生きる意味が分からない人が、人生最大の喜びを体験できる方法


生きる意味を決め、選ぶ時、ほんとうの命が生始まる。
生きる意味はある。それを選ぶとき、命が始まる。

生きる意味が分からない。
生きる意味ってあるの?
わたしがこの世に生まれた理由はなんだろう?
いのちの価値って?

私たちの存在や未来に関わる根源的なことであるにも関わらず、明確な答えがないために、お茶を濁してしまいがちなこれらの疑問を今こそ解消しましょう。

生きる意味は「生きる目的」の中に

「生きる意味っていうけど、そもそも『生きる意味』ってどういう意味?」と思ったので、「意味」の意味について調べてみました。

  1. 言葉(単語・用語など)が持っている概念のこと。言葉・記号などで表現され,また理解される一定の内容。
  2. ある行動や発言が持つ必要性、もしくはそれが行われた理由のこと。ある表現・作品・行為にこめられた内容・意図・理由目的・気持ちなど。表現によって暗示的にほのめかされる深い味わい。含蓄。
  3. ある物(物体やシステムなど)が存在する必要性や理由のこと。ある表現・行為・物事などのもつ内容を表すこと。
  4. 物事がある脈絡の中でもつ価値。重要性。意義。

おもしろいですね 😮

こうしてみると、「生きる意味=生きる理由・目的・意図」とも言い換えられるようです。

生きる意味が分かると人生最大の喜びを体験できる、その理由とは?

私たちは普段、生きる意味について深く考えずに過ごしています。生きる意味を知らなくても、ご飯は食べられますし、学校に通ったり働いたり、友達と遊んだりもできます。生きる意味を知らなくても特に不自由なく生きられる。これは本当です。

しかし、「生きる意味を知らなくても生きられる」=「生きる意味を知らなくても良い」ということではありません。もちろん、「生きる意味がない」ということもありません。そして、生きる意味を知れば、もっと自由になれる。これが真実です。

朝になれば日が昇る。春になれば桜が咲く。それと同じように、生きることには意味があります。理由があります。全ての物事には意味=理由(わけ)があります

物事のわけが分かるようになると、不安が消えて自信がつきます。自信がつくと人生がどんどん拓けていきます。

具体的には、次のような変化としてあらわれます。

  • 新しいことにチャレンジする勇気や、やる気が湧いてくる(やる気スイッチON!
  • 変化を恐れなくなる
  • 余計なことに気力や労力をかけなくなるので、効率をアップできる
  • 人間関係の悩みやストレスが改善される→健康になる
  • お金の流れが健やかになる(必要な時に必要な分与えられ、与えることができる)※「必要=十分に楽しめる」という意味。

これらが積み重なると、結果として「夢が叶う」という、まさに夢のような出来事=奇跡が起こります。

夢が叶うこと、願いが叶うこと以上に、人生で望むことはありません。

生きる意味を知ることが、それほどの喜びに繋がる第一歩だとすれば、知らないよりも知った方が幸せです。

生きる喜びを体験するには今がチャンス

私たちは、家族や友人など人の死に遭遇すると、生きる意味や命の価値について考えます。

人はなぜ、何のために生まれてくるのか。生きるとはどういうことなのか。

このような根源的な内容を考えるとき、あなたはとてつもないチャンスを手にしています。なぜならば、生きる意味を理解した上で生きる人生は、分からないまま生きる人生よりも大きな喜びで満たされるからです。

生きる意味を知らずに過ごす人生は、この世で生きる喜びを半分(或いはそれ以下)しか知らないのと同じです。

もしあなたが身近な人の死をきっかけに生きる意味を考えているならば、それは、その方が与えてくれた最後のプレゼントです。

「この人生を大切に、真剣に生きよう」、「この命を何かの役に立てたい」と考えるならば、この大いなるチャンスを掴んで、価値ある人生を歩んでください。

あなたが生きる意味、命の理由(わけ)。それは、たったひとつ、これ↓↓↓だけです。

SP世界をひとつに http://hitotsu3.jp/

 


聖弥 について

歌う喜びを、ひとつの音楽を、より多くの方と体験したいという願いとともに、聖楽教室(せいがくミュージック)を主宰しております♪

生きる意味が分からない人が、人生最大の喜びを体験できる方法」への4件のフィードバック

    1. 天大さん

      生きる意味は必ずある。
      その思いが、体験によって確信に変わると
      生きることが楽しめるようになるんですね♪

  1. 生きる意味を知らない人生は悲しいだけだと
    そう気付くことはおかしなことではないと
    思うのです。
    まっすぐと 本当の気付きに向かい合って頂きたいですね

    1. 本来は喜びしかない世界で、悲しみを体験するのはもったいないですね。

      気づきの第一歩として、根源と対話するのはとても有効ですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です