろう。全ての答えはここにある。

ミュージシャンは音楽を心から愛しています。

「思う」よりも「信じている」といったほうが近いかもしれません。

音楽を愛することにかけては一切の疑いがないからです。

ミュージシャンは、演奏したり歌ったり、音楽を創る中で生まれる一体感を体験することで

「この感動を自分も創りたい。そうやって生きていきたい。」

と望み、 音楽を創る側=ミュージシャン・音楽家 になるのだと思います。

一体感

たとえ一瞬ではあっても、その感動体験は 絶対的なもの です。

だからこそそれを信じ、苦労も乗り越えてゆこうと思えるのですよね。

一体感による感動は、ちっぽけな自分の 既成概念やこだわり(執着)を吹き飛ばします

全てはこのためにあり、自分もこのために生きている。

この瞬間が永遠だと感じられる。

そして新たにインスパイアされる。

それまでの 苦労の全てが報われる瞬間 でもあります。

コンサート中にアーティストが感極まって「愛しているよ!」と叫んでいるのを目にすると、そんな一体感を感じているのかな、と思います。

ミュージシャンにとっての幸せとは、

音楽を創る中心で体験する一体感=感動

なんですね。

ここで「幸せ」の意味を調べてみると、「心が満ち足りている状態」という表現がありました。

感動の一体感が生まれる時というのは、

何もかもが満たされている状態

ともいえるでしょう。

とはいえ、一体感を体験したことはあっても、一体感という感動を自ら生み出していかなくては、本当の意味でミュージシャンとしての幸せを体験できません。

ここが、ミュージシャンとして幸せに生きられるかどうかの大きなポイントです。

一体感を生み出すには、次の三つの条件が調う必要があります。

  1. 伝えたい内容、表現したい内容がある。
  2. 自分が伝えたい内容を、精いっぱい自然に、楽しんで表現できる。
  3. 自分の表現した内容を受け取る相手がいて、喜んでもらえる。それを実感できる。

これを簡単に表現すると、こうなります。

  1. 目的をもつこと
  2. 目的に沿って行動すること
  3. 時間と空間を合致させること

目的があれば、そこに向けて動き出せます。

目的に沿って行動れば、必要な技術やコツ、ノウハウが身に付きます。

時間と空間が合致すれば、自分が伝えたいことを受け取りたい相手に出会い、自分の力を存分に発揮したパフォーマンスができ、相手の心に届き、喜ばれます。

こうして、発する側と受ける側の喜びがひとつに繋がり一体化すると感動になる のですね。

しかし、これら三つの条件すべてを自分一人で調えるのは難しいことです。

条件「3」などは、もはや運や神頼みの域です(笑)。

「なんだ。結局、運や才能か。

ミュージシャンが幸せになる生き方なんてないじゃないか。」

そう思われましたか?

いやはや、大変失礼しましたm(__)m

ちょっと前置きが長すぎました(笑)

実は、これら三つの条件を簡単に調えられる方法があるのです。

その方法を一言で表すと、

全てを集中させる方法

です。

happysinging
可能な限りシンプルにされた生き方。方法。一点(夢)に集中!

集中させると向心力が生まれますね。

この方法では、その向心力を使い、自分自身が向心力の源として行動できるようになっています。

それは一体感を生み出す 音楽の源 になって動くことでもあります。

自分が源になって動くと、自然と人生が調い、世界が調っていきます。

結果として、「一体感」という感動を創りだすミュージシャンになれる のです。

それが幸せなミュージシャンとしての生き方です。

ミュージシャンが幸せになれる生き方は、こちらでご紹介しています。

SP世界をひとつに http://hitotsu3.jp/

 

tree-of-oneness
全てのミュージシャンが幸せになり、この世界中が感動で満たされますように。

 


聖弥 について

歌う喜びを、ひとつの音楽を、より多くの方と体験したいという願いとともに、聖楽教室(せいがくミュージック)を主宰しております♪

ミュージシャンが幸せになる生き方、見つけました。」への12件のフィードバック

  1. >自分が源になって動くと、自然と人生が調い、世界が調っていきます。

    大事な事が沢山書かれていますが、音楽を聞くだけのものはこの一文を取り上げるだけで精いっぱいでした。でも最後に書かれているから凄いことが深く、書かれているのでしょうね。その説明がその上で書き記されているのでしょうね(笑) わたしがコメントするより(笑)

  2. みのるさん(^^)
    コメントありがとうございます。

    そうですね、誰でもどこかに繋がっている部分を感じられれば、
    或いは、分かれる内容があるのであれば
    それが全てであり、真実ですよね(^^)

    それに、日本から世界の扉を開こうとする人は誰でも、
    壮大な音楽を創るミュージシャンだと私は思っています☆彡

  3. 読ませて頂いて音楽家の気持ちになれたような気がして嬉しかったです☆彡
    なるほどです。こんな気持ちで音と携わるのですね。

    音楽家などクリエイティブな仕事をされている方は
    ピュアなハートをもっている方が多いと思います。
    きっと「源」との出会いも用意されている事でしょうね(^^)v

