エッセンシャル思考を応用し本質を生きる3つの方法


「ついつい無駄な時間に流される」 そんな時におすすめの対話メール
「ついつい無駄な時間に流される」 そんな時におすすめの心の源との対話メール

「エッセンシャル思考は、よく多くのことをやりとげる技術ではない。正しいことをやりとげる技術だ。もちろん、少なければいいというものでもない。自分の時間とエネルギーをもっとも効果的に配分し、重要な仕事で最大の効果を上げるのが、エッセンシャル思考の狙いである。」

グレッグ・マキューン (著)【エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする 】より抜粋

エッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。99%の無駄を捨て1%に集中する方法!
内容(Amazon「BOOK」データベースより)抜粋

エッセンシャル思考は面白い思考法である。

この本の著者はApple、Google、Facebook、Twitteなどの有名企業にもアドバイスを与えたことがあるそうだ。

この世のほとんどが無駄であり、そのノイズに流されず、「人が本来持つ選択する力」を取り戻し本質を生きるのがエッセンシャル思考だ。

無駄なものは捨て、重要なものに力を注ごうというシンプルな考え方だ。

仕事だけではなく、人生にも応用できるのが良い。

最近、「人生がときめく片づけの魔法 (近藤 麻理恵さん著)」なども話題となり国内外問わず片づけなどの断捨離が注目されている。

ネット、ソーシャルメディアなどの情報過多や抱えきれない仕事による忙しさと疲れから、人はシンプルさや本質を選ぶことを求め始めているのかもしれない。

この記事は筆者なりのエッセンシャル思考の応用編である。よってグレッグ・マキューン 氏の方法と似て非なるところはあるかもしれない。
本を読んだだけでは満足できず、この世界でより深くエッセンシャルに本質を生きることとは何なのか興味がある方は是非一読いただきたい。

本質の意味とは

ほんしつ【本質】の意味とは――――
存在するものとして失ってはならない、最も大事な根本の不変の性質。本来の姿のことである。

ちょっと難しい言葉になってしまったけれど、これを人生にあてはめて考えてみよう。

エッセンシャル思考を身につけて本質を選び生きるとは「人本来の人生の目的を生きること」である。

人が目的を持って創られたことをご存知だろうか。

自分自身がなぜ人として地上に生まれてきたかという本質の話だ。
今の世間が決めた幸せが自分にとって本質とは限らない。

あなた自身が心から幸せと思える生き方こそ本質を生きることではないだろうか。

そのためには自分自身の本質を知ることが最も近道になる。

ではここで幻想ばかりの世界に惑わされず、本質の人生を選ぶ方法を3つにまとめてみた。

 

本質を生きる方法①
エッセンシャル思考になるには人生に正しい目的が必要である。

本質を生きるためには正しい目的が必要である。
目的がないと何でもかんでも受け取ってしまいどこに舵をきればよいのかわからなくなる。
本書にも「選択肢が多すぎるから人は方向性を見失う」とある。

人は目的を持つとエッセンシャル思考を自分の中心に据えることができ、次第に振り回されなくなる。
目的があれば、何が必要で何が無意味であるのかわかるようになるからである。
それは大きく正しいもののほうが本質を生きるために良い。

 

本質を生きる方法②
自分の心の本質を知り、直接対話する。

 

「さあ本質的な生き方をしよう」と思ってもその判断と選びとは誰がするのであろうか。
それはもちろんあなた自身の心である。
しかし、人は非エッセンシャル思考の雑念だらけの生き物である。
瞑想するのも良いが、本当の自分の心を聞くのはなかなかできることではないし、時間もかかる。

それは心の本質と直接コミュニケーションできたら話が早い。

心の本質とは誰もが持つ心のである。

心のとのコミュニケーションはとても心地が良いものだ。

最もエッセンシャルされた言葉を直接届けてくれる。
その具体的方法はこの記事の画像をクリック、もしくはこの記事の最後にそのリンクを紹介する。

 

本質を生きる方法③

本来の流れに乗る。

本来の流れに乗る――――それだけでは意味がさっぱりかもしれない。
無駄ばかりノイズばかりの世の中という点で、今の世の中は本来の流れではないことは確かだろう。

かつて人は選択を誤ってしまったのである。

人の目的は愛を体験することだった。自分が何者かを実際に体験するために。

しかし、結局本来ではない「無」を選んでしまったのだ。無とは無意味であり、無価値でもある。
そのような本来の流れじゃない幻想世界で、本来の生き方をいきなり自分だけで始めようと思っても難しいものだ。

