神は存在するのか 存在証明なんて必要? 見えないけれど大切なもの


神 存在
神の存在証明は、愛の存在証明と同じです。愛の存在は、誰でも最初から分かっています。必要なのは、愛を見る素直さだけです。

神。目に見えない存在。あるいは魂や気など。神の存在は、見る事も、測定することもできないため、非科学的なものと考えられがちです。でも、見えないものは存在しない。この前提は本当でしょうか。

一番簡単な物理法則の運動方程式で確認しましょう。

質量×加速度=力

この式の中で、直接確認できるのは、質量だけです。例えば、車が動いている時、車は見えますが、力は見えません。車の動きから間接的に計算することができます。

このように、物理の公式はすべて「測定できるもの」と、「直接は測定できない働き」からなっています。

「測定できないものは存在しない」というよりむしろ、発想の転換をしましょう。

測定できないのは本質なのだと。

これまで、本質を見誤っていたから、答えにたどり着かなかったんですね。

パソコンだと、画面に表示された結果が「物」にあたります。対して、内部で行われている計算が目に見えない働き、すなわち本質です。

命は動く物体?ですが、目に見えない働きこそ命の本質なのです。

物理が物体に関する法則なら、物理をも内に含む法則があります。それが愛や真理です。

真理を具現化したものが物理、だから、矛盾はありません。例えば、光の速さが一定であるのは、変わらない真理を表しています。

真理とは普遍的なものです。自然をみて、愛をわかるように、科学でも、同じことができるはずです。

科学が、本当に愛を分かるのはこれからでしょう。

それでは、この目に見えない働きを、感じる方法はあるのでしょうか。

その答えは、「考えるな、感じろ」です。愛や命が、目に見えない働きの本質です。

よく、愛は脳の電気信号が生み出した幻だとか、命は有機物の塊にすぎないといいます。でも、心が少し穢れたような気がしているはずです。

神も気も愛も命も、その存在は目では確認できません。それでは、どうやったら見えるのでしょうか。

この世界は目に見える物と、見えないけれど大切なものから成り立っています。

見えるものは、五感で、見えないものは、見えないもので見るのです。心の目ですね。

愛は愛で、命は命で、感じられるようになっています。人を愛すれば誰でもわかることでしょう。

本当に大切なものは、心を開いたときに、
初めて見えます。

五感や計測機器が物に対するセンサーなら、愛こそが見えないものに対する唯一のセンサーです。

見えないのではなく、目を閉じていたから見えなかったのです。

最後に、神や我々の存在を証明できるのかということについて。

人間は愛や命について悟り、宇宙の仕組みを知ることはできます。

でも、そもそもなぜ存在するのか、という事に関しては、決して知ることはできないでしょう。

ただ、我々は存在する。命は存在する。神=愛は存在する。なんですね。

「見る」とは否定ではなく、肯定からはじまります。愛するとは、認めることです。

こちらもどうぞ。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!


神は存在するのか 存在証明なんて必要? 見えないけれど大切なもの」への3件のフィードバック

  1. 感じたり気付いたり
    それこそが真理の扉を開くことになるのですね
    なんかこんなお話を聞くと安心します。
    理屈を突き詰めたり
    色んな物を計算しなくても
    大丈夫なのだなと(^^)

  2. みのるさん

    ありがとうございます。
    視る目があれば見えますね(笑) 誰でも。

    あやこさん

    真実を見れば、必ず分かってきますよね。
    このブログが、参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です