無気力な時にまず考えてみてほしい3つのこと


無気力な時こそ愛を見よう 考えてみよう(^^)

無気力になる原因は諸説あると思いますが、
この記事では心と愛の観点からシンプルに語っていきたいと思います。

①考え事や不安がとにかく多い

考え事が多いとそれだけで疲弊しますよね。
精神だけ疲労しきっているのに、身体の疲れが追いついてないと、

「眠れない」
という休みたくても休まらない困った状態になります。

精神が疲れ切ってしまうと、何もやる気が起きなくなります。
丸一日頭を使っていると誰にでも経験があると思います。

無気力だからこそ、日光を浴びながら歩いてみたり、身体を動かしてみるのもいいですよ。

歩きながら長時間悩むことは意外と難しいとわかるでしょう。身体も適度に疲れれば眠れますし、おすすめです。

不安というのは漠然とした未来に対するものです。
でもそれはほとんど今現在とは関係のないものです。

不安が消えない時や、考えが止まらない時こそ愛を見るようにしましょう。

 

②自分を疲れさせることをやめる

なんとなく退屈だから,不安だからと、自分自身を疲れさせてはいませんか。

やらなくていいことをやめると、エネルギーが戻ってきます。

やめると「ああ、それがないと生きられないように思っていたけど、意外と大したことなかったな」と思えてきますよ。

せっかくだから、心から笑えることや自分が最大限喜べることをしましょう。
笑いはどんな薬よりも効きますし、活力源になりますよ(^▽^)

 

③自分の使命を知る

 

「自分がなんのために生まれてきたのか」

その目的を知ると、今まで無駄にしていたエネルギーを有効な事に使えるようになります。

使命がわかると人生が一気に充実するので、無気力になっている暇がなくなります(笑)

自分が愛であることを理解すると、過去の自分を越えることができるようになります。

でもこれはほんとの話です。

自分自身という個だけを考えると全然気力が湧いてこなかったのに、為を思って行動すると思いの他パワーが湧いてきたなんて事例はよくあることなのです。

生まれたからには誰しも目的を持っています。

それがわからず、自分の存在価値がわからなくなっている人は世の中多いかもしれません。

しかし、愛を知ることで自分の価値を知るきっかけにもなるのです。

大変に思えるのは最初の一歩です。

必要なのはちょっとした勇気。気力は後からついてきます。

自分のやりたいことや夢がわからない場合、

存在価値がわからない場合、

考えてもわからない時こそ、まずは愛や世界を考えてみましょう。

この記事もおすすめです。

読んでるうちに気力がわいてくるかもしれませんよ?(^^)

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


無気力な時にまず考えてみてほしい3つのこと」への6件のフィードバック

  1. 写真がとてもかわいいですね(^^)

    考えても仕方のない不安を考えすぎて疲れてしまうよりは、生きる目的に意識を向けてエネルギーを使っていきたいですね☆

  2. >自分がなんのために生まれてきたのか

    人はここだけに笑いを感じられるようになっているかもしれない
    なんて、思うこの頃でしたw
    あれもこれもと不安がったりあるいは興味を持つことになると
    本当の笑いという喜びに蓋をしてしまうことになる
    創造主としてちゃんと創るべきことは用意されているものですね(^^)

  3. >やらなくていいことをやめると、エネルギーが戻ってきます。

    これはついついやってしまいますね(笑)
    途中やめられなくなることもある。
    それは必要だからかもと言い訳する(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です