それができないから世捨て人になったり、山に籠ることを選択する人もかつていたのだろうと思う。

しかし、もう修行者になる必要もない、世の中を遮断する必要もない。

今の時代そうしなくても良くなったのだ。「今ここ」で自然な方法として本質の人生をしっかりと選び直せる時代になったのだ。

かつて月何万も本にお金を費やしていた筆者だが、心に素直に動いた結果、幸いにもその流れに乗ることが出来た。

本質な生き方である本来の流れがある。そこに今から乗ればいいのである。

まとめ

1本質的な生き方をするには人生に正しい目的が必要

2自身の心の源と直接コミュニケーションする

3本来の流れに乗る

あらゆる本を読むだけで終わらせたくない、実践に移したい方にこそおすすめしたい記事がある。

この3つの方法が全て可能にできる入口となるだろう。

一度見てもあまり時間はかからないし損はないはずだ。

 

こちらのHPもどうぞ☆彡

SP世界をひとつに


ミラクル について

世界をひとつにするため 真実の「愛」を表現するため 【SP世界をひとつに】プロデュースの元、 【夢 ひとつ】という漫画を描いています。

エッセンシャル思考を応用し本質を生きる3つの方法」への12件のフィードバック

  1. 最近ちょうど無駄なことをやめようと思っていたところでした。シンプルイズベストですね(^^)

  2. そういえば、近藤 麻理恵さん、米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれたようでしたね(^^)
    何となく日本も世界も、より多くのものというよりも、自分の心に素直にときめくものとか、より本質的なものを大切にしたいという方向になっている気がしますね。
    本来の姿を生きる方法、徐々に受け入れる準備が調ってきている気がします☆彡

    1. 弘美さん>
      そうですね♪
      自分の心に素直にシンプルに生きるという本が増えてきていますよね(*^^)
      本質的なものが求められるようになってきたのは嬉しいことです。

  3. おはようございます。梅雨入りはこれからと言うのに、暑い日が続いていますね。湿気がないから気持ちよいですけどね(*^^*)

    ミラクルさんも本当にたくさんの本を読んできたのですね。

    より少なく、しかしより良く。
    理想的ですよね。

    心地良いと感じる体験をたくさんして欲しいですね。

    人が本来持つ選択する力を磨いて行きたいです。

    1. みさこさん>
      最近は爽やかな気候ですよね(*^^)v
      湿気がないだけでかなり違いますよね(笑)

      はい。本は一時期かなり買ってましたねぇ。
      最近は要点や言葉だけではない行間を読んだり、本当に必要なものだけを選ぶことが多くなってきました。
      選ぶ前に自分には必要だとわかることもあります。
      心の源からの直感に従うと色々楽しいですね(*^^)v

  4. 最初から、まとめの3つの方法まで
    本質的な内容がわかりやすく
    正に無駄なくスッキリと本来の流れを教えて下さり
    ありがとうございます☆(*^^*)

    1. 美和子さん>
      そう言ってくださりありがとうございます。
      言葉をエッセンシャルするのは大変な時もあれば、楽しい瞬間もありますね。

  5. 大きな大きな自由な世界
    そんな世界でのエッセンシャルなひとつへの道が
    本来の流れに乗ること
    本来の流れは最もな輝きと
    無ではなく有の創られるべき世界の流れ
    意味のある流れですね☆彡

    1. あやこさん>
      無すら選べてしまうこの世界の自由度の高さもそれはそれで愛されている証拠だと思うのですが、
      今、この世界でエッセンシャルなひとつへの道が開通した事が喜ばしいことですね(*^^)v

  6. 行間を楽しむ!
    私も、このblogを読みなが行間を楽しんでいます(笑)。

    エッセンシャル何回か読んでると、シャンプーみたいだなと(笑)。

    あ休みなさい。今日は、久々に深夜の仕事でした。月がとっても綺麗です。

    1. みさこさん>
      いつもBLOGを深い部分まで読んでくださりありがとうございます(*’▽’)

      確かにエッセンシャルってシャンプーがまず浮かびますよね(笑)

      深夜の仕事はとても大変ですね!おつかれさまです。
      休める時はしっかりと休めると良いですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です