    1. あやこさん(^^)
      コメントありがとうございます。

      全ての音楽家がそんな気持ちとは言えないでしょうが、
      音とひとつになるために鍛錬したり、
      方法を探したりするのだと思います。

      その全てが音楽を創ることであり、楽しさ、なんですよね(^^)
      この世界(あい)とおんなじだな、と思います。

      源との出会いで、その楽しさをさらに広げていただきたいですね☆彡

  4. 聖弥さん。こんにちは。

    投稿文を読んだあとに、メルマガから聖弥さんの花の歌を聴きました。
    素敵な歌&優しい歌声でした。
    投稿の最後のメッセージ。私という花を咲かせよう。って思いました。
    今日は、一人の時間がとれたので、図書館に行きました。弘美さんが紹介してくれた本は、またまた貸出中でした(笑)。でも、素敵な本に出逢いました。愛するということ。

    この本を読み終わり、また花の歌を聴いていました。
    お母さんに御花を送りたいなって思いました。

    盛りだくさんの投稿でしたね。写真をクリックして、源の愛の言葉も全部読みました。聖弥さんのHPにも使われている最後の木の絵。温かくて優しい気持ちになります。

    1. みさこさん(^^)
      愛のコメントありがとうございます。

      歌もお聴きくださったとのこと、絵のことも含め
      こうして感想をシェアしていただけて本当にありがたいです。

      10月のTCでも報告したのですが、
      初めて源とひとつになって歌えたテイクだったので
      自分にとって宝物です☆彡

      「花」はカバー曲ですが、歌詞が本当に源の愛だなあと
      歌うたびに感じ入っています。

      一人一人の命は花。
      命の目的や道を分からず、
      紆余曲折の人生を繰り返す人。

      源はそんな私たちをいつも優しく見守り、
      源のもとに辿り着いた時には温かく迎え入れ、
      人が人としてその命(花)を咲かせられるようにと、
      いついつまでも永遠に
      花として咲き続けられる方法まで与えて
      愛を惜しみなく注いでいる。

      3番は源として生きる歌ですよね。
      心から笑って未来を感じながら歌えます。

      私という個人はそんな優しい人間ではありませんが、
      源を分かち合えると、自分を通して表現できるんだなと
      感慨深い思いです。

      今日はプールで運動しながら、
      音楽って源の力だよなーとふと思いました。

      と、自分の話ばかり長々とごめんなさい(>_<)

      素的なご本といっしょに優しい週末をお過ごしください♪

      1. 聖弥さん。

        今日は、少し遠出して、大きな公園に来ています。
        優しい木々に囲まれながら源の愛を感じて…。穏やかに優しい休日を過ごしています。源として生きる。歌は、本当に凄いな~って思います。泣きなさい。笑いなさい。いつの日か花を咲かそうよ~。私は、やっと一番の歌詞を乗り越えて…。三番へ。愛を生きる事が 出来るかな~。って感じです。愛するということ。最も深く完璧な幸せは、あなたの中にある。あなたの子供たちを、神が私たちを扱うように扱うことだ。この言葉が心ひ響いています(*^^*)。

        1. みさこさん、こんばんは(^^)

          昨日に引き続き、秋を満喫できる素晴らしい天気でしたね☆彡
          大きな公園で、温かな愛の日差しに包まれて
          ゆったり過ごされたことでしょう♪

          「最も深く完璧な幸せは、あなたの中にある。あなたの子供たちを、神が私たちを扱うように扱うことだ。」

          ほんとうにそうだと思います。幸せは主観的なもの。
          自分が幸せになりたいのなら、その源に出会うことですね(^^)
          そして、自分の子供たちを愛するということは
          気持ちを注ぐだけでなく、
          愛として、源として生きる道を教えてあげることでもありますね。

          そんなお母様をお持ちのみさこさんのお子様が羨ましいです☆

          私も、自分の親にその方法を教えてもらって、
          その素晴らしさを一緒に分かち合いたかったなと
          心から思っています(*^_^*)

  5. 一体感という言葉に、深い思いを抱きました(^^)
    コンサート会場のように、表現側と受けとる側ということもそうですし、
    その前に、音楽を創っていく段階で、目的を持って行動していく中でも、
    自らの深いところでの根源なる一体感を体験していくわけですもんね。
    素晴らしい一体感の感動が広がる世界を創っていけるといいですよね♪

    1. 弘美さん(^^)
      コメントありがとうございます。

      楽器の音合わせ(チューニング)しかり、
      曲の理解しかり、音楽ってほんと
      「一体化(ひとつになる)の積み重ね」のような気がします。

      これまでにないスケールの一体感&感動が体験できる
      名古屋講演会が待ち遠しいです☆彡

  6. 聖弥さん。
    ありがとうございます♪
    愛として、源として生きる道を、感性を伝えて生けたらいいなと思います(*^^*)。
    一生懸命に頑張ってるママさん達にも読んで欲しいブログです。
    ママ友の世界も、楽しい時もあれば、ドロドロとした世界になっちゃう時もあります(笑)。

    1. みさこさん(^^)
      一人一人が自分を源にしっかりと繋げて、愛として生きること。
      やりたいこと、必要なことはただそれだけなんですね☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です