「人間は考える葦である」では何を考えようか?


疑問に思うこと
花はなぜ咲くのだろう?疑問に思うのは生きとし生けるもので人間だけ・・・ 答えはちゃんとあります。

考えてもどうしようもないことは山ほどあるだろう
しかし明けても暮れても
パスカルが考え続けてくれていた
そう本当の幸福という定義について
今この時代に生きている感謝を込めて考えてみようではないか!

確かに大自然を見てみると
人間という存在の小さなこと
小さいくせに色んなことをしでかして
とても迷惑な生き物のようにも見えてしまう・・・

「 人間は自然のうちで最も弱い※葦の一茎にすぎない、
だがそれは考える葦である」として、
自然において脆弱(ぜいじやく)だが
思考する存在としての人間の本質を表現したもの
考える葦とは – Weblio辞書

フランスの哲学者※パスカルが遺した『パンセ』の一節

※葦とは
イネ科ヨシ属の多年草。
河川及び湖沼の水際に背の高い群落を形成する。
刈り取って乾燥させてヨシズなどの日除けに利用されます。

人間は考える葦

確かに大自然を見てみると
人間という存在の小さなこと
小さいくせに色んなことをしでかして
とても迷惑な生き物のようにも見えてしまう・・・

その理由は万物の中で人間だけが考える力をもっている
考えてゆくことで行動し
思いを具現化させてきた

幸福という訳のわからない欲望のために・・・

※パスカル
ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者である。

彼の死後400年近くが経とうとしている現代において
真の幸せのために私たち人間は何かを考え続け生きてゆかなければならない

考えてもどうしようもないことは山ほどあるだろう
しかし明けても暮れても
パスカルが考え続けてくれていた
そう本当の幸福という定義について考えてみようではないか!
そう、しっかりバトンを受け継ぐような気持ちで
考える葦となろう

誰もが願っている幸福を考える

それは単に家庭や 宗教などといった特定の価値基準を超え
人間共通のいわば愛の形だ
それを考えてみることを人間ならばお勧めしたい

考えてこそイメージが湧き
行動することが分かり形に変化する
考えることができる唯一の生き物として
何を考えてゆくのか
その答えはしっかりとした「愛の形」だ

様々な価値観を超えた大きな大きな愛の形をイメージしてみようではないか

気づいた人間のみに託された内容

愛を形にすることは
生きとし生けるものから私という人間にのみ託された使命として存在している

そして考えた挙句に形にするものは
「平和」という
朝になれば太陽が昇るくらい約束されている世界が答えだが
それを形にするために何を必要とし
何をやめてゆくのかを考えなくてはならないだろう

大きなひとつの愛をつかって平和という世界を形にできる今、
この時代において
「私」という個人から世界は創められる機会が用意されているのは
ご存じだろうか?

一昔前は宗教に入らなくては学べなかった内容も
政治や権力者が世界を変えているとしか見えなかった世界が
今は自由にネットの繋がりとなって
世界は宇宙ごとひとつへと形づくられている事実をしっかり受け入れてみよう

パスカルが欲したあの世とこの世がひとつの世界で結ばれる愛の形も
そう遠くないかもしれない

そうなれば人殺しの意味自体なくなるのだから
意味がなくなれば存在しなくなる
根底から全ての存在は幸福を手にすることができる

今この時代、意味のある楽しいことを
繋がる愛の形を考えよう

考える力が備わっている私自身の心を見れば
真の平和のために必要なものそうでないものがみえてくるのも愚問だろう

個人から全てが始まる時代というのは
同時に「私は全てと繋がっている」という解釈に帰結する

愛と平和のために考え、体験するには下記をごらんください

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


あやこ について

世界中を愛で満たすのが大きな夢です。 愛の世界が感じられるように愛(源)のメッセージを 言葉でダイレクトにお伝えしております。 メールで気軽に行える「愛(源)との対話メール」お勧めです(^^)

「人間は考える葦である」では何を考えようか?」への8件のフィードバック

  1. >個人から全てが始まる時代というのは
    >同時に「私は全てと繋がっている」という解釈に帰結する

    なるほど、「私」という個人から世界は創められるというのは
    「私は全てと繋がっている」ということを表現していくことでもあるのでしょうね。
    日々、何かを考え続けているわけですが、ひとつであることを考えたり行動したりは、ワクワクしますね(^^)

    1. 天大さん、コメントありがとうございます★

      なるほど、選び取るため☆彡
      溢れる愛の方法を何をもって信じ、実現してゆくのかを
      体験と照らし合わせて選んでゆくのでしょうか(^^)
      人生愉快ですよね☆

  2. >考えることができる唯一の生き物として
    何を考えてゆくのか
    その答えはしっかりとした「愛の形」だ

    誰もが願う幸福(愛)を形にするために
    という答えにとても納得しました(^^)

    意味のある考えは愛の方法になるとわかると
    平和で楽しい世界へ
    シンプルに直結しそうですね(^O^)

    1. 美和子さん、コメントありがとうございます★

      シンプルに直結してみると
      本当に楽しむってこういうことなのかと
      思える時が出てきますよね(^^)

      愛らしく わたしらしく それこそが世界ですね

  3. 愛や平和を考えることができるという
    人間に与えられた責任と喜びを改めて考えたくなりました。

    1. TORUさん、コメントありがとうございます★

      人間は愛をちゃんと
      創ることができるようになっているのでしょうね(^^)
      だから考えることができる!
      ちゃんと考えて しっかり形になるよう動けるようにしてみる
      素晴らしい種ですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です